癒しの旅

テーマ:

今日から8月、ようやく長~い梅雨も明け・・・というか梅雨前線が突如消滅しての梅雨明け宣言・・・何とも変わった展開になったものです。気の向くままに更新するブログになっていますが、私にとっては自分の心の声や日々の気づきを記すとても大切な場所です。ヒーラーへの道というタイトルでブログを書き始めてから、意識が少しずつ変化してきたように思います。ヒーラーという言葉の提議は私にもよくわかりません。なぜヒーラーになりたいのか?と自分に問いかけても明確な答えがあるわけでもありません。

しかし、ヒーラーへと向かう道程で経験する様々な人々との出会い、出来事、気づき、それらによって起きる私の心の変化・・・そのプロセスにこそ大きな意味があるのだと感じています。私が目指すものはヒーラーであり、ライトワーカーであり、そして、何よりもBON(本名〇〇〇〇)として、この生を楽しみ全うすることです。相変わらず、人々を魂レベルで救いたいという思い(エゴの囁き?)はありますが、ヒーラー&ライトワーカーを目指す私が教訓にしている大切な『言葉』があります。思い返せば、この『言葉』があるから、どんなことがあっても原点に帰ることが出来るような気がしています。以前にもこのブログで記しましたが、自分自身へのメッセージとして魂の奥底に再度刻み込みたいと思います。

                                                                                             

☆救わなければならない人は、ひとりもいない。
☆導かなければならない人は、ひとりもいない。

                                                                                     

一人一人の心の中に神が存在します。人それぞれに、その人の目指す道があります。
私が出来るサポートは、その人を救うわけでも、導くわけでもありません。
私を必要とする人があれば、ただ寄り添い、その人が決めた道を
その人らしく進んでいくことが出来るようにサポートをすることです。

この気づきを忘れずに、自分自身が何を得意とするヒーラーになるのか
そして、ライトワーカーとしてこの地球上で何を成すべきかを
これからじっくりと考えてゆきたいと思います。


先週、一足早い夏期休暇を取得して親子三人で3泊4日の九州旅行に行ってきました。
九州を代表する温泉地を巡りながら、九十九島・別府地獄巡り・菊池渓谷・阿蘇・高千穂峡

といった大自然を感じられる癒しスポットを楽しんできました。

大自然の写真を掲載しますので、ご一緒に楽しんでくださいね!



155 156

   展海峰から九十九島を見渡す絶景            九十九島遊覧船


156 156 156 156

 別府地獄巡り   白池地獄と血の池地獄と海地獄   八つの地獄全てを制覇しました


156 156 156 156

  自然のクーラー 菊池渓谷のせせらぎ      マイナスイオンに癒されます 


156 156

  大観峰 阿蘇五岳は釈迦の涅槃さながら    これが有名なVolvicのラベルの山


156 156

 阿蘇草千里で息子と乗馬を楽しみました       阿蘇の澄み渡る青空


156 156 156 156

     神々が宿る場所  高千穂峡            真名井の滝の神秘さに感動



AD

大江山にて

テーマ:

11月19~20日にかけて、京都府北部にある大江山へ旅行に行ってきました。今回の企画は、友人のヒーラー“KEIKOさん”が主催するル・クールの日曜日という月例のスピリチュアル勉強会での情報がきっかけでした。参加メンバー“REIKOさん”が、以前に大江山に行った時に、とてもよい気を感じたこと、UFOの写真を撮影したこと、などをシェアしてくれた時、参加していたメンバー4人の意見が一致し、大江山に行くことが即決しました。毎回違うメンバーが参加する会でもあり、参加メンバーが違っていたら今回の旅行は実現しなかった(スケジュールがあわない)ことを考えると、これも偶然ではなく必然だったのだと感じます。


19日早朝に出発し、愛車で3人をピックアップしながら一路大江山を目指しました。途中、大江山の麓にある“元伊勢内宮皇大神社”に参詣しました。小雨の降る生憎の空模様でしたが、歴史を感じさせる立派な杉木立の山道を登っていくと、空気の質が変わっていくのを感じました。特に鳥居を潜って境内に入ると明らかに空気が違って感じられました。外界との見えない結界でもあるかのように空気の密度が濃いのです。荘厳なとても心地よいエネルギーを感じながら、明日の朝、念願の雲海を見ることが出来るように祈念しました。


m


元伊勢内宮皇大神社に参詣の後、今宵の宿である大江山グリーンロッジの離れ(私たちの貸切)にチェックインしました。夕食である鍋の準備をした後、明日の雲海見学の場所を下見することにして出発したのですが、山頂へと続く道路が途中で通行止めになっているではありませんか・・・ガ~~~ン!絶句したのも束の間、封鎖されている看板の間から車一台が通れる隙間を発見した私は、そこをすり抜けて通行止めを無視して山頂を目指す覚悟を決めました。そして、一同を見渡すと誰も異論のない様子・・・こうして、4人の命は私の運転に託されたのでした(怖)。


封鎖を突破して走っていると、通行止めの理由がはっきりと理解できました。何と、道路のあちこちで土砂崩れの痕が残っているではありませんか。一応、応急措置として土砂の除去はしてありましたが、数箇所で、道の3分の1程度が崩落して崖下に落ちているのです。崖下に転落しないように、慎重に運転しながら、それでも断念せずに山頂を目指しました。二度にわたる通行止めを突破して、ようやく遠くの山々を見渡せる目的地に到着したのです。天候は生憎の曇り空、天気予報もあまりいい情報を提供してくれませんでしたが、明朝に雲海が見れることを祈りながらその場を後にしました。


ロッジに戻ってからは、テレパシーカード、カエルカード、エネルギーの交流、丹田たたき、瞑想などなど、たくさんのワークをして大いに盛り上がりました。ほんの少し前まで、お互いの事をほとんど知らないもの同士が、スピリチュアルという共通意識の下で集い、一夜を共にし(決して変な意味はありませんが・・・笑)語り合うことの出来る幸せをしみじみと感じながら眠りに就きました。


嬉しくて5時前に目覚めた私でしたが、起床時間にはまだ間があったため布団の中で静かにしていました。その後、皆を起こして、いよいよ念願の雲海見学に出発・・・しかし、外はかすかに小雨の降る生憎の空模様。それでも、『大丈夫、絶対に雲海が見れる』と言い聞かせて、夜明け前の暗い山道を、崖下に落下しないように注意しながら山頂を目指しました。神さまのご加護か、ご来光前に無事到着することが出来ました。


そして、そこから見た光景に 感動・・・ただ感動・・・雲海が出てる~!


b c

 しばし言葉を忘れて風景に見入りました   左端が私(BON)です・・・初顔出し


d e

 ご来光の瞬間、そこだけ雲が途切れ陽光が顔を出しました・・・また感動!


i j

 これもひとえに、昨日祈願した“天照大神”のなせる業かもしれません・・・


k l
 雲の隙間から下界を照らす幾筋の光・・・神々しい輝きに、またまた感動!

                                                                      ☆それぞれの写真をクリックすると、もう少し大きな画像がご覧いただけます

  是非、この感動を共有してくださいね

AD