166 166

最近は旅行記しか更新していませんでしたが、私自身はとても順調で楽しい日々を過ごしています。

さて、朝晩がめっきり涼しい秋らしい気候になってきましたが、そんな9月30日~10月1日の2日間、神戸市北区にある“しあわせの村”でとても素晴らしい集いがありました。今年の6月に初めてお会いし、その後も素敵な関係を続けさせていただいているSAWAさんが主催してくださった会でしたが、全国からご縁のある方々が50人も集まって来られました。私もスタッフの一人として参加させていただいたのですが、本当にたくさんの気づきと喜びと愛をいただきました。

                                                                                              

最初にSAWAさんからお誘いをいただいた時、何をする会なのかよくわからないまま、何となく楽しそうだなという直感を頼りに、二つ返事で参加を決めました。私同様、ほとんどの方が何をするのかわからないまま神戸に集って来られたのではないでしょうか。とはいっても、各地で様々な会を主宰されている方が多数参加されていました。

                                                                                               

受付終了後、多目的ルームで大きな輪になって自己紹介をしました。関西圏の方だけでなく、東北・関東・中部・信州・中国・四国・九州からも参加されていました。私にとっては7割以上が初対面の方でしたが、それぞれが独特の輝きを持ったとても素敵な方々ばかりでした。その後、屋外に出て大自然の中でゲームを楽しみました。突然、SAWAさんからご指名を受けて進行役をやらせていただきました。靴を脱ぎ、全員が裸足になって大地にしっかりとグラウンディングした状態を楽しみました。目を瞑って1本足で立つゲーム、グループを作るゲーム、二人組みになりパートナーを信頼して目を閉じて歩き回るゲーム、音楽による自己表現の踊りなどなど、初めて出会った人たち同士が楽しく交わりました。それにしても裸足で大地を感じることがこんなに気持ちがいいのだということを実感しました。

                                                                                             

166 166

                                                                                                                                                                                        

室内に戻ってからしたゲームでは、ひとりひとりがパズルの異なるピースを持ち寄り、完成させると美しい天使の絵が姿を現しました。誰一人(一片のピース)が欠けても完成しない絵を全員で完成させることを通して、宇宙の中で一人一人が特別な存在であることを実感し、お互いの素晴らしさを認め合えた瞬間でした。

                                                                                                

夕食後はキャンプファイアーをしました。20年振りのキャンプファイアーでしたが、それは楽しいひと時でした。皆が集まる前に薪を井桁に組んで高くしていくのですが、燃え上がる炎を想像するだけでワクワクした気分になりました。皆が揃ったところで、SAWAさんにトーチを渡して点火してもらうと、赤い炎が一気に燃え上がりました。全員でお決まりの唄“炎を燃えろ~よ、炎よ燃えろ~、火の粉を巻き上げ、天まで焦がせ~”の大合唱の後は火を囲んで、らららさんの指導の下、妖精たちのダンスを堪能しました。楽しく賑やかなキャンプファイアーの火が消えた後は一転して、全員が芝生の上に寝転びながら夜空の星を見上げました。幸せな静寂に包まれたその瞬間、ひとりひとりが生きていることを実感し、宇宙に感謝したのではないでしょうか。


166 116

                                                                                                      

入浴後は、参加者が持ってこられた手作り家具や雑貨、素敵な小物などが出品されたバザーを楽しみました。そして、今日の最後のイベントは、私が誘導瞑想をさせていただきました。参加者全員が自分の前に置かれたロウソクの炎を見つめ、私の詠むガヤトリーマントラで瞑想が始まりました。私が誘導させていただいたのは“光の瞑想”といって、昨年も大江山に瞑想旅行に行った時にやらせていただきて好評だった瞑想です。詳しくはこのブログでも書いていますので興味のある方は以下のアドレスをクリックしてご覧ください。
http://ameblo.jp/heavenward/theme-10001171669.html

                                                                                                   

瞑想後は、寝る間を惜しんでいろいろな方と話をしていたので、気がつけば既にもう朝の5時前になっていました。眠い目をこすりながら全員で集合したのですが、東京から参加されたガンダーリさんによるプレイバック&ビジョンシアターは本当に楽しく、素晴らしい時間が流れました。こうして心から楽しく過ごした2日間があっという間に終わりを迎えましたが、この会がご縁でお会い出来た素敵な仲間たちとたくさんのハグをして別れを惜しみました。今思い返しても、あまりにも内容の濃いそして夢のように早く過ぎた2日間でした。今回出会った皆さん・・・またいつか何処かでお会いしましょうね!

素敵な皆さんとの出会いに、心から感謝申し上げます・・・本当にありがとうございました!

AD

ブログオフ会

テーマ:

134

                                                                                                       

お久しぶりで~す!何と1ヶ月ぶりの更新です。よくサボってしまったものです。副業?(笑)の新卒採用活動が本番を向かえ、目の回るような忙しい毎日を送っています。ここ1ヶ月は毎週のように東京出張がありましたが、関西に比べて東京は地震が多いですね。新宿の高層ビル47階でのセミナー中に、学生との面接中に、友人との会食中に、突然ぐらぐらグラグラ揺れるのは何とも言えない気分です。少し大きな揺れがあると、どうしても阪神大震災での体験が蘇ってきてしまいます。日本列島どこにいても安全とはいえないかもしれませんが、やはり人口の多い東京での揺れは、逃げ場が無いような気がして恐ろしく感じます。


さて、昨日は前回ブログでご紹介した福地さんの個展を拝見するため京橋画廊へ行ってきました。彼女の作品はとても素晴らしく、何とも言えない温かさを感じました。とても優しい作品が多いのですが、彼女の持つスピリチュアルな部分が作品に表れているような気がしました。京橋画廊の持つ素敵な雰囲気と作品がマッチして、とても心地よい素晴らしいエネルギーが回っているように感じました。中央にアンティークでお洒落なテーブルがあり、画廊に来られていたいろいろな方ともお話しする機会が持てました。皆さん、とても素敵な方ばかりで、類は友を呼ぶ?(笑)のか、スピリチュアルな話題で花が咲きました。マヤンカレンダー/13の月の暦のワークショップに参加された方に見てもらったり、画廊のオーナーにマスコット占い(12動物60分類という本でしたが、とてもあたっていたのでビックリ!)をしてもらったり、お茶をいただきながら楽しいひとときを過ごすことが出来ました。


画廊での楽しさは、その後のオフ会へと引き継がれました。オフ会は個展を開催された福地さんをはじめ、ブログで交流させていただいているdozen/Ryuさん、dozen/Renさんが京都から駆けつけてくださいました。また、天使の羽のせろさん、まこちゃん、画廊で知り合ったお二人を交えて、総勢8名のメンバーが集いました。初顔合わせの方が多かったので、自己紹介を兼ねてスピリチュアルとの出会いの時期や切欠、それぞれが取り組んでいる活動などを紹介しながら、時折質問を交えながらお互いを深く知り合う場になりました。メンバーがメンバーなだけに、その場はスピリチュアルな話題オンリーで大いに盛り上げリました。いつも思うのですが、人と人との出会いは本当に素晴らしいなということを改めて実感したとっても素敵なオフ会でした。夕方6時過ぎに始めたオフ会でしたが、気がつけば時計は既に11時を過ぎていました。楽しい時間は、本当にあっという間に過ぎてしまいますね。


たくさんの情報と新たな気づきと素敵なエネルギーを貰えた、本当に楽しい時間でした。

オフ会に参加していただいた皆さん、本当にありがとうございました。素敵な出会いに心から感謝!                         

最後に、福地さんの個展は今月14日まで開催されているので、お近くの方は是非覗いてみてくださいね。                                          

ポストカードも販売されていましたが、とても可愛くて素敵でしたよ。

AD

82

                                                                                             

1ヶ月ぶりの更新です・・・すっかりサボってしまいました(笑)。心配して個人的にメールをくださった皆さん、お気遣い本当にありがとうございました。皆さんの気持ちがとても嬉しかったです。日本では12月を師走と呼ぶだけあって、何故かこの時期は気持ちの上でも忙しい気分になります。会社の研修課題や通っているライフスクールの課題に追われて、ブログの更新は滞っていましたが、ヒーラーとして自分らしく道を進んでいくための実践系の第一歩を踏み出すことが出来ました。私がやっていこうとしていることに関しては、これから少しずつブログでも紹介していこうと思っています。以前(スピリチュアルに目覚め、この道を進んでいこうと決めた頃)の私ならば、自分が納得できるまで徹底的に学んだ上でないと一歩を踏み出せなかったかもしれません。しかし、学びには終わりがないということがわかってきました。魂としての自分の成長は無限に続きます。現世だけでなく、何度も何度も生まれ変わりながら魂の学習を続けてきたのでしょうし、これからもそうしていくのだと感じます。


ですから、私も次のように考え、行動に移そうと決めました。100出来てから始めるのではなく、今自分の力が10あるのであれば、10の範疇で出来ることから始めようって・・・。自分の力を知り、その中で実践していくのは大切なことだと思います。間違ってはいけないのは、10の力以上のことをしようとすることです。これは身の程知らずであり、人にも迷惑をかけます。特に私のやろうとしている精神世界は目に見えない世界だけに、日々しっかりとした自己を確立させながら、正しい倫理感とバランス感覚を持っていないといけません。人の心と向き合うためには、その前に自分自身の心としっかりと向き合うことが必要です。私自身がしっかりと地に足をつけ(グラウンディングし)、この世的にもバランスの取れた人間へと成長していきたいと思っています。魂レベルの学びは永遠に続いていきます。そして、自分に力がついてくれば、それだけたくさんの人の心をサポートすることも可能になります。これからも、自分の魂・スピリチュアルガイド・大いなる存在とつながり、楽しみながら自分の道を進んでいこうと思います。


いつものように前置きが長くなりましたが、23日から25日までのクリスマスの期間、東京に行ってきました。今回の東京行きの目的は、私が学んでいるOSVのオープンスクールの授業に出席することと、ブログで出逢った心の友“木下詩野さん&村井美月さん”にお逢いすることでした。本来ならば、22日の夜行バスで東京へ向かう予定でしたが、厳冬を象徴するかのような雪の影響でバスが運休になり、23日早朝5時に家を出て東京に向かいましたが、雪による徐行運転で新幹線が1時間半も遅れたため、スクールに着いたのは6時間後の11時を過ぎていました(あ~、疲れた)!


今回のスクールのテーマは、『チャクラの視点から世界を見る』・・・オーラフィールド(ヒューマン・エネルギーフィールド)とチャクラ・システム、1から7それぞれのチャクラの働きについて学びました。オーラとチャクラが心と体の健康とどう関わっているか、チャクラをバランスされた状態に保つにはどうしたらよいかについて、知識と体験の両面からアプローチし、それぞれのチャクラのエネルギーを体感的に感じる練習や、チャージとバランスのためのメディテーションなど、盛りだくさんのテーマがあって非常に楽しかったです。同じ意識を持つ人たちが集う空間は、エネルギーがとても回っており心地よく感じられました。実習を通しての収穫は、オーラを感じるだけでなく、ぼんやりとですが、視認することが出来たことです。また、二人ペアになってのオーラに触れる練習やエネルギーを流す練習など、とても勉強になりました。特に、ペアを組んでいただいた方は、既にヒーラーとして活躍されているインターン生の方でしたので、的確なアドバイスも参考になりました。特に特定の色のエネルギーを流してもらったときは、色の違いによって感じるエネルギーの質がまったく違っていることに気がつきました。1チャクラの赤のエネルギーは、パワフルで川に例えると急流に手を入れたような勢いを感じましたし、4チャクラの緑のエネルギーは手を包み込んでくれるような温かさと優しさを感じました。最後に流してもらった5チャクラの青のエネルギーは波のようにどっと押し寄せてくるようなイメージでした。また、発達したチャクラによって分類されるタイプも、実際にそのチャクラの強い人のグループを見ることでイメージとして掴むことが出来ました。座学も興味深いのですが、実習を通して学ぶ授業は新鮮で楽しいものでした。こうして3日間にわたる学びの場は終わりました。


今回は、スクールの終わった後の時間もとても充実していたので、そのことにも触れたいと思います。23日は予てから約束していた村井美月さんと待ち合わせ、表参道で食事と会話を楽しんだ後、木下詩野さんのアトリエに遊びに行きました。お二人はこのブログを通じて知り合った方で、今日まで心の友としての交流を持たせていただいています。6月に続く2度目の再会でしたが、前回よりも深い魂レベルでの絆を感じたひとときでした。いつまでもつきない会話の後、先日のバースディライブの映像を見せていただきました。木下詩野さんと大内義昭さんとのジョイントコンサートでしたが、詩野さんの持つ天然の明るさと感性を、大内さんが大きなオーラで包み込んで引き出しているようなライブで、会場とも一体化した心温まる素晴らしいものでした。曲も素晴らしく、私の大好きな 『ひまわり』 『あなたと』 も聞けて大満足でした。大内さんの唄も素晴らしく、温かい人柄が曲から溢れてくるようでした。何といっても彼の作った校歌が最高に素晴らしかった。あの校歌を歌う生徒は幸せですね(笑)。ライブ映像が終わるともうお別れの時間でしたが、詩野さんの一言で時間という制約から解放されてクリスマスイブへと時間は過ぎていきました。サプライズなゲストの登場もあり、全員がとても楽しい素敵な夜を過ごすことが出来ました。人とのつながりは不思議なご縁ですが、きっと偶然の出会いはありません。私の意識が引き寄せた素敵な心の友との出逢いが、それを確信させてくれました。詩野さん&美月さん、そしてPさんにも感謝です!翌朝、美味しいモーニングコーヒーをいただいた後、次の再会を約束して詩野さんのアトリエに別れを告げました。

                                                                                                  
81                                                                               
その日はクリスマス・イヴ・・・スクール終了後に、ともに学ぶ仲間とともに東京ユニオン教会のクリスマス礼拝に参加しました。東京ユニオン教会は表参道に面した教会で、午後7時に始まったクリスマス・ミサは大半が外国人で、当然のことながらプログラムもお祈りも賛美歌も全てが英語で進められました。クリスマス礼拝に出席するのは、大学時代以来20年ぶりの経験でしたが、心が洗われるような清清しい気持ちになりました。パイプオルガンの奏でる讃美歌のメロディーは何ともいえない心地よさを感じました。参加者全員がキャンドルサービスの灯りを手に“Silent Night”を合唱したとき、眩いばかりのロウソクの光の中に天使が舞い降りてくるイメージが浮かびました。人々の祈りが天に届いた瞬間でしょうか・・・とても感動的な夜でした。

                                                                                              

76                                                                                   

クリスマスのこの時期に私が思い浮かべるのは、アッシジの聖フランシスコ 『平和の祈り』です。

神よ、わたしをあなたの平和の使いにして下さい
私が、憎しみのあるところに、愛を
争いのあるところに、許しを

分裂のあるところに、調和を
疑いのあるところに、信頼を

誤りのあるところに、真実を
絶望のあるところに、希望を
悲しみのあるところに、よろこびを

暗闇のあるところに、光を
もたらすことができますように、助け、導いてください
                                                                              

神よ、私に、慰められることよりも、慰めることを
理解されることよりも、理解することを

愛されることよりも、愛することを求めさせてください

与えることによって、人は与えられ

許すことによって、人は許され

死ぬことによってこそ、人は永遠の生命を生きていることを悟れるのです

AD

心の友たちとの再会

テーマ:

83


昨夜、ブログで知り合い、本当に自然な形で心の交流を続けてきた素晴らしいお二人の女性と再会しました。実を言うと、お二人とは初対面なのですが、私の直感では確かに再会だと感じたから不思議です。ひとりは、心のこもった唄で人々を魅了するシンガーソングライター“木下詩野さん” そして、たくさんの人々にワクワクを届ける夢の伝道者“村井美月さん”です。


詩野さんの庭である神楽坂界隈で、それは楽しい充実したひとときを過ごすことが出来ました。

水辺に映る灯りが素敵なイタリアン&木の優しさに包まれた洒落たカフェ&インドの神秘な(怪しい?)ムードが漂う不思議なお店を巡りました。二人とも、私が想像していた通りの人柄で、素敵な輝きを放つ自分らしさを持った方でした。何よりも会話が楽しく、このままいつまでも話していたいと思いました。きっと、転生を繰り返すプロセスで、何度も出逢っているソウルメイトなのでしょう。なぜなら、ブログで会話しているときにも感じていましたが、昨日会って話してみると、何ともなつかしい感じがしてなりませんでした。私の魂が喜んでいる波動が伝わってきました。

86

昨年の10月に、スピリチュアルな日記代わりに始めたブログを通じて、心と心の交流が出来るたくさんの素敵な人たちとつながることができました。スピリチュアル色の濃い内容だったので、最初は読者が出来ることが本当に不思議でした。私自身、ほんの3年前まで、スピリチュアルな話を語り合える友人・知人は誰一人いなかったからです。そんな話をすると、変な奴だと思われるという怖れがありました。それが今は、ワクワクしながらヒーラーを目指す道を進みながら、素敵な人たちとの交流を心から楽しめるようになりました。今では、スピリチュアルな会話が出来る人に全く不自由しません。自分でも信じられないくらいの変化です。


人生には、いろいろなことが起こります。勿論、嬉しいこと・幸せなことばかりではありません。悲しいこと・辛いことのほうが多い人生を経験されている方も多いのではないでしょうか。スピリチュアルな世界では、ひとつひとつの出来事には全て意味があるという人がいます。確かに、人生に意味のないことなど起こらないのかもしれません。しかし、私は自分の人生に意味を与えているのは、他ならない自分自身だと思っています。本当は、幸せな出来事や不幸な出来事などないのかもしれません。起こった出来事に、幸せや不幸という意味を与えているのは自分だからです。だからこそ、大切な自分の人生をもっと楽しくするためにも、自分自身で大切な意味を与えていきたいと思います。


木下詩野さんのブログ↓

http://angel-breath.ameblo.jp/

村井美月さんのブログ↓

http://waku-waku.ameblo.jp/


お二人からは、たくさんの気づきと素敵なエネルギーを与えてもらいました。

出逢うべくして出逢った二人に、心からの感謝を込めて!



小林正観さん

テーマ:
土曜日の夜、友人に誘われて兵庫県宍粟郡山崎町にある光楽園であった小林正観さんの講演会に行ってきました。面白い話が聞けるので行かないか?という誘いに乗ったのですが、私自身、それまで小林正観さんのことは全く知らなかったため、誰それ???という感じでしたが、内容のある面白い講演会でした。

帰ってからインターネットで検索してみると、心学研究家・コンセプター・心理学博士・作詞家&歌手として活躍されており、講演会も年間300回もこなされる活動的な方のようです。学生時代より人間の潜在能力やESP現象、超常現象に興味を持ち、旅行作家のかたわら研究を続けてこられたそうで、1993年に「うたし会」を発足。豊富な知識と研究内容から、宇宙の真理や心の問題などをきわめてわかりやすく解説し、実践的な解決策を提言されており、精神世界やこころの世界の著書も多数出版されています。私の印象では、ご自身の人生を通して宇宙の真理を悟られた素晴らしい方なので、正観さんの書物を読んでみようと思います。
うたし会のホームページはこちら ⇒ http://www.utashi.com/

この講演会に誘ってくれた友人というのは、1週間前に紹介され知り合ったばかりの方ですが、とても深いご縁を感じます。スピリチュアルな世界にも詳しく、ご自身の道を探求されておられる姿勢には見習うべきものを感じます。本当に人との出会いは素晴らしいなと思います。

ヒーラーを目指すと決めてからの私は、とても素晴らしい出会いに恵まれています。“さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる”という大好きな本がありますが、さとりをひらかなくても、人生を楽しもうと決めるだけで、宇宙は様々な出会いや楽しみを与えてくれるようです。そうなってくると、心の安らかな時間が多くなり、自然と周りの人に対する感謝の気持ちが湧いてきます。

人間が神様から与えていただいた最大の贈り物は、“誰もが、自分の人生を、思い通りに創造できる”という力です。宇宙(神様)を心から信じ、自分の直感に導かれる時間が増えてくると、本当にワクワクする出来事が増えてくるから不思議です。これからも、心にくもりを作らずに、宇宙からの光を感じながら、幸せな人生を歩んでいこうと思います。