66


しばらく間があいてしまいましたが、2日目に受講したバイオシンセシスのワークショップの体験談を書きたいと思います。バイオシンセシスについて私の説明ではわかりにくいと思うので、JBI日本バランシング協会のHPの説明を引用させていただきます。


バイオシンセシスは生命を統合させる目的で『ライヒの思想の発展』の著者として名高い英国の教育者デイビッド・ボアデラによりボディーサイコセラピーの一手法として開発されたものです。それは、精神医学と心理学の中に「からだ」という考えを導入したウイルヘルム・ライヒによる自律神経療法(ベジェト・セラピー)と胎生学のアプローチに基づいています。バイオシンセシスでは、基本的な心身再統合手法である、呼吸の解放と感情のセンタリング、筋肉の再調整と姿勢のグラウンディング、アイ・コンタクトと声のコミュニケーションによるフェイシングによって、心身両面における治癒的統合のワークを行っていきます。その結果、私たちが本来もっている有機体としての統一性と生命エネルギーの自由な流れを取り戻し、心身ともに生き生きと感じられるようになるのです。

自分を見つめたとき、「自分には価値がない」「自信が持てない」「自分を変えたい」「人と会うのが怖い」「人と話をするのがイヤ」「誰も私を助けてくれない」「いつも一人ぼっち」「苦手なタイプの人がいる」などといった気持ちを感じる時、幼い頃の些細な出来事が原因(トラウマ)の場合があります。知らず知らずのうちに過去の出来事に囚われ、いま現在を過去というフィルターを通して見ているのです。しかし、自らの体の奥底に閉じこめてしまった心の傷を感じることで、その心の傷は癒されていきます。体のシグナル(緊張、痛み、不快感)に意識を向けたり、時には夢や日常の出来事を扱いながら、ゆっくりと自分の心に触れていくのがいいようです。


実際に私が受けたボディサイコセラピーであるバイオシンセシスの体験談をご紹介します。まず、二人でペアになり、いろいろなワークをやりました。例えば、向かい合って立ち、お互いが相手の目をじっと見つめながら、一方が『いいじゃないか』と言いながら押してくるのを、『嫌だ!』と声を出して押し返すといったものでした。1日目のディープ・ブレスで、無意識の感情が出やすくなっていたことと自分自身の準備が出来ていたこともあってか、私自身は何の抵抗もなくスムーズに取り組むことが出来ました。相手の目を見て『No』と拒絶することも、反対に拒絶する相手の懐に飛び込んでいくといったことも平気でした。チャクラで例えるならば、感情感覚のチャクである2チャクラと、自己表現(喉)のチャクラである5チャクラの働き(回転)が活発になっているような気がしました。


しかしながら、「嫌だ!」と声を出しながら相手を拒絶するワークにおいて、一般的には「NO」が言えない人が多いらしいです。頭では理解しているので、「嫌だ!」「あっちに行って!」と声を出しながらペアを組んだ相手のことを押しのけようとするのですが、どうしても力が入らない・・・大きな声が出ない・・・ということが起きます。それは、頭レベル(顕在意識)は命令を出すものの、無意識レベル(潜在意識)では、「そんなことをしたら人間関係が悪くなるぞ」「嫌われてしまうぞ」と感じてしまっているのです。それにより、自分にとって嫌な相手であっても、その介入を許してしまっているのです。こうしたワークを経験したことで、いかに日々の生活において、無意識で自分の心とは裏腹な言動を取っているのかということに気付かされました。このような生活をしていると、体も心もたまったものではありませんね。自分の心に正直に、あるがままに生きるということが、いかに難しいかということを改めて感じました。


2日目のワークで最も印象に残ったものが、午後からやった“死と再生のプロセス”の体験でした。人(魂)は誰でも、死と再生のプログラムを繰り返しています。勿論、魂が宿る私たち肉体も、実は毎日死と再生を繰り返しています。死と再生のプログラムは、誕生から死という寿命だけではなく、実は、日常再三起こっているのです。自分の中にあるコアの部分は、死ぬことをも恐れず受け入れ、生まれ変わろうとしています。ここでいう死とは、肉体の死を表すのではなく、「これまでの自分でなくなること」であり、生まれ変わるとは、「新しい自分に変わること」と解釈できます。


ワークは、グラウンディングから始まります。グラウンディングとは、しっかりと地に足がついた状態で、地球(大地)からのエネルギーと繋がっていることが出来ているかどうかです。目を瞑って、ただ立っているだけなのですが、いかにそれが難しいかがわかります。ペアになった人に矯正してもらうことで、真っ直ぐに立っていると思っていた自分の姿勢が、実は歪んでいたことを自覚できます。本当は、立っているために必要な筋肉だけに力が入っていることが理想的なのですが、実際には、関係のない筋肉にまで力が入っていることがわかります。こうした不要の力のことを、“筋防衛”というのだそうです。全身の筋肉を緊張させることで、意識的に不愉快な感情(エネルギー)が流れないようにしているらしいです。 肩の力をぬくということの大切さを感じました。


無駄な緊張が抜けてくると、いよいよ死へと向かっていきます。講師の誘導により、ゆっくりと体を前に傾けていくのです。時間にして5分後にばったりと倒れるように指示されましたが、それまでは時間をかけて少しずつ少しずつ引力に従って前にそして下のほうに体を傾けていくのです。そして、ばったりと倒れると同時に死を迎えます。大地と平行になってしばらくすると、地球のエネルギーに自分が溶け込んでいくような錯覚を感じました。意識が覚醒したような(ただ眠っていただけかもしれませんが)状態でした。子宮の中にいた時を再体験したという方もいますが、私はただ安らいだ感覚でした。どれくらい経ったでしょうか。講師の声が聞こえてきます。ゆっくりと、少しずつ起き上がっていってください・・・・・・。声に反応して体が少しずつ動き出します。全身の神経に意識が宿り、力が漲ってくるのを感じます。これこそが、子宮から誕生した瞬間の気持ちなのかなと思いました。そこには不安はありませんでした。苦しさもありませんでした。この経験を通して、私自身しっかりとした目的を持って生まれてきているのだということを感じました。


私が受講したディープ・ブレス・バランシングとバイオシンセシスというセッションについての詳しい説明が、JBI日本バランシング協会のHPのホームページに書かれてあるので、興味のある方は以下をご参照ください。


★ディープ・ブレス・バランシング

 http://www.j-b-i.org/dbreath.html

★バイオシンセシス

 http://www.j-b-i.org/biotoha.html

AD

106


先日、大阪で開催されたディープ・ブレス・バランシング及びバイオシンセシスのワークショップに参加してきました。今年の春頃、ライフスクール主宰の王由衣さんから、自分の感情と向き合うための心理療法あるいはバイオシンセシスのような心身統合系の療法のセッションを継続的に受け始めることを勧められたのがきっかけで、JBI日本バランシング協会代表 小原仁氏による2日間のセッションを受けてきました。受講に当たっての私なりのテーマとしては、①落ち着いた形で自分自身の感情と向き合えるようになること、②自己の内面にあるエネルギーを開かれた感情とバランスさせること、に取り組むことを目的としました。


初日に受講した、ディープ・ブレス・バランシングを簡単に紹介してみましょう。ブレスワーク(呼吸法)には、様々な考え方や様々な技法がありますが、今回はトランスパーソナル心理学の創始者の一人でもあるスタニスラフ・グロフのホロトロピック・ブレス・ワークを基本としています。「ホロトロピック」とは、「全体性へ向かう」という意味があります。深くて速い呼吸を続けていると、呼吸の作用によって、『変性意識』と呼ばれる独特の意識状態になり、日常無意識に感じないように抑圧していた感情や記憶や身体の動きなどに出会えたりします。人によっては、子宮内体験や出産前後の傷つき体験、更には個を越えたレベル(トランスパーソナル)の意識体験をされることもあるそうで、それによって、より深いレベルの癒しが可能となります。


まずは二人でペアを組みます。呼吸をする人をブリーザーと呼び、介護(お世話)する人をシッターと呼びます。シッターの役割で大切なのは、ただブリーザーと一緒にいてブリーザーが望むことをしてあげることです。例えば、お水が飲みたかったら飲ませてあげたり、ティッシュを取ってあげたり、他のブリーザーとぶつからないようにカバーしてあげたりと、赤ちゃんをケアーするようにただそばについていてあげます。


ブレス初体験の私は、先にシッター役になりました。講師の話では早い人で5分、遅い人でも10分程度で変性意識状態になるとのことでしたが、内心ではそんな早くに変性意識になるのか?という疑問もありました。しかし、ブリーザーの女性があっという間に変性意識になり、同時に隣の男性(実はこの二人はご夫婦でした)が変性意識になって叫び始めた時には、おっと~という感じでした。一般の人が見ると一種異様な光景ですが、場に溶け込み冷静に観察するクールな私がそこにはいました。叫び声をあげたり、身悶えて転げまわるブリーザーを見て、彼らの中で小さい頃から抑圧されてきた感情が表面に出ているんだと思うと、怖いというよりも何か抱きしめてあげたくなるような愛おしさを覚える場面もありました。2時間以上に及ぶセッションを通して、まさに、自分で自分を癒すというヒーリングプロセスを体験しているのを目の当たりにしている気がしました。


昼休憩(このとき、昼食を摂ったことを後で悔やむのですが・・・)の後、いよいよ私がブリーザーを経験しました。リラックスできる静かな曲が流れる中、講師の誘導で静かな呼吸から入っていきました。呼吸に関しては、日頃から腹式呼吸が出来るようになっていたので、深くリラックスした呼吸はさほど難しくありませんでした。少しずつ早い呼吸になるにつれて、思考の囁きが大きくなってくるのを感じました。雑念を振り払うべく、今を強烈に意識して、講師の声と音楽に全意識を集中させていきました。誘導にそって、深くて早い呼吸を繰り返すうち、喉の奥から沸きあがるようなうめき声が聞こえてきました。何だ何だ?と考える思考を無視しつつ、今この瞬間に意識を集中し続けていると、冷静に自分の状況を観察するもう一人の自分(私の本質)の存在を感じられるようになってきました。


そのとき、『自分の感情とひとつになりなさい』という声が聞こえたような気がします。喉の奥から漏れる声がだんだんと大きくなるにつれ、感情と一体化している自分と、冷静にそれを観察しているもう一人の自分がいました。おおおぉぉぉ~~~、おおおぉぉぉ~~~、胸の奥から迸る言葉にならない叫び声が次々と出てきます。そのときに感じた感情は、とにかく怒りの感情でした。


どうして・・・・・・・?どうして・・・・・・・!何故・・・・・・・?何故・・・・・・・!予期していた怒りの感情が、予想通りに顔を出しました。私から愛する女性を奪った社会の不条理に対する怒り・・・その理不尽と闘おうと決意しながら最後まで全うできなかった自分に対する怒り・・・一番傷ついているにも関わらず最後まで毅然として、逆に私を気遣ってくれた彼女への感謝・・・それに応えられなかった自分の弱さに対する悔しさ・・・。自分が傷つくことよりも、人を傷つけることの方が何倍も胸が痛いのだということを、過去の感情を再体験することによって思い出させてくれました。


その後、更に変性意識が深くなるにつれ、声だけではなく両手の拳が天に向かって突き上げるように伸びていきました。同時に両足にも力が入り宙を蹴るように何度も何度も動きました。それは、全身に溜まっていた怒りのエネルギーが手足の先から放出されるようなイメージでした。その間も、相変わらず冷静に見守っているもう一人の自分の存在を感じていたのです。“我慢しないで、ありのままの感情を感じていいんだよ。辛かったのによく頑張ったね。もう、自分を責めなくてもいいんだよ” そんなメッセージを感じた瞬間、叫び声をあげていた喉と胸が詰まり、急に声が出なくなりました。吐き気がして、先ほど食べたものを吐いてしまいました。まるで、詰まっていた怒りの感情全てを吐き出すかのように・・・。


その後の記憶はあまりありませんが、暖かい光に包まれているかのような、とても心地よい夢を見ているような状態でした。自分の内面に深く入っているためなのか、ただ静かで五感からの情報が遮断されたような状態でした。どれくらい経ったでしょうか。徐々に意識が現実に引き戻され、いつもの自分に戻ってきました。最後に全員でお互いの体験をシェアしあって、一日目のセッションは無事終了しました。


二日目に受けたバイオシンセシスのワークショップの内容は次回アップさせますね!
AD
皆さんは、催眠療法(ヒプノセラピー)をご存知でしょうか?
今日は、私が受けさせていただいたヒプノセラピーの体験談をご紹介したいと思います。

15日(火)夜から東京出張に行き、18日(金)までの3日間、面接三昧の日々を過ごしていたのですが、今回の東京出張に託けて、別の目的を目論んでいました(笑)。それは、私のブログに読者登録してくださっている hypnoさん とお会いする約束をしていたのです!

昨日(18日)の夕方、面接が終わるや否や会社を逃げるように飛び出し、上野駅からフレッシュひたちに乗りこみました。期待に胸を膨らませた私を乗せ、フレッシュひたちは1時間あまりで常磐線/友部駅に到着しました。早速、hypnoさんに連絡して迎えに来ていただき、感動のご対面と相成りました。ブログで知り合った方と、こうしてお会しすることになるとは・・・ブログを始めた当初は夢にも思いませんでしたが、これも偶然ではなく、何かに導かれていたのだと感じます。昨夜は、初対面とは思えないくらい多くの話題で盛り上がり、本当に楽しい時間を過ごすことが出来ました。

そして今朝(19日)、hypnoさんによる催眠療法のセッションを受けさせていただきました。クライアントである私の不安を取り除くために、わかりやすく催眠療法の説明をしてくださった後、ソファーにゆったりと座りました。hypnoさんのソフトな声を聞きながら、全身がリラックスしていくのを感じました。催眠療法と言っても、自分の意識はしっかりあります。誘導の声に従って進んでいくと、中間世(何故かそう思えたのですが)の真っ白な雲の中で、白い服を身にまとい裸足で立っているブロンズの長い髪の人物を感じました。hypnpさんの「あなたは誰ですか?」と言う問いかけに、不意に私の口から出た言葉は“マリア”でした。予期せぬ名前が私の口から出たので、自分自身がびっくりしました。

その後、私のマスター(大いなる自己)と対面したのですが、ギリシャ神話に出てくるような雰囲気の男性でした。白い衣装を身に纏い、グレーぽい白髪の初老の男性で、とても優しい眼で私を見つめていました。hypnoさんの誘導で、その男性にいろいろな質問をしたのですが、向かい合っているとなかなか答えを聞くことが出来ません。答えを聞けないことにあせり始めた時、その男性が私に重なってきました。すると不思議なことに、私の頭の中に答えがはっきりと浮かんできたのです。それからは、hypnoさんの質問にも、私の口を通してすぐに答えが出てくるようになりました。

確かに私の口から言葉が出ているのですが、明らかに私が頭で考えて話しているのではありません。私の意識はしっかりしているのですが、私とは違う存在が話しているようでした。セッション後の振り返りで、hypnoさんにも指摘されてのですが、途中から話し方も全く違う人格に変わりました。話し方もはっきりとしてきて、自信に満ちた声だったような気がします。

マスターからもらったメッセージで印象に残っているものは

①もっと、肩の力を抜きなさい
②あせってはいけません
③~しなければならない・・・を手放すことです
④そのままのあなたで進んでいきなさい
⑤今に在り、今を生きることです
⑥自分をもっと信じることです
⑦もっと、私たち(マスター)を信じなさい
⑧私たち(マスタ-)が、あなたをサポートします
⑨あなたが自分の道を進めば、答えは後からついてきます
⑩あなたは必要な人と必要な時に、出会うべくして出会っています


もっとたくさんのメッセージをもらったような気がしますが、覚えているのは以上です。

今回のセッションを受けて感じたことですが、私の場合は、頭レベルの知識ばかりが先行していました。これからの私に必要なことは、とにかく実践していく中で、自分を成長させていくことだと感じました。セッションを終えて、hypnoさんからもたくさんの素晴らしいアドバイスを頂戴しました。『今回のセッショで自分の中に色々な変化もあると思います。自分の中に答えがある、実行(実践)すること・・・。今までの頭で分かっていたことも、自ら行動し、本当に体験し、(知ってる)自分へと変化の時期だったのでしょう。これからはきっと、実践していく中で沢山の気づきが出てくるでしょう。それは、全て自分の力になっていきます。』

ブログを通じて、hypnoさんという素敵なセラピストに出会えたことに、心から感謝します。この出会いも偶然ではなく、私が成長していくプロセスで、私のマスター(大いなる自己)が準備してくれた大切な贈り物だったに違いありません。
AD