172 91

もう一度
平和について思い そして見つめよう

私達は皆、心から信じあい、認め合い
自分とは違う人生を尊敬し
和をもって一つになる事を願っているはず

しかしながら
平和になりたい、平和にしたいと
願う気持ちが強いあまり
平和の功を望みすぎ『和』を忘れてしまう

心が純真に動けば動くほど
今の社会の中の流れに流され
和、すなわち人々との和みを
知らず知らすのうちに遠ざけてしまう

私達は、縦のつながりも
横のつながりにも
どう思われるかを考えず
自分の真実の心のありかたを話し伝えていこう

今年は(2007年)
人々の賞賛も非難も
誉れも中傷も意に介さず
結果に執着せず
自分の今まで歩んだ
心からの正しい道を納得しよう

花を咲かすことをあせってはならない

種はもう平和の土に根付いたはず
地道に歩もう 今以上に

私は信じる
君達がこれからも『和む』という平和を
確実に歩いてくれることを

ある聖者は
今年から平和がくるという
私は、それは心の平和をさしているのだと思う
また、それを歩む人々に対する讃えの言葉だと思う

今が大事
今を大事に
新しい希望の年にしよう

ガユーナ・サンディマ(2006/12/29)

---------------------------------------------------------------------------

スリランカに滞在していたセアロからの新年に寄せる言葉だそうです。
                                                    

皆様、新年あけましておめでとうございます。

あまり更新しないブログですが、今年もよろしくお願いします。

                                                

SAWAさんたちとセアロをお迎えして開いた講和会からたったの2ヶ月・・・

でも、はるか昔のことのように思えます。

新年に寄せるセアロのメッセージ・・・素晴らしいですね。
セアロ会以降、スピリチュアルなことから意識が離れていました。
忘れ去ろうとしていたわけではなく、意識しなくても自然と自分の
魂と一体化していくプロセスを歩んでいたのだと思います。

スピリチュアルな私も、現実を生きる合理的な私も、同じ私です。
両方のバランスを取って生きる方が私には合っているのだと思います。

セアロのメッセージから、いよいよ心の時代が到来したのだと実感します。
現実に起きる出来事から目を背けるのではなく、しっかりと見据えた上で
今の自分に何が出来るのかをしっかりと見つめていきたいと思います。
そして、私が望む希望の年にしていきたいと思います。

☆セアロのメッセージは、ニーナさんが紹介されていたものをお借りしてきました。
http://blog.goo.ne.jp/niina421/e/28b085d3c1bdb8cf169c21a6c35e843a

AD

コメント(21)