173

【 第3チャクラ 】


自信とか、自我とか、パーソナルな統合の部分です。

さて、あなたのここは、どんな感じですか?


★私(BON)・・・う~ん、ここも同じですね。すごく自信があるときと自信がないときと。相変わらず自我に振り回されるときと、客観的に観ている内面の自分がいたり・・・あ~でも、振り回されることはなくなりましたね、自我と言う部分に。ちゃんと自我を客観的に観ているもう一人の自分というものを、しっかりと認識しているのが今の状態です。ただ、自我は出てくる。


ものすご~く、自分をよく知っていますね。私たちはきっと、あなたがここは完璧な答えを言うであろうと思っていましたよ。そして、その通りでした。あなたは本当に賢いんです。分析も出来るんです。その良さをたくさん褒めてくださいね。頭人間ではないんです。私たちは、あなたの思考・マインドに関して何度となく申し上げたかもしれませんが、あなたの良さです。今からは、大いに考えていただいて、大いに分析していただいても結構ですよ。それはOKです。


さて、あなたに申し上げたいことは、今日は唯一このことです。あなたはブレなくなっています。自分を知っています。ですから、今日はこの一点です。自信もできました。100%完全なる自信を持っていますと、全然言わなくてもいいんです。でも、自信ができました。何故だかわかりますか?


★私(BON)・・・自分が観えたから


その通りです。それはこういう自分です・・・BONさんが立っているのが見えて、目の前に“いい加減”って書いてあったんですよ。その横に“弱い”“我が儘”って書いてあったんです。どういう意味ですか?って訊いたら・・・いい加減で、弱くて、我が儘で、こういう自分でもいいじゃないって適当に思い出したんです。直そう、一生懸命直そうと思っていたんですが、もういいんじゃない・・・って思い出したんです。それが、あなたの自信につながりました。


何故なら、こうでなければ愛されないという概念を、本当は無意識で持っているんです。みんな、そうなんです、こうでなければ愛されない・・・だからやるんです。でも、そうでなくても愛されるんです。子供やパートナーに学んでくださいということを、前回申し上げませんでしたか?


★私(BON)・・・言われました


それは、ここにつながっています。彼女たち、そして、本当にあなたの宝物は、とっても自由なんです。でも、愛されているんです。つまり、いい人だから愛す訳ではないということを体現しています。存在そのものが、本当にみんな光なんです。それをあなたが、もし万が一、人にそうだねと心から言いたいのであれば、あなたが体現するしかありません。


体現と言うのは、自分がいるだけで光だよ、ということを、いい人にならなくても光だよ、ということを言うしかないんです。じゃあ、悪いことをしている人はどうなるの?と言う人はいるでしょう。悪いことって何ですか?例えば、殺人とか、泥棒とか、そういうのはどうですか?というかもしれませんが、宇宙は愛しています。彼らにも意味があります。ただ、感情があまりにもコントロールできなかったり、過去のナーバスなトラウマ的な傷が疼きだして、唯一自分を保つためにやったに過ぎません。わかってないんです。自分のやっていることがわかってないんです。わからない人を、誰も怒れません。ただ、わかってないんです。


だからこそ、あなたが知識を求めるのも、あなたのハートの情熱を広める上では、とっても役に立っています。知ることは、とてもいいことです。そして、あなたに言いたいことは、そのままでいってくださいということです。そして次に、唯一あなたに言いたいということは、今申し上げたことではなく、今から申し上げることです。


BONさんが喧嘩しているのが見えたんです。相手を見たら、パートナーだったんですよ。喧嘩っていうよりも、言い合いという感じでしょうか。どういうことですか?と訊いたら、BONさんが諭してるんですよ、パートナーを。でも相手も負けてないんですよ。お互い、冷静なんですが、エネルギーはあきらかに喧嘩なんです。自分はこうだ・・でも、自分はこうだ・・・みたいな感じです。どちらも引かないんですよ。


さて、こういう事柄もありますよね?例えば、こういうことが起こったときに、私たちがやっていただきたいことは、そのときの自分の態度・言葉・仕草、一旦それを外から見て欲しいんです。自分の言っていることをよ~く見て欲しいんです。そして、本当にこれが言いたいのかと自分に聞くことです。本当にこの言葉をいいたいのかと聞いてください。本当にこの態度を取りたいのかと、その瞬間に聞くことです。あなたの意図、それが何処にあるのかを自分で確かめることです。


あなたはよく、本当に言いたいことがあるのに、もうひとつ手前をします。わかってよという気持ちで・・・。言葉は尽くすんです・・・どこまでも。これをわかって欲しいから、こうなんだ、ああなんだ。そこまでは勿論言います。でもその奥にある本当に言いたいことは何ですか?


優しくしてよとか、優しくしたいんだとか、仲良くしたいとか、甘えたいんだとか、甘えて欲しいとか、大好きだよとか、そんなことを言われたら、僕は傷つくよとか、本当はそういうことを言いたいのに、そうではないことを一生懸命言うときがあります。さも100%、そうであるかのように、あなたはよ~く言っていますよ。でも、これはひとつの例であって、いろんな場合においてあなたはやっていますよ。常に訊いてください。本当に今、これを言いたいのか?と自分に訊くことです。これが更に、あなたのパーソナルな自我、これが本来の本物のあなたになっていくのを助けるでしょう。これが私たちの申し上げたかったことです。


173

【 第4チャクラ 】


ハートのチャクラ・・・つながりたいと思ったら開いているチャクラです。

さて、このチャクラは、ハートはどんな感じですか?


★私(BON)・・・基本的にはフルオ-プンですね。ただ、好き嫌いはあります。なんで、嫌いなんだろう?と考えることがあるんですが、人によっては見えないし・・・。まあ、嫌いなら嫌いでいいか~て感じですね。嫌いな人に無理に近寄っていかなくてもいいし・・・というような達観した部分も自分の中にあるんですけどね。でも、大半の人にはフルオープン、特にスピリチュアル系で出会う人には、もう全開って感じです。


その通りですね。そのままで行ってください。本当にあなたは柔らかくなっていますよ。別に嫌いでいいんです。本当にそれでいいんです。本当ですよ。そのまま行ってください。そして、あなたのハートはどんどん広がっていっていますよ。自分でも感じるでしょう。なぜなら鏡です。あなたの周りにいる人たち、あなたが仲良くしていらっしゃる人たちを見てください。ものすご~くハートをオープンにしている人たちが多いでしょう。それは、あなたがしているからです。あなたが、愛を溢れさせだしているからです。とってもいい感じですよ。そのまま、何も言うことはありません。とても綺麗なハートです。


さて、あなたのハートです・・・見てみましょう。そうしたら、水晶のハートが見えてきました。その中が虹色に光っていたんですが、何かが動いていたんです。そして、ハートの中をよ~く見たら、不死鳥・・・火の鳥が見えたんです。そして、その火の鳥は水晶から出てきて、虹色の羽根を広げて飛んでいくんですよ。その姿は光っており、火にように見えたんです。どういう意味かわかりますか?


これはもちろん象徴です。あなたのハートです。あなたは一旦死にました。昔・・・ガーンと落ち込んで、ハートがボロボロになったんです。そして、死んだかに見えたんです。そして自分でも、生きているけれどもこの部分だけは開かない・・・という部分を持っていたんです。私たちは知っています。あなたも知っていますよね。


ですから、ものすごく素直なのに、ものすごく疑り深い部分もありましたよね?人って恐いよねって、思っていましたよね。でも、あなたはまた蘇りました。さらに大きくなって、火から蘇りました。ハートが蘇ったんです。大丈夫、別に平気!という気分を持ったまま蘇りました。これがあなたです。


そして、他の人が今、そのまま死んでしまったかのように見えている人がたくさんいますよ。その人たちがまた再び、あなたが今やっているように、同じように羽ばたくのを、そして火を持って羽ばたくのを、あなたはどうしてもやっていきたいと思っていますよね。何故なら、自分もそれで楽しくなってきたから・・・と思っているのかもしれません。


極端な例で言うならば、あなたが大嫌いな人たちはハートがズタボロです。何故あなたは嫌なのか?それは閉じているからです。そこにあなたは、昔の暗~い自分を見るのかも知れません。表面はにっこり笑っているんですが、暗い重いエネルギーなんです。そして、その人たちは人生に一所懸命なんですが、表面的には何も考えていないように見えたり、とても意地悪に見えるんです。


あなたはそんなことはなかったでしょう。どんなに辛くてもにこにこ笑っていたでしょう。でも、どれもこれもちょっと重いんです。あなたにとっては、それがどうもダメなんです。だからダメでいいんですが、今その人たちの水晶の中にいる鳥は焼けてしまって、そして息絶え絶えになっているのと同じだということを忘れないでください。そして別に、嫌だな~と思ってもいいんです。忘れないということが大切です。


そして本当に、もうある程度自分の姿を知っている人、つまりまた、明るくなっている人の中に、あなたが火を点けてあげたいなぁと思う人は誰もいませんよ。実は、その人たちは全然大丈夫だからです。本当の意味で、あなたが本当は抱きしめたい人は誰なのかを自分に訊くことです。そうしなければならないのでなく、ただそれだけです。


でも、あなたはものすごく大きなハートですね。私たちは、だれが何を言おうとも、誰がどんな風にあなたを否定しようとも、誰がどんな風にあなたをジャッジしようとも、あなたの凄さを知っています。あなたは本当に、最高の愛そのものであり、宇宙の智恵を携えて、わざわざ地球までやってくることを選んだ魂だということを知っているからです。大変な事柄がたくさん起きた・・・それも知っています。


でも、今から更にあなたの力を発揮してください。あなたはものすごく、ものすごく力がありますよ。本当にみんな力があるんですが、私たちが申し上げたいことは、あなたが光の伝え手であり、ヒーラーであり、そして、最高の愛の現れであるという事実です。誰がどんなことを言ったとしても、誰がどんな態度を取ったとしても、耳を傾けてはなりません。特別な人間だと思ってもなりません。ですが唯一、特別なパズルのピースのひとつであると自分で思う分には構わないでしょう。あなたは特別です、オリジナルという意味で特別です。


私たちは本当に、あなたの情熱・愛・本当の意味での真実を探求するその飽くなき情熱と真実を広げるという情熱、あったかい平等の優しさが大好きです。自分が出来なかったこと・・・それらを忘れることです。


~ Vol.3 に続く ~

AD