175

☆12月14日午後5時  ~MさんからBONへのチャネリングメッセージ~


今、ふっとインスピレーションがわきはじめたのでタイプしていきますね。 自動的に打っていくので、まとまりがないかもしれないですがご了承ください。多分、話かけてくるのは神だと思います。

あなたの過去世の一つについてお話しよう。

これは、あなたの変化を祝ってのプレゼントだ。

あなたはあらゆる立場での世を繰り返してきた。そのひとつひとつが重要なものであり

それらは今も尚あなたの中で重要な一面となっている。

その中でまだ眠っているままのものもあり、輝いているものもあり

輝きはじめたばかりのものもある。そして、傷ついたままでいるものもある。

その中で、今あなたにとって重要になる過去世についてお話しよう。
そして、その語り手は、私ではなく、その過去世でのあなたにとってとても大切であった

人物であると心の中に置いて、この物語を読んでもらおう。
------------------------------------------------------------------------------

                                                          

    ★ チャネリングメッセージ ★


あなたは、私のお父さんでした。私は、あなたが大好きでした。
私があなたの娘だった頃に伝えきれなかった事を、今この場で伝えたいと思います。

私とあなたは、過去に何度も巡り合っていました。

だけど、お互いが幸せをともにすることはできませんでした。

私は、あなたの娘として生まれました。
その頃、あなたは今でいう西ドイツにいました。
あなたは、主に農業を行って収入を得ていました。

そして、あなたの所有地はとても広く、あなたを信頼する人間も多くいました。

あなたは、とても愛情深く家族に接する良き父であり、そして妻を愛する良き夫であり

そして多くの人から尊敬を持たれる人間でした。

あなたは、何が人々に有益か、合理的かを心得ていました。
その頃あなたが信仰していたのは、今はもう衰退してしまっている宗教であり

今でいうユダヤ教と類似するものでした。
もともとは同じものだったのですが、そこから枝分かれして細分化したものが

より複雑となり、そのような形に留まったものだと考えてください。

あなたは、その頃神を信頼していました。
特殊な感性があったわけではありません。純粋に、信じていたのです。

そして、その姿は多くの人々に平安を与えました。

私はあなたが大好きでした。あなたの子供は私だけでした。
お母さんとお父さんは、私をとても愛してくれました。

その頃のお母さんは、あなたの今の妻ではなく、あなたの母親です。
二人とも、素晴らしい両親でした。

私は幼い頃から、体が弱く病弱でした。

特殊な病を患ってはいませんでしたが、床に伏せることが多くありました。

あなたは、いつも神に祈りました。

なぜ、自分の娘がこんなめにあうのか?私たちはあなたに何をすればいいのか?
神よ、あなたの目的を、あなたの計画をお教えください。

あなたは、私の境遇を自分に課せられたものだと受け取っていました。

そのために、何を支払えばいいのか、いつも悩んでいました。

私が13才の時、大きな病にかかりました。

それは肺炎ですが、気管支炎から起きる大きな障害を起こし、私の体は衰弱しました。

あなたは、仕事が手に付かなくなり、いつも私のそばで看病してくれました。
私が目覚めると、あなたは私の手を握ってくれ安心させてくれました。
そして、私が眠りにつくまであなたはいろんな本を読んで聞かせてくれ、安心させてくれました。

私は、それから2年後にこの世を去りました。
残った人々は、あなたに同情しました。そして、悲しみました。
だけど、一番深い悲しみを背負い、傷ついたのはお父さんとお母さんでした。

お母さんは、その後数年後に今でいう癌を患い亡くなりました。
それは、子宮を中心に、だんだんと全身に転移していきました。

あなたは、その時も私と同じように、お母さんに対して愛情深く接しました。
だけど、残ったあなたは、その家族の中でたった一人になりました。

あなたは、それからもずっと神に対して祈り続けました。

あなたは、私に何をお求めなのですか?
私にこれ以上、何を捧げろとおっしゃるのですか?
私には、これ以上手放すものはありません。

妻も、娘も、もうこの世にはいません。
あなたの元へ、もう導かれていったはずです。

あなたは、これ以上私から何を奪うおつもりなのですか?

そこから、あなたは自分の持つ財産をあらゆる人へと分け与えました。

自分の土地や財、あらゆる資産も分け与え、残った土地に教会のようなものを建てました。

そして、その直後にあなたは病で亡くなりました。

お父さん、あなたに伝えたいことがあります。

あなたはいろんなものを自分に課せられた負債だと感じていました。

そして、多くのものをその時犠牲にしたと感じていました。
私は、あなたの娘として生まれながら、あなたに何もすることができませんでした。

ずっと、謝りたい気持ちがありました。

私が病弱だった事は、あなたが背負うものでなく、私が自らその運命を決めて生まれていたものです。

あなたは、いつも私を気遣って、愛してくれ、そして安心させてくれました。
あなたはたくさんの愛を私に与えてくれました。

私がどんな状態にある時も、あなたはそばにいてくれました。
私は、その時に、愛を受け取ることを学びました。

そのための、その境遇であり、短い生涯だったのです。

私は、まだそこまで病弱ではなかった頃、寂しさを感じました。
お父さんが仕事で家を空けることが多く、お母さんが寂しいとつぶやいていることが多くありました。
そして、私も同じでした。
私が、お父さんがもっと家にいてくれたら、家族といてくれたらと願いました。
私は、その後病で床に伏せた後、お父さんがそばにいる時に罪悪感を感じました。
自分が願ったことが、「今ある自分たちの現状を引き起こしているのではないか」と感じたのです。
ですが、それは必然だったと理解しました。

お父さん、いつもそばにいてくれてありがとう。

あなたは、たくさんの人にとって素晴らしい存在でした。
あなたが家族に向けた愛から、そして、その後に人々に与えた愛から

たくさんの人々は「神の愛」を見出しました。

あなたの存在こそが、愛だったのです。
あなたは、魂の一面である「愛情深く、周りに愛を表現するもの」として輝きました。
それに、どんなに多くの人々が癒されたことか、あなたは知る事はできませんでした。

そして、今ここで語っている娘の私は、Mの過去世である魂の一面です。

Mが、あなたに始めてメールを送ったとき、彼女はあなたに何かを与えたいと感じました。

そして、あなたの求める未来を見たいと感じ、あなたにそれを見せたいと願いました。

今、彼女はあなたにメッセージをうちながらこのことを知っています。
これまであなたたちにこのことを明かさなかったのは、そのタイミングではなかったからです。

Mがこれまであなたに対して真剣に、何かを答えようとしたり、応援しようとしたのは

潜在意識の中にある「父親であるあなたとの過去世」の部分に感じるものが

大きく影響していたからです。

あなたが神に対して、向き合う抵抗を感じているのは、ただの恐れや不安からではなく

そういったことも影響しています。
あなたは、これまで他の過去世でも「与える側」を演じてきました。
同じように、「受け取る側」も演じてきました。

あなたは、これからはどちらを演じるという目的もなく、「今世のあなたを楽しむ」事が目的なのです。

自分が何故真剣に、真面目に向き合うのかという原因を、自分のマイナス面としてみないで下さい。

それは、過去世での愛するものとの死別や、辛い境遇、あらゆるものを迎えたときに受けた

あなたの魂の傷からくるものが影響しています。

あなたは、神を 「管理するもの、命運を定めるもの、試練をつくるもの」 という

厳しいものとして考えていました。
もちろん、ユーモアを取り入れ受け入れようとした事もありましたが、あなたの無意識には

その意思は届かず、恐れや不安は残っていました。

あなたとMの結びつきの深い過去世は、親子である関係が最も影響していました。

師弟関係もありましたが、そこはさほど重要ではありません。

その、親子としての絆が何度にも渡る輪廻転生を飛び越え

今、この瞬間という時まで結びついていました。

これからは、これまでとは違うスタンスで自分や神と向き合い、進めるようになります。

あなたはこれまで負債を支払ってきたのではなく、自らが定めた

「今、この瞬間」のための学びを積み重ねてきたのです。
それを、受け入れなさい。

そして、多くの素晴らしい出会いや感じる幸福に感謝しなさい。
あなたは、今世でたくさんの素晴らしい人達と、素晴らしい巡り合わせをするでしょう。

そして、あなたは多くの愛を、また人々に与えるでしょう。
そして、自らも多くの愛を受け取るでしょう。

あなたは、自分が祝福されし者だと知るでしょう。

今、この瞬間を、神に、そしてあらゆるものに感謝しなさい。
あなたの進む道に光を、そして愛を。

このメッセージを打ちながら、自動書記で打っていたのではじめて知ることばかりでしたが、驚くというよりも、涙が止まりませんでした。途中、嗚咽がもれてしまって、声に出して泣いてしまったのもあって、休み休み打ち続けました。自分がなぜBONさんに、はじめてあのメッセージを送ったのか、そして、今回こうやってメッセージをお伝えするのかをわかることができました。

魂がゆれるような感じで、言葉にならない感覚で泣いていました。BONさんが、読み上げてどう感じるのかはまだわかりませんし、予想できないんですけど、私は「ああ、娘だったんだなあ」と感じています。お兄さんじゃなくって、お父さんだったっていうのはちょっと驚きました。

いきなり、チャネリングがはじまったのに、「代理人にバトンタッチする」という展開になって「どういう流れになるんだろう??」って思ってたんですけど、まさかこんな流れになるとは思ってもみませんでした。だけど、すごく、これまでのことに素直に感謝できる自分がいます。

私はきっと、BONさんの娘である私の過去世で、多くの愛を与えてもらってたんだと思います。泣きながら、謝りたい気持ちやすまないと思う気持ち、申し訳ない気持ち、そして感謝を表したい気持ちでいっぱいでした。

これも、すべて「今の私」だけじゃなくて、たくさんの過去世を通しての、魂にとっての「必然」なのですね。 お父さんだったあなたと、またこうやって巡り合って、与えてもらったお返しができることに感謝します。今、この瞬間の「すべて」に、感謝します。なぜ、今日も仕事を休みになったのかも、理解できた気がします。


------------------------------------------------------------------------------


★12月14日午後6時  BONからMさんへのメール


Mさんへ


Mさんからのメッセージを2度読み終えて、今とても穏やかで優しい気持ちになっています。

このメールを初めて読んだとき、会社のデスクに座っていたので大変でした。

溢れでる涙を堪え、喉の奥の痛みに耐えるのに必死でした。

家で読めばよかった・・・と少々後悔しましたが、読み終えた今は、心が清清しく感動しています。


娘だったMさんの魂の一面・・・納得です。

つい最近、誰かにあなたのことを話した時に、娘のような存在だと言ったことを思い出しました。

私の魂は、無意識に過去世の記憶を蘇らせていたんですね(笑)。


今年の初めに、あなたから貰ったメールはとても印象的でした。

ブログの言葉に感謝したいとはいえ、なぜ、見ず知らずの人が私のために、リーディングメッセージを書いてきてくれるんだろう?嬉しい気持ちと不思議な気持ちが入り混じっていました。

そして、不思議なことに、すぐに会う機会に恵まれましたよね?採用活動で忙しい時期にも関わらず、東京出張の際には何とか時間を使って会いたいと思ったものです。


そして今、こうして二人に関する過去世の物語を聞いて心から納得しました。

娘であった貴女から、こうしてメッセージを受け取る幸福感を噛みしめています。

本当にありがとう。


今まで以上に自分が好きになり、より大きな自信が持てそうです。

私が変化していく、いや進化していく上で必要な情報が、こうして着実にやってくるように感じると同時に、私の人生に関わってくれる全ての存在に心から感謝したい気持ちで一杯です。

Mさんとの過去世の関係だけでもこれだけ感動できるのですから、私と関わりのあるたくさんの魂=ソウルメイトたちとこれからも素敵な出逢いを経験していけそうな予感がします。


不足感を嘆き、出来ない自分を責めるよりも、既に全てを与えられている今この瞬間に感謝したいです。私はこれからも神の愛の表現者であり続けたいと思います。愛しかないのだということを、私を通して伝えていきたいと思います。


書きたいことは尽きませんが、仕事中なのでこの辺で筆を置きたいと思います。

先日会えなかったことも、ここ数日の私の変化のために必要な時間だったと知り、そして今このようなメッセージを受けて、心から感謝したい気持ちです。

年始に会えることを楽しみにしています。

ようこさんやミュウさんとの関係性も楽しみです。

全てが神の壮大で完璧な計画の上で展開される宇宙のドラマなんでしょね。


再び巡りあえた愛しい娘“M”に心からの感謝を込めて・・・ありがとう☆


------------------------------------------------------------------------------


☆12月14日午後7時  ~MさんからBONへのメール~


今さっき、BONさんからのメッセージを読んですごくじんわりと暖かい感じに包まれました。

何回も、自分のメッセージとBONさんの感想のメッセージを読み直して、浸っている自分がいますw

人との出会いはすべて必然で、偶然ではないのだと改めて実感しました。

あのとき、直感に従ってメッセージを送っていなければ、今こうやってこのことを知ることは出来なかったんだろうと思うと、すべては用意されたもので、自分の魂の求めるものを知るまでに必要なものはほんの少しの変化のために必要になる勇気なんだなと思いました。

BONさんとの過去世を知ったことで、私自身もすごくいろんなものに対して改めて感謝しています。
他の周りの大切な人たちとの繋がりも知りたいと思いました。

きっと、いろんな人に愛を与えてもらったからこそ、私は今世でそのお返しをしたいと望んだのだろうと感じます。

私が払うべき債務があるからではなく、与えられた愛を返すために、自分で何かしたいと望んでいるのだとわかり、すごくそのことに感謝しています。

いろんな人との間に、まだわからないままのこともあるけれど、きっとタイミングがくればわかるんだろうなと思いました。
少しずつ、与えられるものを感謝したいです。

さっきのメッセージの流れもなんですが、すごくドラマのような展開で書き出している自分に驚いたのもありますが、何よりも感じたのが「こんな小さな展開でさえ、神はすべて計画していたのだろう」という事への驚きです。
きっと、これからもドラマチックな展開はたくさんあって、たくさんの奇跡や感動を体験していくんだろうなと思いました。

そして、多くの人に同じように、素敵な体験をしてもらいたいなあと思いました。
すべてが奇跡であり、感動であり、涙こそ真実を含むものなのだと思います。
きっと、これからは本当のBONさんらしさを発揮したペースで進んでいくようになるんだと思います。

お父さん、がんばって!!

娘より



12月に入ってから、私とMさんとの間でなされたとても不思議な魂の物語を4回に分けて掲載しました。

遠い過去世から現在の今この瞬間につながる、魂の深遠な物語はこれで終わりです。

正直なところ、当初私もこのような展開になることを全く予測できませんでした。

                                                                    

過去世で娘であった存在からもらったメッセージを読んでいるときは本当に不思議な感覚で

まるで、他人の映画を見せられているような気がしましたが、全てが受け止められる内容でした。


私とMさんにとって、魂の巡り合わせの不思議さと宇宙を司る神の存在、そして神の深い愛を感じられる

とても感動的な出来事で、感謝せずにはいられない貴重な体験でした。

                                                      

今世で再び巡りあえた娘・・・Mさんと神に心から感謝します!


   ~ 完 ~

AD

コメント(4)