黙祷を捧げます・・・

テーマ:

75


とても悲しい出来事がありました。私が人事を務める会社に、昨年内定していたK太郎君が、6月19日、帰らぬ人になりました。昨年10月1日の内定式直前に事故に遭い、生死を彷徨いながらも見事生還を果たし、順調に回復していると聞いていた矢先の訃報だったこともありショックでした。

奇しくも、先日ご紹介した『千の風になって』という曲を聴いて、何故かこの詩は絶対にブログに掲載したいと思ったのですが、丁度その時刻に亡くなられていたのです。


経緯をブログに掲載するかどうかで迷いましたが、告別式の今日、心からの祈りが彼の魂に届くように、彼の命の軌跡を少しでも残したく記事にすることを決めました。

鎮魂の祈りを込めた内容ですので、静かにお読みください。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


彼を迎えるはずだった入社式を目前に控えた3月初旬のある日、お母様からの嬉しい一通の手紙が届きました。


~以下、お母様からの手紙をそのまま掲載します~


路地に咲く紅白の梅が、早春の香りを運んで来るような今日このごろでございます。突然、お便りをさし上げますご無礼をお許し下さいませ。早いもので、息子K太郎の事故から五ヶ月が過ぎました。いろいろとご迷惑をおかけいたしまして、本当に申し訳ございませんでした。ようやく本人の病状も落ち着きまして、遅ればせながら、お詫びとご報告をさせていただきたくペンを執りました。


思い返せば、昨年の今頃は、就職活動本番の時期で、K太郎も毎日スーツに身を包み、出かけておりました。ご縁があり、貴社に内定が決まりました時の本人もさることながら、家族、親戚一同、嬉しく又、有難く感謝の気持ちで一杯でございました。大阪での内定式を目前にして、散髪に行った日の事故でございました。なぜか、その数日間だけ昼夜のアルバイトをしておりました。その日、夜のアルバイトを終え、バイクで帰宅途中、前を自転車で走っているアルバイト先の友人に声をかけた直後、バランスを崩したと思われ、電柱に衝突いたしました。


脳挫傷で救急率十パーセントといわれた手術でございました。六時間、十二時間、二十四時間と命の目安を告げられ、祈りながらの時間が流れました。内定式欠席のご連絡を、と思っていた矢先に、息子の携帯電話に、貴社からの電話がございまして、携帯電話をお守りのように握りしめていた主人が動揺のあまり、うまく話ができぬ状態だったようで、大変失礼いたしました。右側頭部を打った衝撃が左脳におよび、脳の腫れで、脳圧が上がるのを防ぐため、頭の骨の一部を外しました。五日目に意識が回復し、人工呼吸器も外されました。健康に育った子だという事が、唯一私を支えるものでございました。


事故から一ヶ月目に骨を戻す手術をいたしましたが、直後から高熱が続き、感染が原因という事で緊急手術で、再び骨を外しました。自分の骨はもはや使えず、次に人工骨をいれるのは、半年から一年先と伝えられました。先の事を考えず、その日一日を無事に過ごすことのみ頭におき、家族で見守る中、徐々に回復してゆくことができました。昨年末には、検査とリハビリのため、県のリハビリセンンターに転院し、二月七日、お陰様で退院いたしました。当初、不自由になるのでは、と心配しておりました体も元のようになりました。現在の後遺症としては失語症がありますが、会話で困る事はあまりなく、検査結果も徐々に良くなってきている事が本人の励みになっております。


今は、再手術までの間、自宅療養しながら、言語のリハビリに通院いたしております。元来、明るい性格なので、入院中も他の患者さんのお世話をしたり、医師、看護士の皆様にかわいがっていただきました。私共も、それを見て、救われる思いがいたしました。二言目には、勉強しなくちゃ・・・と言っており、四月の復学に強い希望を持ってリハビリを行っております。友人と会うたびに、俺は幸せだな・・・と変わらぬ友人関係に感謝している様子です。


失ったものも大きいですが、何よりも命のあったことに感謝し、与えられた運命を受け止め、今回の事で得た事を、自分の血肉にし、心を太くする糧にして欲しいと心から願っております。四年間の大学生活では、寝るために帰ってくるような息子でしたが、今、久しぶりに息子と向き合う日々の中で、改めて知る息子の明るさや優しさ、人懐こさが仕事に活かせる生き方を、共に考えてゆきたいと思っております。昨年来た友人に、○○会社(彼が内定していた当社のこと)再チャレンジするよ、と話している息子の前向きな姿に、ただただ、くじけず、頑張れ、と無言の声をかけました。


桜の季節ももうすぐでございます。昨年四月に、大阪まで面接に伺い、その後大阪城を見学してお好焼きを食べてきたと笑顔で話してくれた事を、昨日のように思い出します。内定までの間、何度も息子に接して下さいました社員の皆様に感謝申し上げますと共に、このような結果になり、ご迷惑をおかけいたしました事を、心よりお詫び申し上げます。末筆ではございますが、今後の貴社の益々のご発展を、心よりお祈りいたしまして、乱筆乱文にて御免下さいませ。


平成十七年三月七日

父 ○○ ○○○

母     ○○ 



しっかりとした考え方をされた素晴らしいお母様からの手紙を読み

心温まる想いをしていたのですが・・・

突然の訃報が、一昨日の22日、FAXで届きました。


~送られてきた、お母様からの手紙を掲載します~


○○株式会社 BON様


突然、このような形でお知らせするご無礼をお許し下さいませ。

BON様には、四月一日、わざわざお電話であたたかいお言葉をかけていただき、

本当に感謝いたしております。

去る六月十九日、元気にリハビリをしておりました息子K太郎が、外出先の駅のトイレで倒れ

発見が遅れたために、残念ながら旅立ちました。


元気でおりましただけに、無念でなりません。明日の通夜を前に、ふと、ご心配いただいた

BON様にご報告しなければと思い、ペンを執りました。

これまでのご縁に心から感謝申し上げます。

有難うございました。

六月二十二日

K太郎の母より



お母様から届いたFAXを読んで、すぐにお電話しましたが、気丈に話されるお母様の声が途中から涙声に変わられたときには、何と声をかけてよいものか、言葉に詰まりました。

最愛の息子さんを亡くされた母親の気持ちは察するに余りあり、突然の死に対するやるせなさと深い悲しみの感情が私の心に迫ってきました。

お母様の悲しみの波動を感じて、涙が溢れてしまいました。


そして今日、K太郎君の告別式がありました。

遠方のため、参列してお別れすることも叶いませんでした。

思うところはたくさんありますが、今は、この世での使命を全力で生き抜き

故郷に帰還した彼の魂を偲んで、心から冥福を祈りたいと思います。

ご縁があって、このブログに訪問してくださった皆様・・・

どうか、彼のために一緒に祈りを捧げていただければ幸いです。


80


最期に、K太郎君へ


君と出会えたこと、いつまでも忘れません。

内定者懇親会で集まったときの君のキャラクターは印象的でした。

小学校時代から大学まで野球一筋に頑張ってきた君は、とても負けず嫌いでしたが、

場を和ませる天性の明るさを兼ね備えた陽気で優しい青年でしたね。

そんな君を亡くされたご両親の悲しみは、想像を絶するものがあります。

どうか『千の風になって』、愛するお父様・お母様を見守ってあげてください。

君の魂を身近に感じながら、黙祷を捧げます。


~合掌~

AD

千の風になって

テーマ:

87

今日は、カードリーディング&ブリージングをされる友人のヒーラー/KEIKOさん宅で、毎月第3日曜日に開催されるスピリチュアルの会に参加しました。4月から始まったこの集まりですが、3回目を迎えた今日は、『エネルギー』をテーマにそれぞれの気づきを語り合いました。その後、彼女の誘導にそって瞑想をしましたが、とてもよい波動のエネルギーを感じることが出来ました。それぞれの気づきを話す中でシンクロの話が出たのですが、シンクロといえば、この会で始めてお会いしたNさんご夫妻のご主人が、私のこのブログを読んで下さっていたことがわかり、驚くやら照れくさいやらで不思議な気持ちでした。


前置きが長くなりましたが、この会の主催者であるKEIKOさんが教えてくれた詩が、とても心に響く素敵な詩だったので、是非紹介したくてブログを更新しました。それは、『千の風になって』という曲です。今日、聴かせてもらったのは、テノール歌手・新垣勉さんが歌われているCDでした。早速、家に帰ってインターネットで調べてみると書籍や映画にもなっており、朝日新聞の「天声人語」で紹介されて大反響をよんだ“死と再生の詩”という作者不詳の英語の詩を、芥川賞作家・新井満氏が日本語に翻訳・作曲されたものでした。


「千の風になって」


私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 眠ってなんかいません
千の風に 千の風になって
あの大きな空を 吹きわたっています

秋には光になって 畑にふりそそぐ
冬にはダイヤのように きらめく雪になる
朝は鳥になって あなたを目覚めさせる
夜は星になって あなたを見守る

私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 死んでなんかいません
千の風に 千の風になって
あの大きな空を 吹きわたっています

千の風に 千の風になって
あの 大きな空を 吹きわたっています
あの 大きな空を 吹きわたっています


★9・11米国、同時多発テロで、父親を亡くした11歳の少女が、一周忌に朗読した。

★IRA(アイルランド共和軍)のテロで命を落とした24歳の青年が

“私が死んだときに開封してください”と両親に託した手紙の中に、この詩が入っていた。

★女優マリリン・モンローの二十五回忌に朗読された。


“大切な人をなくしたときに、悲しみを癒してくれるのは、この詩かもしれない”

というフレーズが印象的でした。


曲だけですが以下のアドレスから視聴できます。↓

http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/sennokazeninatte.html

◆上述で作者不詳と記しましたが、HPで検索していると原作者の情報があったので添付します。

http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/prof/1000winds.html

AD

心の友たちとの再会

テーマ:

83


昨夜、ブログで知り合い、本当に自然な形で心の交流を続けてきた素晴らしいお二人の女性と再会しました。実を言うと、お二人とは初対面なのですが、私の直感では確かに再会だと感じたから不思議です。ひとりは、心のこもった唄で人々を魅了するシンガーソングライター“木下詩野さん” そして、たくさんの人々にワクワクを届ける夢の伝道者“村井美月さん”です。


詩野さんの庭である神楽坂界隈で、それは楽しい充実したひとときを過ごすことが出来ました。

水辺に映る灯りが素敵なイタリアン&木の優しさに包まれた洒落たカフェ&インドの神秘な(怪しい?)ムードが漂う不思議なお店を巡りました。二人とも、私が想像していた通りの人柄で、素敵な輝きを放つ自分らしさを持った方でした。何よりも会話が楽しく、このままいつまでも話していたいと思いました。きっと、転生を繰り返すプロセスで、何度も出逢っているソウルメイトなのでしょう。なぜなら、ブログで会話しているときにも感じていましたが、昨日会って話してみると、何ともなつかしい感じがしてなりませんでした。私の魂が喜んでいる波動が伝わってきました。

86

昨年の10月に、スピリチュアルな日記代わりに始めたブログを通じて、心と心の交流が出来るたくさんの素敵な人たちとつながることができました。スピリチュアル色の濃い内容だったので、最初は読者が出来ることが本当に不思議でした。私自身、ほんの3年前まで、スピリチュアルな話を語り合える友人・知人は誰一人いなかったからです。そんな話をすると、変な奴だと思われるという怖れがありました。それが今は、ワクワクしながらヒーラーを目指す道を進みながら、素敵な人たちとの交流を心から楽しめるようになりました。今では、スピリチュアルな会話が出来る人に全く不自由しません。自分でも信じられないくらいの変化です。


人生には、いろいろなことが起こります。勿論、嬉しいこと・幸せなことばかりではありません。悲しいこと・辛いことのほうが多い人生を経験されている方も多いのではないでしょうか。スピリチュアルな世界では、ひとつひとつの出来事には全て意味があるという人がいます。確かに、人生に意味のないことなど起こらないのかもしれません。しかし、私は自分の人生に意味を与えているのは、他ならない自分自身だと思っています。本当は、幸せな出来事や不幸な出来事などないのかもしれません。起こった出来事に、幸せや不幸という意味を与えているのは自分だからです。だからこそ、大切な自分の人生をもっと楽しくするためにも、自分自身で大切な意味を与えていきたいと思います。


木下詩野さんのブログ↓

http://angel-breath.ameblo.jp/

村井美月さんのブログ↓

http://waku-waku.ameblo.jp/


お二人からは、たくさんの気づきと素敵なエネルギーを与えてもらいました。

出逢うべくして出逢った二人に、心からの感謝を込めて!



AD

76


今日、sarasaさんのブログ で、『神さまへのインタビュー』が紹介されていました。

 

りりさんやTenさんも紹介されていたので私も拝見しましたが、とても素敵なメッセージでした。

 

という訳で、私も少しでも多くの皆さんに見ていただきたいと思って掲載させていただきます。


 神さまへのインタビュー   →      Interview with God    

68

『総務省が開催している「情報フロンティア研究会」で算出・推計され、5月17日に公表されたデータによると、2005年3月末時点の国内ブログサービス利用者数は、同調査によれば延べ人数で約335万人。ただし、複数のブログを掛け持つ利用者を考慮すると、純ブログ利用者数は約165万人であるとしている。また、少なくとも月に1度ブログを更新しているアクティブな利用者数は約95万人で、月に1 回以上ブログを閲覧している利用者は約1,651万人だという。今後の予測値としては、2007年3月末のブログ利用者は延べ人数で約782万人、アクティブブログ利用者数は約296万人、ブログ閲覧者数は約3,455万人に達すると予測している。』


短期間に、これほど普及したブログってすごいなと感心する反面、これだけたくさんあるブログの中から、こうして知り合いのなれた方との“ご縁”を本当に不思議だなと感じずにはいられません。そんなご縁で出逢ったおひとりに、心のこもった言霊を美しい唄にされる素敵なシンガーソングライター・木下詩野さんがいらっしゃいます。そして、彼女がご縁で知り合った作家・藤沢さとみさんの【たったひとつのプレゼント】を先日読み終えました。


85

読まれていない方のために、ストーリーを連想させるコメントは避けますが、人と人との心のふれあいに感動しました。人の心の冷たさ・虚しさ・やるせなさ・暖かさ・強さ・思いやり・etc、たくさんの感情を経験させてくれましたが、主人公や彼女を周りで支える人達の心に触れ、何度も熱いものがこみ上げてきました。それぞれの生きてきた環境や価値観の違いにより、たとえ、初めは理解できないことであっても、その隙間を少しずつでも埋めることができれば、人の心は変わります。心は何とでも変化できるのです。心とは裏腹に、言葉の行き違いやどうしようもない出来事があっても、自分の人生に正直に生きていれば、あきらめないで歩く決心をすれば、必ず変わるということを教えてくれます。とても感動できる素晴らしい一冊でしたが、この本を読んである人から聞いた話を思い出しました。


人の心(考え方)は一瞬にして変わるという例え話です。“美術館の話”というものですが、あらすじはざっとこんな感じです。

皆さんが美術館に行って、大好きな絵を観ていました。そこへ、二人の子供を連れた父親がやってきました。父親は一枚の絵の前に佇んで観ています。初めはしっかりと子供たちを見ていたんですが、そのうち、子供たちがわいわい言い出します。皆さんは父親に静かにさせて欲しいなと思うわけです。そのうち、今度は子供たちが走り回り始めます。何とかしろよって、皆さん思うわけです。それでも、父親は注意をしないで絵を観ています。何て親だって、周りの誰もが思います。そのうち、子供たちが喧嘩を始めます。わいわいわいわい・・・。それを見て周りのお客さんは切れて、何だって言って帰ってしまいます。それでも何の注意もしない父親に、皆さんは堪りかねて声をかけました。

「あなたね、ここは美術館ですよ、みんな絵を楽しみに来ているんだから、子供に何とか注意しなさいよ。」その声ではっと我に帰った父親がこう呟きました。「あっ、そう・・・そうだ。子供に注意しなくっちゃ・・・。みんな静かに絵を観に来ている・・・。」そして、次に父親はこう言ったんです。「でも実は、つい1時間前に、隣の病院で、あの子達の母親が息を引き取ったばっかりなんです。生前、親子4人でこの美術館で、家族の好きな絵をみんなで観て、そのあと、食事に行ったんです。そんな、楽しい家族の想い出がいっぱい詰まった美術館なんです。だから、子供たちに言ったんです。お母さん、亡くなっちゃったね。もう一度、お父さんと3人で、静かに想い出の美術館に絵を見に行こうよって・・・。」


そう父親が話したとしたら、皆さんはどう思いますか?その父親に対する考えは、変わりますよね。

ああ、そんなに悲しいこと・辛いことがあったのに、この子供たちは、その悲しみを忘れようとして一生懸命喧嘩しているんだって。お父さんにまとわりつかずに、お父さんも悲しいって・・・子供たちは子供たちなりに、お父さんの気持ちを察して、自分たちの気持ちを抑えていたんだって・・・。


それは、たった一言、皆さんがその父親に声をかけるということをしたからわかったことですよね。皆さんが声をかけなければ、他のお客さんと同じように、何て父親だと思っていたでしょう。そして、帰ってからも、家族にこう話したかもしれません。今日、とんでもない親子に会ったよって。

でも、声をかけて真実を知った皆さんは何て言いますか?きっと、こう言うでしょう。今日、素晴らしい親子を見たよ。亡くなったお母さん、とても幸せだろうなって。家族の想い出がある限り、お互いにおもいやって、お母さんの分まで生きていくんだろうなって。

この地球に生きている人間である以上、人の心を理解することは難しいことです。でも、勇気を出して、声をかけることによって、状況が一変することもあるということを知ってください。


『人は変われます。一人一人の勇気と、お互いを理解しようとするおもいやりの心があれば!

なぜならば、本当は心の奥でひとつにつながっているのだから!』


78


先週の土曜日の夜、約9ヶ月ぶりにヒーリングを受けてきました。2002年11月に1回目のヒーリングを受けて以来、実に10回目のセッションになりますが、私が受けているのは、ハンズオンヒーリングといって、BBSH(バーバラ・ブレナン・スクール・オブ・ヒーリング)認定ヒーラー/糟谷晴子さんによるものです。ヒーリング前のセッションでは、従来のようなワークはせず、彼女との対話の中で様々な気づきを得ることができました。私の魂の歩みに応えて柔軟に対応してくれる彼女の姿勢は、私にとって、とても大きなサポートになっています。これまでにも、たくさんの気づきや学びの場を提供してくれましたが、今回は今までに無い大きな気づきと感動を得ることができました。

  

ヒーラーへと向かう私の道程は、とてもとても順調です。意図のライン(ハラライン)が真っ直ぐに整ってきています。私の意志が明確で、宇宙との協力関係が始まっているからかもしれません。自分を信じるということは、自分が内包するエネルギーを知ることであり、その力を認めることにより、内なる神の意識とつながることが可能になります。今回のセッションを通して受け取ったメッセージをまとめてみると以下の内容になります。受け取ったと言っても、言葉で受け取ったわけではなく、エネルギーとして伝わってきた波動を私の言葉で表現するとこうなるというものです。よって、以下の文章は私の心の想いによって導かれた言葉(メッセージ)です。

  

地球上で起こっている様々な出来事に心を乱されてはいけません。ただ観察するのです。起こった事件や出来事に対して、悲しい・苦しい・辛いといった意味を与えているのは、他ならない自分自身です。人間として地球上に生きている限り、必ず自分に取って悲しいと感じる出来事が起きることもあるでしょう。それを否定したり、悲しみや痛みを感じないようにしなさい、というのではありません。ポジティブに生きることがいいことだと言って、無理にネガティブな感情を押さえ込む必要もありません。

  

悲しい・苦しい・辛いという気持ちを感じるのは人間である以上、自然なことです。ただ、悲しい感情に心(魂)全体を支配させてはいけません。客観的な視点で自分を観ること、即ち、悲しんでいる自分がいるという状況を観察することです。

  

自己憐憫・自己否定・自虐的、これらはエゴに振り回されている状態です。エゴに抵抗してはいけません。エゴは、私たち自身の一部でありますが、とても巧妙です。自分の最も賢い部分(知識)を駆使して、言い訳を考え、自分を正当化させます。エゴに抵抗する(戦う)ことにより、逆にパワーを与えてしまいます。

  

エゴの正体は、生まれてから今日までの間に、抑圧された自分の感情エネルギーです。“人から認められたい・褒められたい・よく思われたい”と願う“自分の中にある満たされない想い”です。こうしたエゴに対しては、抵抗するのではなく、ただ観察し、抱きしめてあげることです。そうすると、エゴは満足して溶けて消えていきます。エゴが消滅すると自分の中に在る本質、即ち、光り輝く神の部分が現れます。今日のセッションで気づいたこと、それは、『自分を癒すこのプロセスこそが、ヒーリングの真髄である。』と感じたことでした。

  

私のエゴは、私の中でこう囁きました。

『今の時代、人々が出す悪想念(自我・欲望・唯物主義)が渦巻いている中、地球はとても病んでいる。一日も早く、私が目覚めて何とかしなければならない。自分の使命に気づいた私が、地球上のたくさんの人々の魂を救わなければならない。』

  

一見、素晴らしいコミットメントに聞こえるこの思考こそ、私のエゴ以外の何者でもありません。エゴの声・・・それは幻想です。過ぎてしまった過去への悔恨と、起きてもいない未来への不安に根ざしたエゴは、誰の心にも潜んでいます。エゴも自分の一部です。否定したり無視したりするのではなく、エゴの声にしっかりと耳を傾けてあげることです。

  

それは、やりたくてもできなかった過去の自分の声かもしれません。社会や自分自身が作りだした常識という枠に捕われ、抑圧され、身動きが取れなくなった心の叫びなのかもしれません。エゴは、その存在を認めて欲しいのです。よく頑張っているねと褒めてもらいたいのです。ただ、抱きしめて愛してもらいたいのだということを、本当に心で感じたのでした。

  

このようにして、私の気づきのステップが新たな局面を迎えた後、はるちゃんによるハンズオンヒーリングを受けたのですが、何ともいえない感動がありました。

ヒーラーとの一体感はもとより、ヒーラーである彼女のHEF(ヒューマン・エネルギー・フィールド)を通して、私のガイドからと思われる無限の愛の波動を感じることができました。ヒーリングの最中、大量の光の粒子が私の全身に降り注がれているのを感じることもできました。

そして、“自分自身の細胞との対話、全てのチャクラが統合したという感覚、問題は何もないという自覚” を得ることができました。

  

全てを委ねるとは、神に依存するのではなく、神と一体化することだということが、本当に理解できたような気がします。

  

ヒーリング中のはるちゃんのエネルギーから感じたイメージは、“弥勒菩薩、観世音菩薩、薬師如来、聖母マリア”でした。

そして、もうひとつ感じたイメージは、同じ道を歩んでいる先輩であり仲間だという強い意識でした。私がヒーラーを目指す過程で、彼女から唯一の宿題をもらいました。それは、次に彼女と会うまでに、“誰も救わない” “誰も導かない” ということを決めるということでした。今回の宿題は、私がこれから自分の道を進んでいく上で大きなギフトになると思います。

  

☆救わなければならない人は、ひとりもいない。

☆導かなければならない人は、ひとりもいない。

  

そうです。一人一人にガイドがついており、一人一人の中に神が存在します。人それぞれに、その人の道があるわけですから、ヒーラーになった暁に私が出来るサポートは、その人を救うわけでも、導くわけでもありません。私を必要とする人があれば、ただ寄り添い、その人が決めた道を進んでいくサポートをするだけなのだと・・・。

とても大きな、そして大切な気づきでした。

  

~はるちゃんの大きな愛に感謝を込めて~