173


先日、私のスピリチュアルの世界でのメンターである糟谷晴子さん(以下:はるちゃん)のチャクラ・リーディングを受けてきました。彼女のことはこのブログでも何度か紹介していますが、2001年にBBSH(バーバラ・ブレナンのヒーリングスクール)を卒業し、現在も大活躍されているヒーラーです。チャクラ・リーディングとは、はるちゃんがクライアントの手を握り、その中で見えた絵(映像)と聞こえた声(メッセージ)を伝えてくれるセッションです。7つあるチャクラごとに、今その人に必要な情報を読み取ってメッセージとして伝えてくれます。


メッセージはその人のスピリチュアル・ガイドやサポートしている霊団、ハイアーセルフからのものだと推測しますが、本当のところ私にもわかりません。はるちゃん曰く、『私自身のフィルターを通しているということを忘れず、ゲーム感覚で聞いてくださいね。そして、自分が受け容れられない内容は全て却下してくださって構いませんよ 』と謙遜されますが、過去7回のセッションで私がもらったメッセージは、全て素直に受け容れられる内容ばかりでした。しかも、自分自身の心の奥にしまいこんでいる私しか知らない部分に触れられることがしばしばあるので、心の琴線に触れられて涙が溢れることも何度かありました。彼女のリーディングは、その時々の自分に必要なメッセージを絶妙なタイミングで受け取ることが出来ると同時に、大きな気づきを与えてくれる素晴らしいものです。


今回、私のリーディング内容をブログ上で全てシェアすることで、私自身が自分の棚卸をし、次なるステップに進んでいくための原動力にしたいと思っています。実は、親しい友人・知人たちが集うミクシィの日記では既に掲載したのですが、たくさんの方が訪問くださる当ブログでも、思い切って公開することにしました。リーディングはとても長く、第1チャクラ~第7チャクラのパートとガイドからのメッセージとに分かれているので、何回かに分けて掲載したいと思います。


私たちの魂はつながっています。私個人へのリーディング・メッセージではありますが、きっと皆さんの中の気づきにもつながる内容があるのではないかと感じ、思いきって掲載することにしました。読まれて共感されたこと・気づかれたことがあれば、私の気づきにもなりますので、是非シェアしていただければ嬉しいです。


以下、チャクラ・リーディングの内容をそっくりそのまま手を加えずに掲載します。

青文字・・・はるちゃんの口述によるスピリチュアル・ガイドからのメッセージ

黒文字・・・私(BON)の言葉


-----------------------------------------


☆ 2006年9月15日 チャクラ・リーディング BONさんへ


173


【 第1チャクラ 】


地に足がついているかどうか・・・とか、喜びを持って楽しく生きる、生き生きとエネルギッシュに生きる、エネルギー・肉体といったような意味です。

さて、あなたに質問です。あなたの1チャクラは今どんな感じですか?


★私(BON)・・・普通に答えるならば、しっかりとグラウンディングは出来ていると思いますが、まだまだ弱いように感じます。今から自分がやろうとしていることを考えるならば、もっともっとグラウンディングしてもいいかなと思います。


はい、ある意味ではその通りです。ある意味ではちょっと厳しいことを自分に言っていますね。さて、私たちがある意味ではそうですと申し上げた意味は、勿論あなたはとっても順調です。そして楽しくなってきていますね。幸せになってきています。それは周りの状況如何に関わらず、あなたのハートが喜んでいる時間が多くなっているというのが事実だからです。


私たちはあなたの生命エネルギーがとっても増えていることを、つまり本来あるエネルギーを十分に出しながら生きていることを知っています。あなたはもともとしっかりとグラウンディングしていますよ。更にグラウンディングしたいというあなたの意志はある意味では厳しく、自分にという意味ですが、ある意味では尤もな感想かもしれません。グラウンディングしなければならないというのではなく、グラウンディングしたいというあなたの切望でしょう。


さて、次の絵を見てください・・・そこでは、BONさんがじっと空を見上げていたんです。すると次の瞬間、『見ていてもあかんわ』と言って遊びだしたんです・・・子供みたいに。そうしたら楽しくなってきて空を見るのを忘れていたんです。でもまた、思い出したように空を見上げたんですよ。そして、『あ~いいな~、やっぱりここだよな~』てBONさんが言ったんです。『いや、でもな~』と言ってまた遊びだしたんです。でも、しばらくするとまた空を見上げているんですよ。


どういう意味ですか? と聞いたら・・・これを繰り返しています。違う段階においてこれを繰り返しています。さて、あなたは空に何を見ているのですか?


★私(BON)・・・未来、将来、先のことです


その通りです。私たちは何度となく、あなたに申し上げたはずです。今にいてください。未来にお出かけし過ぎないでください。つまり、あなたは時間にコントロールされています。自分がコントロールしているのであればいいんです。未来に意識して出かけたり、過去に意識して出かけているのであれば、まったくもっていいんです。ですが、知らず知らずの間に不安になっているときは、未来に勝手に連れて行かれているんです。もしくは、過去に勝手に連れて行かれているんです。


そして、あの時こうなったからなという思いに至ったり、しくじったなあ、もう少し自分はこういう態度を取れればよかったなと思っているときは過去に連れて行かれているんです。そして、将来こういうビジョンがあるのに、何故今その道が開かれないんだろう?なんて思うときは未来に連れて行かれているんです。そうではなく、私たちは今のこの一点にいてくださいということを申し上げたいのです。これがグラウンディングです。


さて、今この瞬間を感じてください。今この瞬間とは今日一日ではありません。今の一点です。これがステート・オブ・プレゼンスという本来の意味ですが、この今の一点にいたときに思考の働きようはないんです。マインドの働きようはないんです。今この瞬間にいたときに、あなたが本当に空に見たかったものは実はこの一点に、あなたの目の前、そしてあなたの内にあることを感じ出すでしょう。この時期が始まっています。


では、どうしたらいいのでしょうか?・・・こういう風にしてください。

腕組みをしているBONさんが出てきたんです。するとBONさんが自分に『あれっ、今にいる?』と訊いたんです。『あ~、いないな~』って気づいた途端、腕組みを止めたんです。そうです、これですよ。今日から次もしお会いする時があるのであれば、この一点に集中してください。さて、今にいるかどうか?・・・これを常に聞いてください。そうすれば、あなたは本当のものと、自分の本来の姿と一体化せざるをえないでしょう。やることはここです。外からやってくるのではないのです。


そうすると、あなたの本来の姿というのは、とても力が抜けていて、とても子供っぽくて、とっても真っ直ぐで、とっても純粋で、本当に真実を知りたいという探究心旺盛で、本当に地球がもっともっと楽しく豊かに、みんながニコニコ笑えるようになったらいいなあと心から思っているような、本当の意味での愛で溢れていますから、あなたは外側にそれを見ざるをえなくなるでしょう。変えようとせずとも、なぜか見てしまうのです。


そして、まだそのようになっていない部分に関しまして、あなたがほんの少し、そこに愛というその光を灯さずにはいられなくなるでしょう。つまりロウソクは既にあり、光を灯しに行くだけです。これが本来の光の灯火を灯す人のやることです。


173


【 第2チャクラ 】


感情・感覚・セクシャリティ、男性性・女性性のバランスです。

さて、あなたのここは、どんな感じがしますか?



★私(BON)・・・う~ん、男性性・女性性のバランスね~・・・既に使い分けていると言うか、自分の中ではあんまり意識はしていないですね~。両方が混ざり合っていると言うか、必要に応じて男性性を出すときと女性性を出すときを、自然に出来るようになってきたかな~という気がします。でも、あんまり意識はしていないですね、普段。


はい、その通りです。おめでとうございます。と言う声が聞こえ、次にBONさんが座っているのが見えました。その周りでパン・パン・パンとクラッカーが鳴る音が聞こえたんです。すると、BONさんが突然ワーと声をあげて走り出したんです。どういうことですか?と聞いたんです。


あなたにはいつも、そして前回も申し上げましたが、子供みたいにとっても楽しく、自分らしくただ遊んでください、ただ楽しんでくださいと申し上げたと思いますが、本当にあなたは楽しんでいます。楽しくなるように・・・と始めは設定していたみたいですが、だんだん楽しくなってきました。もう、別に弱くても、甘えん坊でも、我が儘でもいいじゃないか、という気分が随分増えています。これはとってもあなたのパワーを増強しています。何故なら、本当にあなたが持っている、あなたが以前持っていたネガティブと思われていたあなたが、ポジティブなあなたともの凄くつながっているからです。無くさなくてよかったと、本当に私たちはそう思っています。


さて、次の絵ですよ。ワーイと言って遊んでいるBONさんが見えて、その横に文字が浮かんだんです。そこには、『よく学び、よく遊べ』と書いてあったんです。この意味がわかりますか?・・・文字通り、そのままやってください。本当にたくさん学んで、たくさん遊ぶことが、本来のあなたを発見していくうえで、とてもいい言葉になるでしょう。たくさん遊ぶことを忘れないでくださいね。


さて、遊ばなければいけないと思って遊んでいるとき・・・これは『よく学び』のカテゴリーに入っています。言っておきますが、あなたはたくさん遊んでいるつもりで、学びの項目に入れてしまっていることがたくさんありますよ。何故違うのか?・・・これは遊んでいるつもりでも、100%何も考えずに、それが例えいいことでも悪いことでも、どんなことであっても、自分にとってどういう風な結果が訪れようとも、魂にとっていいとか悪いとか、そんなことを無視して、ただ行くままに心が赴くままに・・・というのが本当の遊びです。学びと言うのは魂から発せられるものです。これは意識していても無意識でも学びは起こっています。いろんな状況を意識すればするほど、学びが深くなるだけです。何も意識しなければ浅いレベルで学ぶでしょう。でも、あせらなくてもいいんです。どちらにしても同じだからです。


何か、ヒントがあるんですか? と訊いたら・・・あります、これですよ、と言ったんです。見てみると輪(サークル)があって、そこに“遊び”と書いてあったんです。その中にBONさんがいたのですが、その時にBONさんのハートが光りながら大きくなっていくのが見えました。どういうことですか?・・・と訊いたら、あなたは遊びを通じて、自分のパッション・情熱を思い出すでしょう。本当の情熱を・・・何が好きなのか、何がやりたいのかを思い出すでしょう。そして次の絵には、“学び”って書いてあったんです。その輪(サークル)の中にBONさんがいるんですよ。さて、あなたのどこが光ると思いますか?


★私(BON)・・・頭です(きっぱり言い切る!)


さあ、あなたはきっと頭と答えたでしょう。違います。ここです、と言ってまったく同じようにハートが光りながら大きくなったんですよ。綺麗なピンク色のハートだったんですが、どういうことですか?と訊いてみました。


あなたの情熱・・・パッションです。あなたは外側に意見を求めていると思いがちですが違います。あなたが直感で『この人に会いたい』、もしくは直感で『この本を読みたい』と思っても全部は同じです。誰に学ぼうが、どんなものを読もうが、どんな講和に出ようが、どんなワークショップに行こうが、ただ得るものは、あなたのハートの情熱に火が点けられるかどうかです。火が点けられるのであればそれを進めるべきであり、火が点けられないのであれば止めるべきです。実は、内なるものも外なるものもありません。


そして、あなたにとって唯一の判断基準になるのは、この一点のみです。自分を神とすることも、外を神とすることも同じなんです。まったく同じなんです。2千年前にイエスは、私の父という名前で神を設定していますが、私は神の子ですと言いながら、神を体現しているのです。まったく同じことです。


依存する、依存しないという事柄も、まったく同じことです。そこに集約をされ、制限をされ過ぎないようにしてください。どんな場合でも、相手に依存しているわけではなく、その相手を通じて、宇宙からあなたへメッセージが流れているに過ぎません。つまり、どなたも駒です。宇宙が次の一手を打ってきたときに、さあ、あなたはどの一手を打つ?というゲームなんです。ですから、あなたが困って何かを求めたときに、もしくは、何かを好奇心を持って探りたいときに、誰かを使って、もしくは何かを使って、もしくは何らかの状況、または本を使って、宇宙があなたに一手を打ってきます。それに対して、あなたが今度はどう反応し、それをどう使うかだけです。制限の枠を超えて、大いに遊び、大いに学んでください。ただそれだけのことですよ。


★私(BON)・・・すべてのことは切欠にしか過ぎないということなんですね。う~ん、なるほど・・・よくわかりました。


~ Vol.2 に続く ~



AD

11月3日~6日までの4日間にわたって開催されたセアロの会(講和会&合宿&個人面談&満月瞑想&振り返り)が無事に終了しました。私は4日朝の講和会準備から参加させてもらいましたが、本当に楽しく幸せな気持ちの中で幕をおろした3日間でした。思い返せば、6月24日に初めてSAWAさんと出会ってから、この素晴らしい流れの中にこの身を委ねてきました。全てが必然であり、今の私にとっての必要な出会いと経験がありました。では早速、その素晴らしい会の様子を写真を交えてご紹介したいと思います。  ~クリックすると写真が拡大します~

                                                                                                  

 11月4日朝 スタッフによるミーティング   いよいよ講和会です・・・ド・キ・ド・キ

172 172

 セアロ講和会の受付はこちらで~す      ブレッシングウォーターなどの物販

172 172


   こちらのコーナーも物販で~す      最前列に陣取った私(BON)の仲間たち

172 172

   主催者 SAWAさんのご挨拶      今井千晶さんの竪琴と唄声は天の音色
172 172

                                                       

 踊り・・・アメリカから参加してくれました    小倉 渉 さんによるビオラの演奏

172 172

                                                   

   ガユーナ・セアロによる講和          セアロの言葉に聴き入ります

172 172


 国際ハートエキスポ2007石川の紹介    講和を終えて舞台を降りるセアロ

172 172


ガユーナ・セアロは特別な存在でもすごい存在でもなく、とても親しみやすいお坊さんであり、私たちに光の道を示してくださる愛に満ちた導師でした。セアロの話す言葉の一言一言に、自分の中に在る神が大きく頷いていました。そうそう、その通り・・・と。そして、たくさんの気づきを与えてくれる方でした。


講和会の後・・・スタッフの束の間の夕食    おでん・・・最高に美味しかったね~
172 172

                                                                                       

4日19時~翌朝にかけて行われた合宿には、全国から40名の方が参加してくださいました。1ヶ月前に開催された神戸市北区にある“しあわせの村での合宿”を彷彿とされるとても楽しい時間が過ぎていきました。合宿についての詳細はミュウさんが素敵な記事を紹介されていたので引用させていただきますね


              ☆☆☆☆☆ 以下はミュウさんの日記から ☆☆☆☆☆


合宿って何?って感じですよね。そう聞いて思い出すのが、学生時代の部活の合宿。あれはあれで楽しかったな~^。今回のは、なんていうかせっかく遠くから皆さん来られるんだから一緒に泊まってゆっくり色んなお話しましょうよ♡ って言うところから始まったのでした。お夜食つき、朝食つきで一泊3000円ですから^^;

せっかく泊まるんだからどうせならなんか楽しい事しようよって事になりました。SAWAさんの挨拶にはじまって、前回に引き続きBonさんの司会で始まりました。
さすが表のお仕事、人事の偉いさん(笑)兼ヒーラー(笑)なんてぴったり!なんて適任♡

一番バッターは、らららさんのセークリットダンス。これね~^凄い楽しいんですよ。フォークダンスに近いけど、上手く出来てるな~ってつくづく思う。子供(5歳くらい)になれるのね。いい年した大人がですよ。そこが凄いんだ。最初照れくさいんですけどね。段々解放されるわけ(^_^)v しかもかなりの運動量で汗かきます!もえちゃんはこれを着ぐるみ着たまんまでやったの。暑かったでしょ(笑)←写真がその着ぐるみ姿です♡めちゃ可愛かったよん。

最後は参加者全員とハグできます^^; それっていきなりは無理なわけで。過程があるから出来るんですよね。何
よりらららさんの人柄が、もう最高。いい加減で(爆)良い加減のいい加減ですよね(^_-)-☆是非、らららさんにお会いになって下さい。めちゃ楽しい人ですから♡

その次にしたのが、プレイバックビジョンシアター。これは前回のしあわせの村の時にすっごく好評だった東京でガンダーリさんという方
http://playbacktheater.org/01-001.php  がやっているワークの一つで、色んな形があるのですが、
今回は私が一度見ただけのものを再現してみたのでかなり自己流にならざるを得ませんでした。でも、らららさんのおかげで、♡全開状態だったのですんなりと移行する事が出来たのはほんとに感謝です。むしろ上がりすぎたテンションを下げるのが大変だったかも(笑)

で、少し歩き回って色々やって、静かになったところで三人一組になっていただいてギフトというのをやりました。これは、皆それぞれに大切な宝物(それは、ペットかも知れない、時計、指輪、なんでもいいんです)を思い浮かべていただき、それを語る人、そのものになりきって聞いてあげる人、そしてそんな二人の様子を見守る人になってもらいます。(役割は順番に交代するので皆がどの役もします) それで、物役の人に物語を語った人に質問してもらい、その後イメージにあった布を選んでもらいます。それで、その布で自分を包む事でそのものになりきって、彼或いは彼女へのその大切な「もの」からのメッセージを語ってもらいます。

これがね、実にいいんですよ。「こんにちは。○○さん。私はあなたの大切な時計です。」みたくはじまるんですが、普通そのものは何も語ってくれないですよね。でも、その人を通して語られる時、思いもかけない言葉をもらえたりするのね。実際見てると、そのものについて話す人の顔は実に幸せそうで、それを一生懸命聞いている人、伝えようとする人の姿は見ててこちらが幸せでした。 有難うございました♡ 号泣してるグループ。大笑いしてるグループ。それぞれでしたけど皆さん、いい顔されてました~^(#^.^#)

一つのグループが皆初体験組みで、しかも内二人が多分こういった系のワークなんかに参加するのは初めてだっただろう男性二人だった為、内心「あちゃ~^。ハードル高いな。誰か経験者を入れておけばよかった」と密かに焦ってたのですが、蓋をあけたら、全然大丈夫だったみたいで、それが私にとってはとても嬉しい驚きでした。

最後がのんちゃんの誘導瞑想・・・ローズウオーターを使いながら、透明なのんちゃんの声の誘導に従って、月の映る浅い川に浸かり、身体を伸ばしてリラックスし、それからゆっくりこの世界に戻ってきました。のんちゃんの誘導瞑想は、その会にぴったりなイメージが降りてくるそうで毎回違うそうです。

その後、とりあえず、休憩。お茶、お菓子を食べながらフリマの準備。そして、フリマが始まったのでした。でも、その時にはお疲れの人に、ヒーラー系の人たちが、マッサージとかリフレとかやってもらったりして、エステもあったし(笑)、ま、なんでも有りでしたね♡ で、お風呂に行く人たちは龍の湯にお風呂入りに行ったのでありました。ま、合宿リポートはそんな感じですヽ(^o^)丿 よく書き上げました(自画自賛。。)


SAWA会スタッフ全員による振り返りの風景・・・ひとりひとりがキラキラ輝いていました
172 172
172 172

                                                                     

 5日19時~ 満月瞑想会でのセアロ   セアロを囲むメインスタッフ・・・みんな最高
172 172  
                                                                               

今回、この明石でのセアロの会を主催したSAWA会にスタッフとして招いていただけたことに心から感謝しています。“ハートをひらこう”が今回のメインテーマでしたが、私自身が本当の意味でハートを開いて参加した結果・・・たくさんの出逢いがありました! たくさんの感動がありました! たくさんの気づきがありました! たくさんの感謝がありました! そして、本当にたくさんの愛を受け取りました!


3ヶ月前からメインスタッフとして何度もミーティングを重ねた末に先日の本番を迎えたわけですが、事前準備の過程で参加したスタッフひとりひとりの輝きが一段と増していったような気がします。それぞれが自分の個性を発揮することでパズルのピースのひとつとなって、素晴らしく大きなパズルを完成できたのでした。誰一人欠けても成しえなかったパズルです。参加された全てのスタッフ、そしてご来場いただいたたくさんの皆様に感謝です。

               
AD

171

 ↑ 画像をクリックすると拡大します


私もスタッフとして参加させていただいている明石でのセアロ講和会が、いよいよ来週11月4日・5日に迫ってきました。当初、講和会は11月4日(土)だけの開催予定でしたが、4日だけでは収容できないほどのお申し込みをいただいたので、5日(日)にも開催することになりました。是非、ひとりでも多くの方にセアロと接していただきたいと思っています。既にチケットをお求めいただいた方は、4日と5日のどちらにお越しいただいても結構です。当日券もご用意しておりますので、このブログで紹介しているチラシをご覧になって、参加したいと思われた方、是非お越しください。

スタッフ一同、心よりお待ちしていま~す!


セアロ講和会概要


◆内容 ガユーナ・セアロ講話会&瞑想&小倉渉バイオリン演奏会


◆日時 2006年11月4日(土)&5日(日)14~16時 (開場13時)
※どちらの日にお越しいただいても結構です


◆参加費 2500円 ・・・チケットは当日もお買い求めいただけます
※この収益は全てNGO:CEAROグローバル・ ハーモニー・ジャパンを通して

 発展途上国の 子供達への国際協力基金に使われます


◆会場 【中崎公会堂】 兵庫県明石市相生町9-16

こけら落しに夏目漱石が来られた由緒ある会場です

http://www.hotwire.co.jp/gha/APJ-Vol.17


◆アクセス 山陽電車「人丸前駅」下車徒歩5分、JR「明石駅」下車徒歩12分



セアロ講和会については、この会の主催者であり、私をスタッフに誘ってくださった

SAWAさんが、とても素敵なメッセージを書かれているのでご紹介しましょう。


この星のひとたちがひとつになるプロセスを楽しみたい。セアロの普遍意識よりの光の言葉は、すべてのひとたちの心を平安に導き、あなた自身が、あなたの家族が、あなたのまわりの人たちが、あなたの住んでいる日本が、あなたのいるこの地球が、そしてあなたそのものである宇宙が平安で、調和のとれた愛の世界になる手助けをしてくださいます。ぜひ実感し、体験していただきたいです。あなたが望まなければなにも与えられない。何を得たいか(平安幸せ気づき許し喜び)を明確にして来てくだされば、より多くを得られることと思います。すべての方にとって素晴らしい日になりますよう願っています。私は、たくさんの方たちとの出会いの中で、すべての方のなかの素晴らしい宝石のような輝きをいつも魅させていただき、感謝でいっぱいです。そして今回、下記のとおりセアロとともに過ごす会を通して、より多くの方と出会えるチャンスをとても楽しみにしています。

~私(SAWAさん)とセアロとの出会いにについて~

3年半前、お友達から送られてきたFAXの【セアロ】の三文字を見たとき、まったく知らない名前、何をしている人なのかもわからないのに魂がふるえてしまいました。

知っているという感覚  会う時期がやっときたという感覚  何より嬉しいという感覚

「神戸にセアロが来られます。お手伝いできる方は手をあげてください」の言葉に、何も考えることなく「ハ~~イ!」と言っていた私。会う前から、心で問いかけたら、圧倒的な温かく優しいエネルギーでそばに来てくださり、メッセージをくださっていたから。現実にお会いした時には、初めてお会いするという感覚は、不思議なほどまったくありませんでした。しかし、個人面談で初めて前に座り、セアロと目を合わせた瞬間そんな感覚どころではなく、ただひれ伏し手を合わし喜びと安堵の涙で、泣きじゃくり声も出せませんでした。そしてその時、魂の底からはっきりと、私の進む道を思い出すことが出来、そこに向かって今も歩き続けているのです。セアロとの出会い、そしてそこで仲間とつながると、本当に決めてきたようです。
ただただ感謝合掌

AD

170

                                                                                          

アメブロで日記を書き始めて昨日でちょうど2年が経ちました。ヒーラーを目指す自分の心の軌跡を、徒然なるままに書き綴ってきましたが、気がつけばあっと言う間に過ぎた2年間でした。“書きたいときに書く”という自分の心の赴くまま気楽にやってきたのがよかったのだと思います。そんな記念すべき昨日の夜、芦屋ルナホールで開催されたとても素敵な会に参加してきました。


“スワミジと癒しのインド音楽の調べ”


数週間前には、その存在すら知らなかったスワミジの講和会に行くなど想像もできませんでしたが、私にとっては全てが必要・必然・ベストであり、完璧なタイミングで表出してきているように思えます。会場に行くと、先日のしあわせの村で知り合った仲間たちが既に大勢集まってきており、素敵な笑顔と温かいハグで再会を喜び合いました。つい半月前には知らなかった多くの人々が、昨日会った時には旧知の間柄として語り合える・・・本当に素晴らしいことです。こちらがハートを開いていると、同じようにハートを開いたたくさんの仲間との素敵な出会いがどんどんやってくることを実感した瞬間でした。


ここで、少し前の私同様、スワミジのことをご存じない方も多いかと思いますので、HP等で紹介されている内容を引用させてもらいながらご紹介しましょう。                                                


スワミジ=スワミ・プールナアムリタナンダジ(ジは敬称)は、インドの大聖者アンマ(マーター・アムリターナンダーマイー)の高弟で、アンマのもとで20数年間修行をつんだ高僧であり、40日間の瞑想に入られた瞑想の達人です。アンマの愛とメッセージを携えて、南インドのアムリタプリ・アシュラム(僧院)から来日されます。昨年の夏のプログラムでは、スワミジの満面の笑顔に癒されて、どのような質問に対する答えにも感動がありました。スワミジからたくさんの学びを頂き、一人ひとりの心に明かりを灯してくださいました。そんなスワミジがまた今年も日本全国を回り、私達と共に過ごしてくださいます。自然と人間との調和、日々のストレスからの開放、そして心の平安のために、様々なプログラムが予定されています。また、スワミ・プールナアムリタナンダジ(ジは敬称)は、竹笛(バーンスリ)の名手です。その美しい音色で、愛と優しさに包まれるでしょう。諸外国において数多くの講演を重ね、今回は神戸(芦屋)の地で行われる貴重な機会です。


講和会の始めには、大聖者アンマを紹介するビデオの上映がありました。日本ではあまりその名を知られていないアンマ(=アマチとも呼ばれています)ですが、インドではサイババと並び称される有名な方です。今年5月にアンマが来日されたときにハグされたSAWAさんは、ずっと涙がとまらなかったそうです。


アンマ(アマチ)は慈善事業をしながら世界中を回って、そこの人々を抱きしめ、「お母さん」(アンマの意味)として、故マザーテレサと共に知られている大聖者です。その慈愛にみちた抱擁は、誰をも素の自分自身の姿にし、本来の愛に気づかせ目覚めさせます。愛は人種や文化の壁を乗り越え人々を優しく包みます。国連で招待講演を行い、2002年スイスでは「ガンジーキング平和賞」を受賞。貧しい人に高度な医療を施す病院建設、ガン患者のホスピス、言語障害をもつ子供の学校など多くの慈善事業を行っています。


その後はスワミジ自らが優しく語りかけてくれる講和会でした。アンマとの出会い、アンマとの対話など、自分の身に起こった様々なエピソードをとてもわかりやすく語ってくださいました。スワミジの素晴らしさもさることながら、通訳してくれていた日本人の柔らかくわかりやすい言葉がハートに響きました。スワミジの講和中、アンマの言葉として語ってくれた中で特に印象に残ったフレーズを書きとめてみました。


①アンマは言います・・・今の瞬間を生きてオープンになること

②アンマは言います・・・生きながらにして人生を素晴らしい人生に変容させることが可能です

③アンマは言います・・・全ての壁を越えて世界中がひとつになるために必要なもの、それは愛です

④アンマは言います・・・どの女性も神聖な母の要素を持っているので、あなたが変われば

彼女達はその母の要素をあなたに出してくれるのよ

⑤アンマは言います・・・心の波長をあわせるチューニングが何よりも大切です

⑥アンマは言います・・・マハトマ(偉大なる魂の尊称)の大きな波長があっても

自分がそこにチャンネルをあわせないと受け取ることは出来ません


スワミジの語った言葉の中で最も印象深く、私がアンマの素晴らしさを感じた言葉は次の内容でした。


大きな愛をもっていたら、言葉にしなくても全てのことがわかります。例えるならば、母親は赤ちゃんが何も言わなくても何を求めているのかがわかるのと同じです。アンマには、何百万人の人々がアンマの所に来ても、全ての感情がわかります。それを可能にする“愛”というものが、神であり宗教なのです。この愛によって私たちは全てのことを乗り越えていけます。そして、楽しむことが出来るのです。

アンマは、私たちに神聖な愛が目覚めることを助けようとしています。私たちの心はとても強い・・・もし純真な心をもっていれば、人生のあらゆることを解決し、乗り越えることが出来ます。


大きな愛に溢れた素晴らしい言葉の連続に、心から感動し感謝した瞬間でした。その後、演奏された竹笛(バーンスリ)の音色も何ともいえない心地よい響きで、癒しの音楽の調べに相応しい素晴らしいものでした。


スワミジの講和にご興味のある方は、以下のURLをご参照ください!

http://www.amma.jp/web/macenter/swamitour/swamitour/2006swamitour/index.html

http://www.amma.jp/web/macenter/swamitour/swamitour/2006swamitour/schedule.html

私を表現するエッセンス

テーマ:

169


先週開催された“しあわせの村での集い”の際、友人のオユキさんにひとつのお願いをしました。彼女はとても絵が上手で、感性の豊かな人です。 今年の春、京橋画廊で開催された彼女の個展を見に行きましたが、とてもハートに響く絵がたくさんありました。私の周りでは、自分の天使絵を書いてもらっている方がたくさんいるので、私も自分の魂を絵に描いてもらえるならば、一度見てみたいという気持ちがこみ上げて来ました。そこで、絵の上手なオユキさんに私のイメージで絵を書いてくれるように頼んでいたのです。二つ返事で引き受けてくれた彼女から、今朝届いた絵は想像以上に素晴らしい作品でした。

                                                                                                   

~以下、彼女からのメッセージです~

印象は前にも申し上げましたが、ギリシャとかアトランティスとかの
イメージが思い起こされて、気高い誠実な魂を感じます。
その魂が一番喜び花開いたイメージでしょうか。
最近ハルちゃんのビーエッセンスを毎日やっているので
やっぱ自我意識で考える意図より、魂のBLUEPRINTの
現実化だよね・・・って所に落ち着いているので
BON’S BLUEPRINT となりました。

                                                                                                                                                                                                 

                                                                                              

一昨日の満月瞑想の時に Who am Ⅰ? 私は誰?と何度も問い続けていましたが、自分のことが一番わからないものです。幸い、私には自分探しのプロセスで私のことを教えてくれるたくさんの存在がいてくださいます。彼女の絵も、ある視点から私自身の魂のエッセンスをしっかりと示してくれているような気がします。ブループリント=魂の青写真・・・私が私らしく、この地球上で表現することをしっかりと思い出すヒントと勇気を与えてくれる絵です。

                                                                                                     

とても素晴らしい絵でしたので、思い切ってブログでも紹介させていただきました。

オユキさん、本当にありがとう!

107

                                                                                      

昨夜、見上げた空に輝く月は本当に綺麗でした。蒼い月の光は幻想的で、月の回りに虹色のオーラがかかっているように見えました。幾重にも光の輪が重なっている様は見事に調和されていて、そこに宇宙の摂理を感じ感謝の気持ちでいっぱいになりました。何気ない日常の中にあっても、心を澄ませていると何と感動できることのたくさんあることでしょうか。全ては自分の心で感じています。心穏やかでいると、本当の自分と向き合える時間が増えます。本当の自分と向き合うことで、何故生まれてきたのかという目的を思い出す手がかりがつかめます。


満月の昨夜、世界中でたくさんの方が瞑想をされていたことと思います。

私も瞑想し、自分に次の問いを投げかけていました。
                                                                                    

『私は誰ですか?』 『私は誰ですか?』 『私は誰ですか?』 

                                                                                                 

私たちは自分自身でありつづけているとき、幸せを感じます。それは今この瞬間の思いです。今という一点に集中することで、本当の自分を発見することが出来るのかもしれません。今、私たちの周りでどのような現象が起きていたとしても、私は真実を観る心の目を持ち続けたい。目に見える出来事の奥にある物事の本質を見つめたい。全ての人間の中にある愛を感じたい。ひとりひとりが光り輝く愛の存在であるという真実を伝えたい。


そんな素敵な集まりが、11月4日(土)に明石で開催されます。                                           

ガユーナ・セアロをお迎えして開催する 【セアロ講和会】です。                                                    

ガユーナ・セアロについては以前にもこのブログで紹介しているので是非ご覧ください。

http://ameblo.jp/heavenward/entry-10014685008.html

                                                                            

◆セアロにご興味のある方はこちら↓
http://akasaka.cool.ne.jp/eihiko/Myanmar/mya-01cealo.htm

                                                                          

162

163


セアロ講和会については、一緒にスタッフをしている“クリンママ”さんがとても素敵な紹介記事をミクシィに掲載されていたので、そのまま引用してご紹介したいと思います。彼女がハートチャクラを開いて発する愛に溢れた言霊に私のハートが感動しました。


以下はクリンママさんが書かれたメッセージです!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


今、わたしたちが目指しているもの、それは「ワンネス」の世界です。
♡--------------------------------------------------------------------------♡
わたしたち 一人一人は 光の粒であること
そして 一つ一つの光たちが集まり やがて 大きな光となる
そして 世界中の大きな光たちが集まり 宇宙は一つになる
♡--------------------------------------------------------------------------♡

光とは“わたしたち自身”です。 “わたしたちの温かい心”です。”愛そのもの”です。“平和”です。もう世界は ハートのチャクラを開いて、私たちの中にある美しい光を解き放つ時期にきています。他人に覗かれたくない不安、恐れ、羞恥、プライド…もういりません。世界は、一つになろうとしています。私たちの中にある光は、みんなと手をとり合って一つになりたがっています。本当に、ここ最近強くそう感じています。

わかりやすく言えば・・・江原さんに共感する人、三輪明宏に共感する人、細木数子が好きな人、スピコンに参加する人、マリアテレサを尊敬する人、アマチに共感する人、セアロに共感する人・・・

数年前から いろんなスピリチュアルなグループが、日本だけではなく世界各地でものすごいスピードで広まりました。(だから最近、本やTVでもスピリチュアル系が多いんですね。) でも これからの時代は、それぞれのグループが「一つ」になるんですって!誰がNo.1でもありません。民族・思想を越えた真理は一つ。世界中の人々のそれぞれの魂が求める真理は、たった一つしかないんです。

世界中の人が、光と愛で「一つ」に結ばれることを想像してください。平和、喜び、幸せ、笑顔、感謝、希望で 宇宙が「一つ」になることを想像して下さい。ステキだと思いません♪?

その最初のステップが、“わたしたち個人が 心を開くこと” なんです。そして、一人でも多くの人が“心を開く”チャンスをつかめるように11月にイベントをします。それが【ハートを開こう!~ガユーナ・セアロ講話会~】です。

日 時: 11月4日(土曜日) 午後2時~4時
場 所: 中崎公会堂(兵庫県明石市)
参加費: ¥2500

講話会: 

当日、セアロに質問したいことを無記名で記入します。その人だけではなく、会場に集まっている人全員にとって必要な質問に、セアロが答えてくれます。この答えこそ、私たち一人一人のハートが開き、私たちの本来の姿・光の粒として輝くサポートをしてくれます。本当にすごいです。経験したらよくわかります。

※集めた参加費は諸経費を除いた全額を、セアロへの“愛の寄付” とします。
※募金も受け付けます。タオル・歯ブラシなどの物資支援も受け付けます。

♡--------------------------------------------------------------------------♡
■ガユーナ・セアロをご存知ない方へ■

日本・アメリカなど 物資が豊かで 心の貧しい人々には 心を、ミャンマー・カンボジアなど 心が豊かでも 経済的に貧しい人々には 物資・お金を 流し、「物資・お金」という愛、「心」という愛を必要な人に届けているミャンマー在住日本人僧侶です。(セアロの“慈愛の旅”は、キリスト教、仏教、ヒンズー教、民族、文化、言語を越えた、人間の魂(愛)にのみ伝わるものです。) 

私がセアロに会ったのは4年前。セアロの顔を見ただけで安心し、“宇宙の父”と感じたのは初めてで
涙が止まりませんでした。何もしゃべれませんでした(一言も!)。そんな私に、セアロは、私が誰にも明かしていない(セアロにさえも!) 心の悩み(ホコリ)について、すらすらと答えてくれました。このとき、私のハートのチャクラがまた少し開きました。

そしてその後も、いろんな経験を経て(つい最近は「無」まで経験済み♪)
今、私のハートは全開でぇ~~~~~す♪ I LOVE YOU ALL!! ^3^v
何日かかってもいいです。一度、じっくりセアロを知ってください。
⇒ 
http://cealoworld.com/

♡--------------------------------------------------------------------------♡
これまでも日記で少しずつ書いてきましたが、戦争や殺害などの悲惨な事件は、その当事者・当事国だけの問題ではなく、一見、事件に関与していない私たち個人の毎日の生活の中から生まれてくる、“私たち自身の”マイナスのエネルギーが終結して、目に見える事件として形に変えています。

だとしたら、逆に、愛・光・喜び・感謝・幸せ・楽しいという個人の毎日の生活の中にある多くの小さなプラスのエネルギーが終結したらどうなると思います?それが目に見える形に変わった時、私たちは この世界中で何を見ることができるでしょう。。。

それが本当に楽しみなんです。ハートのチャクラを開くことがワンネスの始まりです♡♡ 私の生涯の親友、真里(フィリピン女性の話をしてくれた子)もセアロに会うため、そしてハートを開くため、福岡から来ます。日本中から 光の粒が 集まる ようです♪ 今日この私の長~い告知を読んで何かを感じた方、“気付いてしまった”方、自分の魂が「行ってみたい」と喜んでいるように感じた方、メッセージください。クリンママ個人の携帯メールでもOKです♪ 本当に日本各地、遠方からも参加の声が上っています。嬉しいですね♪ 世界のワンネスに向けて、ハートを開いた光の粒が集まっていく・・・その瞬間に自分がいる幸せに感謝です♪ワクワクする~♪


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


最後に、昨日の満月瞑想に際して、セアロからメールで届いたメッセージを紹介します。


★*★*★*★*★*★*★*★*★*★

  セアロからの満月瞑想メッセージ

★*★*★*★*★*★*★*★*★*★


今 自己を楽しんでいる君よ、

自己を好きになった君よ、

まだまだと思っている君よ、

今 君は、確実に歩み始めている


休んでもいいが、止まるな

常に前を見て 今日を楽しめ

瞑想は、執着や苦しみを

少しずつとかしてくれる

忘れさせてくれる


過去の悪しきことから開放されたら

君は君を誉れに思え、

そしてもっと楽しく歩め


座して始めから終わるまで

空間の中へ

身も心もあずけよ


君は感じなくても

真我は覚えている

期待せず

欲せず

ただ空間にあずけよ


ガユーナ・セアロ


★*★*★*★*★*★*★*★*★*★


遠方の方でも、ご自宅で満月瞑想に参加できます。

詳細はガユーナ・セアロ満月瞑想のHPをご覧ください。
http://www.cealoworld.com/Fullmoon/

SAWAさんからお誘いを受けて、私もセアロ会のスタッフの一人として参加させていただいていますが、本当に素敵な人たちとの出会いを経験しました。性別も年齢も職業も関係なく、心と心で触れ合うことの出来る仲間がこんなにもたくさんいるのだということを実感しました。そして、その数は私の想像をはるかに超えるスピードで広がっていっています。本当に素晴らしいことだと思います。

全ての人々との出逢いに心から感謝します!

166 166

最近は旅行記しか更新していませんでしたが、私自身はとても順調で楽しい日々を過ごしています。

さて、朝晩がめっきり涼しい秋らしい気候になってきましたが、そんな9月30日~10月1日の2日間、神戸市北区にある“しあわせの村”でとても素晴らしい集いがありました。今年の6月に初めてお会いし、その後も素敵な関係を続けさせていただいているSAWAさんが主催してくださった会でしたが、全国からご縁のある方々が50人も集まって来られました。私もスタッフの一人として参加させていただいたのですが、本当にたくさんの気づきと喜びと愛をいただきました。

                                                                                              

最初にSAWAさんからお誘いをいただいた時、何をする会なのかよくわからないまま、何となく楽しそうだなという直感を頼りに、二つ返事で参加を決めました。私同様、ほとんどの方が何をするのかわからないまま神戸に集って来られたのではないでしょうか。とはいっても、各地で様々な会を主宰されている方が多数参加されていました。

                                                                                               

受付終了後、多目的ルームで大きな輪になって自己紹介をしました。関西圏の方だけでなく、東北・関東・中部・信州・中国・四国・九州からも参加されていました。私にとっては7割以上が初対面の方でしたが、それぞれが独特の輝きを持ったとても素敵な方々ばかりでした。その後、屋外に出て大自然の中でゲームを楽しみました。突然、SAWAさんからご指名を受けて進行役をやらせていただきました。靴を脱ぎ、全員が裸足になって大地にしっかりとグラウンディングした状態を楽しみました。目を瞑って1本足で立つゲーム、グループを作るゲーム、二人組みになりパートナーを信頼して目を閉じて歩き回るゲーム、音楽による自己表現の踊りなどなど、初めて出会った人たち同士が楽しく交わりました。それにしても裸足で大地を感じることがこんなに気持ちがいいのだということを実感しました。

                                                                                             

166 166

                                                                                                                                                                                        

室内に戻ってからしたゲームでは、ひとりひとりがパズルの異なるピースを持ち寄り、完成させると美しい天使の絵が姿を現しました。誰一人(一片のピース)が欠けても完成しない絵を全員で完成させることを通して、宇宙の中で一人一人が特別な存在であることを実感し、お互いの素晴らしさを認め合えた瞬間でした。

                                                                                                

夕食後はキャンプファイアーをしました。20年振りのキャンプファイアーでしたが、それは楽しいひと時でした。皆が集まる前に薪を井桁に組んで高くしていくのですが、燃え上がる炎を想像するだけでワクワクした気分になりました。皆が揃ったところで、SAWAさんにトーチを渡して点火してもらうと、赤い炎が一気に燃え上がりました。全員でお決まりの唄“炎を燃えろ~よ、炎よ燃えろ~、火の粉を巻き上げ、天まで焦がせ~”の大合唱の後は火を囲んで、らららさんの指導の下、妖精たちのダンスを堪能しました。楽しく賑やかなキャンプファイアーの火が消えた後は一転して、全員が芝生の上に寝転びながら夜空の星を見上げました。幸せな静寂に包まれたその瞬間、ひとりひとりが生きていることを実感し、宇宙に感謝したのではないでしょうか。


166 116

                                                                                                      

入浴後は、参加者が持ってこられた手作り家具や雑貨、素敵な小物などが出品されたバザーを楽しみました。そして、今日の最後のイベントは、私が誘導瞑想をさせていただきました。参加者全員が自分の前に置かれたロウソクの炎を見つめ、私の詠むガヤトリーマントラで瞑想が始まりました。私が誘導させていただいたのは“光の瞑想”といって、昨年も大江山に瞑想旅行に行った時にやらせていただきて好評だった瞑想です。詳しくはこのブログでも書いていますので興味のある方は以下のアドレスをクリックしてご覧ください。
http://ameblo.jp/heavenward/theme-10001171669.html

                                                                                                   

瞑想後は、寝る間を惜しんでいろいろな方と話をしていたので、気がつけば既にもう朝の5時前になっていました。眠い目をこすりながら全員で集合したのですが、東京から参加されたガンダーリさんによるプレイバック&ビジョンシアターは本当に楽しく、素晴らしい時間が流れました。こうして心から楽しく過ごした2日間があっという間に終わりを迎えましたが、この会がご縁でお会い出来た素敵な仲間たちとたくさんのハグをして別れを惜しみました。今思い返しても、あまりにも内容の濃いそして夢のように早く過ぎた2日間でした。今回出会った皆さん・・・またいつか何処かでお会いしましょうね!

素敵な皆さんとの出会いに、心から感謝申し上げます・・・本当にありがとうございました!

夏の想い出!

テーマ:

夏休みも残すところあと1日・・・我が家にも過ぎ去る夏(休み?)を惜しみ、少々たそがれ気味の少年がおります(笑)。今年の夏は家族3人でいろいろな場所に出かけました。くわがた採りを目的にしたキャンプに始まり、九州旅行、花火大会、プール遊び・・・最後は、淡路島への渦潮観光旅行で締めくくりました。我が家はオートキャンプと温泉旅行が好きで、息子が1歳半でキャンプデビューさせて以来、毎年連れ出していますが、キャンプ場で手伝ってくれる彼の成長を見るにつけて月日の経つ早さを実感しています。スピリチュアルへと進む道で経験することは確実に私のやりたいことに繋がっていますが、その私を支えてくれているのは間違えなく家族であり、私にとってはとても大切な存在です。そんな訳で、今日はスピリチュアルな内容は書かずに、この夏の家族の想い出写真を掲載しようと思います。是非ご一緒に楽しんでいってください!

                                                                                                           

                                                                                           

        加古川花火大会                  河川敷は人・人・人

157 160

       明石港からたこフェリーに愛車を乗せて、一路淡路島へ向けて出発

160 160


            世界最長の吊橋 明石海峡大橋の下をくぐります

160 160 160 160 160 160


  鳴門の渦潮観潮船 咸臨丸へいざ乗船   鳴門大橋が見えて来ると期待は高まります

160 160 160 160


        これぞ鳴門の渦潮            渦に巻き込まれたらどんな感じだろう?

160 160


太平洋と瀬戸内海が交わる場所は1メートル近い段差があり、川のように海水が流れます

160 160


                             帰りの船から今夜泊まるホテルを眺める

160 160


★次回からは、スピリチュアルブログに戻ります・・・多分(笑)!

癒しの旅

テーマ:

今日から8月、ようやく長~い梅雨も明け・・・というか梅雨前線が突如消滅しての梅雨明け宣言・・・何とも変わった展開になったものです。気の向くままに更新するブログになっていますが、私にとっては自分の心の声や日々の気づきを記すとても大切な場所です。ヒーラーへの道というタイトルでブログを書き始めてから、意識が少しずつ変化してきたように思います。ヒーラーという言葉の提議は私にもよくわかりません。なぜヒーラーになりたいのか?と自分に問いかけても明確な答えがあるわけでもありません。

しかし、ヒーラーへと向かう道程で経験する様々な人々との出会い、出来事、気づき、それらによって起きる私の心の変化・・・そのプロセスにこそ大きな意味があるのだと感じています。私が目指すものはヒーラーであり、ライトワーカーであり、そして、何よりもBON(本名〇〇〇〇)として、この生を楽しみ全うすることです。相変わらず、人々を魂レベルで救いたいという思い(エゴの囁き?)はありますが、ヒーラー&ライトワーカーを目指す私が教訓にしている大切な『言葉』があります。思い返せば、この『言葉』があるから、どんなことがあっても原点に帰ることが出来るような気がしています。以前にもこのブログで記しましたが、自分自身へのメッセージとして魂の奥底に再度刻み込みたいと思います。

                                                                                             

☆救わなければならない人は、ひとりもいない。
☆導かなければならない人は、ひとりもいない。

                                                                                     

一人一人の心の中に神が存在します。人それぞれに、その人の目指す道があります。
私が出来るサポートは、その人を救うわけでも、導くわけでもありません。
私を必要とする人があれば、ただ寄り添い、その人が決めた道を
その人らしく進んでいくことが出来るようにサポートをすることです。

この気づきを忘れずに、自分自身が何を得意とするヒーラーになるのか
そして、ライトワーカーとしてこの地球上で何を成すべきかを
これからじっくりと考えてゆきたいと思います。


先週、一足早い夏期休暇を取得して親子三人で3泊4日の九州旅行に行ってきました。
九州を代表する温泉地を巡りながら、九十九島・別府地獄巡り・菊池渓谷・阿蘇・高千穂峡

といった大自然を感じられる癒しスポットを楽しんできました。

大自然の写真を掲載しますので、ご一緒に楽しんでくださいね!



155 156

   展海峰から九十九島を見渡す絶景            九十九島遊覧船


156 156 156 156

 別府地獄巡り   白池地獄と血の池地獄と海地獄   八つの地獄全てを制覇しました


156 156 156 156

  自然のクーラー 菊池渓谷のせせらぎ      マイナスイオンに癒されます 


156 156

  大観峰 阿蘇五岳は釈迦の涅槃さながら    これが有名なVolvicのラベルの山


156 156

 阿蘇草千里で息子と乗馬を楽しみました       阿蘇の澄み渡る青空


156 156 156 156

     神々が宿る場所  高千穂峡            真名井の滝の神秘さに感動



143


皆さんはガユーナ・セアロというお坊さんをご存知でしょうか?私がセアロの存在を知ったのは一昨年の秋頃・・・ミャンマーまでセアロを訪ねていって影響を受けた友人D.Ⅰさんを通じてのことでした。セアロを知らない方のために、セアロ関連のサイトに書かれている紹介文を引用してみましょう。


☆ガユーナ・サンディマ・セアロ☆

定住する寺を持たず、“慈悲の旅”を自らの道として歩む、ミャンマー(ビルマ)上座部仏教に得度した日本人僧侶。得度以来、人々に心の平安・自立・調和を伝えつつ、同時に発展途上国への自立・人道支援を続けている。日本、アメリカを含め、平和活動のため継続訪問しているのは現在6カ国。人々へ心の平安を説き自立を促してきた歩みは、支持者により講話・瞑想会と呼ばれる形に発展し、開催地は全国各地、アメリカ12州に及ぶ。また、途上国支援は、手から手へ直接渡す物資配布に始まり、孤児院・学校建設、村開発支援へと活動が展開し、協力・参加者も全国的に広がったことから、「ひとりからひとりへ、心つながる国際協力」を活動指針に国際協力NPO法人を設立(2003年)

                                                                      

私がセアロと初めてお会いしたのは、2005年7月2日に神戸楠公会館で開催された講和会でのことでした。セアロにお会いした時の第一印象で感じたものは、自然体で優しい表情の奥にあるとても大きな“慈愛”でした。セアロの小さな体から会場全体を包み込むように発散される慈愛に満ちたエネルギーを全身で感じました。講和会は会場に集まった方々からの質問(事前に紙に書いて提出したもの)に対して、セアロが次々に答えていくとう形式で進められます。質問に対するセアロの言葉は、飾らないとてもシンプルなもの・・・それでいて見事に本質を突いているなあと感心しました。


 154       149

                                                                       

   『セアロ108の言葉』   私は私 ~ガユーナ・セアロの至道録~』  知玄舎                     



最近になって、セアロに関する書籍2冊を立て続けに読みました。本に書かれてある言葉をじっくりと感じてみると、昨年聴いた講和会でのセアロの言葉が蘇ってくるようでした。セアロは常々「善い」ことではなく「正しいこと」をしなさいと言います。彼の言葉は、ときに優しく、ときに厳しく、ときに強く、ときに包み込むように、その人の意識レベルにあわせて語りかけてきます。しかも、難しい言葉はほとんどなく、誰もがわかるような平易な言葉として心の奥に沁み込んできます。これは凄いことだと思います。宇宙の真理を本当にわかりやすい言葉にセアロ自身が変換して話しかけてくれているのですから。

                                                                                                                                                  

自分を愛してあげなさい。

あなたに必要なものは、あなただ。

                                                                  

愛してくれる人を探してはいけない。

あなたは今までそうしてきた。

今までたくさんの人のためにしてきた。

                                                                        

それをまず自分のために使いなさい。

神が望むのは、あなたの幸せだ。

                                                                    

よくきたね


きみは新しいドアの前にきている
そしてその扉はもう開いている

きみが入るのも自由
そしてそこにとどまるのも自由だ

人間は何千年とかけて
あるものは神を信じ
あるものは自分がなんであるかを求め
長い旅をしてきた

この豊かな地球に生まれた我々は
神が何を望んでいるのか
そして自分ははたして何であるか
もうすでに分かり始めている

さぁ君たち
君たちがこの地球と自分と全てのものを
君の楽しみとし
エゴと執着をなくしたとき
この新しい扉の中の住人に
なりえるだろう

そのときもう一度会おう

    ~ セアロ108の言葉 ~

                                                                                              

最近出会う方の多くが、何らかの形でセアロがご縁でつながっているのを感じます。ミクシィでも親しくさせていただいているニーナさんやSAWAさん、本日読者になっていただいたマザーベアさんとも実はセアロがご縁でつながっていたんですね・・・感謝!


★ガユーナ・セアロのサイト

       ↓

http://www.cealoworld.com/