この1週間、現実の仕事の忙しさに飲み込まれ、スピリチュアルとは程遠い時間を過ごしていました。瞑想して自分の内なる声と向かい合う時間も取れず、少々疲れ気味です。自分のやりたいことが見えてきているにも関わらず、その道を思うように進んでいけないもどかしさに、あせっているのかもしれません。先週のセラピーでも、あせってはいけませんとマスターに言われましたが、頭ではわかっているつもりなのに現実はなかなか難しいものです。

私の心が不安定なためなのか、ブログに向かってもいつものようにメッセージが浮かんできませんでした。いつもなら、こんな内容で書きたいと思ってキーボードを叩き出すと勝手に文章になっていくことが多いのに・・・。

こんな日は、私のバイブルでもある“神との対話”と向かい合いたいと思います。はじめて『神との対話』を読んだとき、私が探し求めていた真理がここにあると直感的に思ったものです。それほど、この本に書かれたメッセージに感動しました。宇宙の真理が、この一冊の中で整然と展開され、動かし難いリアリティとして見事に結実しているように思えました。心身が疲れている今日は、自分の原点に戻って、自分を癒してくれる言葉を“神との対話”の中から抜粋して紹介したいと思います。

『ゆたかさ』とは何ですか?

『ゆたかさ』とは、あなた方『そのもの』のことだよ。忘れてはいるが、あなた方は本来『ゆたかさそのもの』なのだよ。すべてを含むものだ。
だが、あなた方は偽りの自分としての自我(エゴ)を身にまとうことでそのことを忘れている。だから、ゆたかさを感じられずにいるのだ。

いつも、エゴは「まだ足りない」と言う、「何かが成し遂げられたなら、満足する」と言う。「今のままでは、満足できない」と言う。そのために、あなた方は自分が本当は『ゆたかさそのもの』であることを感じられない。もっと素直な自分でいてごらん。


『素直な自分でいるって、どうすればいいんですか?』

あなたは、自分がしたいことを無我夢中でしているとき、「ゆたかさそのもの」になることができる。楽しさ、嬉しさ、喜び、満足感に浸ることができる。無我とは、エゴという偽りの自分をなくすこと、夢中とは夢といわれている観念だけの世界、本当の現実の中にいることだ。それは、我を忘れることだ。エゴに執らわれないことだよ。エゴとは、社会や親や学校、常識などによって教え込まれた価値観、観念のことだよ。

人生とは、ゆたかさを味わうためにあるのだよ。人生は、楽しむためにあるのだ。幸せを感じるためにある、ゆたかさを味わうためにあるのだよ。それはつまり、わたしと共にあるということを感じるということだ。
そして、「わたしと共にあるということを感じる」ことが、魂が成長しているというしるしだ。魂が成長すればするほど、私との一体感は強まる。どんどんわたしと統合していく。そして、ますますゆたかさを感じていくのだよ。

いままで、目にとめることも無かった道端の花にさえ、生命の輝きを観る。そよぐ風に大地の息吹を感じる。小鳥の声に、生命のつながりを知る。自分が大いなるゆたかさの一員であること、ゆたかさそのものであることを知るのだ。

さあ、エゴのささやきに耳を貸すのをやめ、誰かの評価を気にするのをやめ、あなた自身の心の声にしたがってごらん。直観に耳を傾けてごらん。わたしの流れに身をまかせ、自然なあなたでいてごらん。自分というゆたかさに浸ってごらん。


今日は、私の直感に従い、自分というゆたかさに浸る日にしようと思います。

AD
皆さんは、催眠療法(ヒプノセラピー)をご存知でしょうか?
今日は、私が受けさせていただいたヒプノセラピーの体験談をご紹介したいと思います。

15日(火)夜から東京出張に行き、18日(金)までの3日間、面接三昧の日々を過ごしていたのですが、今回の東京出張に託けて、別の目的を目論んでいました(笑)。それは、私のブログに読者登録してくださっている hypnoさん とお会いする約束をしていたのです!

昨日(18日)の夕方、面接が終わるや否や会社を逃げるように飛び出し、上野駅からフレッシュひたちに乗りこみました。期待に胸を膨らませた私を乗せ、フレッシュひたちは1時間あまりで常磐線/友部駅に到着しました。早速、hypnoさんに連絡して迎えに来ていただき、感動のご対面と相成りました。ブログで知り合った方と、こうしてお会しすることになるとは・・・ブログを始めた当初は夢にも思いませんでしたが、これも偶然ではなく、何かに導かれていたのだと感じます。昨夜は、初対面とは思えないくらい多くの話題で盛り上がり、本当に楽しい時間を過ごすことが出来ました。

そして今朝(19日)、hypnoさんによる催眠療法のセッションを受けさせていただきました。クライアントである私の不安を取り除くために、わかりやすく催眠療法の説明をしてくださった後、ソファーにゆったりと座りました。hypnoさんのソフトな声を聞きながら、全身がリラックスしていくのを感じました。催眠療法と言っても、自分の意識はしっかりあります。誘導の声に従って進んでいくと、中間世(何故かそう思えたのですが)の真っ白な雲の中で、白い服を身にまとい裸足で立っているブロンズの長い髪の人物を感じました。hypnpさんの「あなたは誰ですか?」と言う問いかけに、不意に私の口から出た言葉は“マリア”でした。予期せぬ名前が私の口から出たので、自分自身がびっくりしました。

その後、私のマスター(大いなる自己)と対面したのですが、ギリシャ神話に出てくるような雰囲気の男性でした。白い衣装を身に纏い、グレーぽい白髪の初老の男性で、とても優しい眼で私を見つめていました。hypnoさんの誘導で、その男性にいろいろな質問をしたのですが、向かい合っているとなかなか答えを聞くことが出来ません。答えを聞けないことにあせり始めた時、その男性が私に重なってきました。すると不思議なことに、私の頭の中に答えがはっきりと浮かんできたのです。それからは、hypnoさんの質問にも、私の口を通してすぐに答えが出てくるようになりました。

確かに私の口から言葉が出ているのですが、明らかに私が頭で考えて話しているのではありません。私の意識はしっかりしているのですが、私とは違う存在が話しているようでした。セッション後の振り返りで、hypnoさんにも指摘されてのですが、途中から話し方も全く違う人格に変わりました。話し方もはっきりとしてきて、自信に満ちた声だったような気がします。

マスターからもらったメッセージで印象に残っているものは

①もっと、肩の力を抜きなさい
②あせってはいけません
③~しなければならない・・・を手放すことです
④そのままのあなたで進んでいきなさい
⑤今に在り、今を生きることです
⑥自分をもっと信じることです
⑦もっと、私たち(マスター)を信じなさい
⑧私たち(マスタ-)が、あなたをサポートします
⑨あなたが自分の道を進めば、答えは後からついてきます
⑩あなたは必要な人と必要な時に、出会うべくして出会っています


もっとたくさんのメッセージをもらったような気がしますが、覚えているのは以上です。

今回のセッションを受けて感じたことですが、私の場合は、頭レベルの知識ばかりが先行していました。これからの私に必要なことは、とにかく実践していく中で、自分を成長させていくことだと感じました。セッションを終えて、hypnoさんからもたくさんの素晴らしいアドバイスを頂戴しました。『今回のセッショで自分の中に色々な変化もあると思います。自分の中に答えがある、実行(実践)すること・・・。今までの頭で分かっていたことも、自ら行動し、本当に体験し、(知ってる)自分へと変化の時期だったのでしょう。これからはきっと、実践していく中で沢山の気づきが出てくるでしょう。それは、全て自分の力になっていきます。』

ブログを通じて、hypnoさんという素敵なセラピストに出会えたことに、心から感謝します。この出会いも偶然ではなく、私が成長していくプロセスで、私のマスター(大いなる自己)が準備してくれた大切な贈り物だったに違いありません。
AD
「おまえは無理だよ」と言う人の言うことを聞いてはいけない。
もし自分で何かを成し遂げたかったら、できなかった時に
他人のせいにしないで自分のせいにしなさい。

多くの人が僕にも、「お前は無理だよ」と言った。
彼らは君に成功してほしくないんだ。

なぜなら、彼らは成功できなかったから。
途中であきらめてしまったから。
だから、君にもその夢をあきらめてほしいんだ。

不幸な人は不幸な人を友達にしたいんだ。
決してあきらめては駄目だ。

自分の回りをエネルギーであふれ
しっかりした考え方を持っている人で固めなさい。
自分のまわりを野心であふれ、プラス思考の人で固めなさい。
近くに誰かあこがれる人がいたら、その人にアドバイスを求めなさい。

君の人生を考えることができるのは君だけだ。
君の夢が何であれ、それに向かっていくんだ。
君は幸せになるために生まれてきたんだから・・・

―NBA マジック・ジョンソンから、黒人の少年達への言葉―



恐れや不安に基づいた思考(思い)は、やがて現実化します。
愛と安らぎに基づいた思考(思い)も、やがて現実化します。
そうして、現実化した出来事を、人は不運とか幸運とかと呼んでいます。これらの出来事は、自分自身が過去のどこかで必ず意図しているのです。私たちの人生は、自分の思ったことが現実化するという完璧な形で展開しています。時間の差こそありますが、私たちの意図は、やがて実現してゆくことになります。

環境のせいにしても、他人を責めても、そして自分を責めても仕方がないのです。人生は、もうすでに私たちのために道を用意してくれています。あとは、そのことを信頼できるかどうかです。内なるハイアーセルフ(大いなる存在)は、いつも私たちを愛し、応援してくれています。大いなる存在は、周りの人たちや環境や状況も、全てを包み込んで愛してくれているのです。大いなる存在とは本当の自分自身であり、ありのままの輝く光を放つ自分です。大いなる存在とひとつになることです。本当の自分を取り戻すことです。

私たち一人一人が、本当の自分らしい人生を生きると、今この瞬間はっきりと決めることです。すると不思議なことに、人生が微笑み返してくれるのです。一人一人の中にある大いなる存在が微笑んでくれているのです。私たちは、今、輝いています、今、自信に満ちています。

大いなる存在と手をつなぎ、人生とゆっくりと話しをするのです。人生は決して恐ろしいものではありません。人生はいつも私たちの思考(思い)を聞いてくれていただけなのです。自分の人生を信頼し、もう一度ゆっくりと向き合い、自分の夢をあきらめないで、夢に向かう道を進んで行きましょう。
AD
バーバラ・アン・ブレナンの“癒しの光”の中で、ロウアーセルフ(低い自己)とハイアーセルフ(高い自己)を書いた一節があったので要約してみることにしましょう。

ロウアーセルフとは、私たちの内面にある真の自己の姿を忘れてしまった部分です。世界は互いに切り離された否定的なものであると信じ、そのように行動する部分です。

ロウアーセルフは、ネガティブであることを否定せず、むしろ楽しみます。ネガティブな意図について正直であり、親切なふりをしたりしません。ロウアーセルフは、自分のことだけに関心があります。自己と他人との同時に関心を持つことが出来ないのです。何故なら、切り離された世界にいるからです。

自己の抱える痛みについて知ってはいますが、その痛みを感じるつもりはさらさらないのです。ロウアーセルフの意図は、切り離された状態にとどまり、やりたいことをやって、なおかつ痛みを感じないですませることなのです。


一方、ハイアーセルフは明晰で、愛することを自然に知っています。ハイアーセルフは、自己の内に内在する神聖な存在と直接つながっています。それは知恵と愛と勇気に満ちており、偉大な創造パワーにつながっています。それは、自らの人生で創りだされてきた全てのよいものを可能にしてきた部分であり、真の自分を忘れていない部分です。

平安・喜び・充足が人生にある時はつねに、ハイアーセルフが創造の原理に則ってあらわれています。「本当の自分の姿」や「真の自己」とは何かと疑問に思う時は、自分のこういった領域に目をやるとよいでしょう。そこにこそ、真の自己が表現されています。

人生のネガティブなところを、真の自己が表現されていると考えてはいけません。逆に、「自分の本当ではない姿」があらわれているところは、「真の自己」があらわれるのを自分で遮っている例なのです。ハイアーセルフの意図は、真実・一体感・尊敬・個性・明晰な自己分析・そして創造主との一体化を目指すことなのです。


バーバラによるロウアーセルフとハイアーセルフの説明が終わったところで、実際に私の中にあるロウアーセルフとハイアーセルフについて、考察してみたいと思います。

私のロウアーセルフは、私の中にある孤独感・無価値観と結びついて活動しているように思えます。小学校時代にいじめられている友人を庇ったことで、自分がいじめのターゲットにされたことがありました。弱いものを助けようとする心の声に従った結果、自分がやられてしまいました。

その怖れから、その後は誰かがいじめられていても、見て見ぬ振りをすることが多くなりました。そして、それだけに留まらず、自分がいじめられなかったことで優越感に浸り、怖れからいじめに加担までしていました。いじめられるのは、いじいじしているその人が悪いのだ、と自分に言い聞かせ、自己の行為を正当化していました。何故、いじめられている人がそうなっているのかを知ろうともせず、いじめられても無気力な人を見ると、だからいじめられるのだという、腹立たしさをも覚えていました。

また、自分が正しい、自分を否定する人は許せないという歪んだ感情もあったように思えます。最近でもよくやってしまうのは、日々の忙しさの中で心の余裕がなくなり、自分と他人は分離されているという幻想に嵌ってしまうことがあります。そんなときは、些細なことでいらいらして、排他的で利己的な自己が他人を責めようとします。

次に自己のハイアーセルフについてですが、ハイアーセルフを実感できるようになったのは、自分を愛するということを、頭の知識ではなく自分の心で出来るようになってきてからでした。以前の私は、夢をみることはあっても、それが自分で実現できるものだとはとても思えない人間でした。自分の可能性を、自分のパワーを、信じることが出来なかったからです。被害者意識が強く、自分で自分の可能性に蓋をしていたのかもしれません。

しかし、今は違います。私は自分の全てを愛し、許すというプロセスを日々実践している最中です。自分への癒しが進んでいくにつれて、自分の内奥から出て来る光りを感じ、魂の声を聞くようになってきました。これらの経験を通して、自分で自分をブロックしていたことを理解できるようになり、今では“高次の自己(ハイアーセルフ)”と自然体でつながっていられる時間が増えてきたように思えます。自分がやりたいこと、ワクワクする時間が増え、以前のように、“私は出来るんだ”と執拗に自分に言い聞かせなくても、大丈夫・大丈夫と思えるようになりました。

私は常に神様から愛されている、いつも守られている、という幸福感の中で、自分のやりたいヒーラーへの道を歩き始めています。ハイアーセルフとつながっていると、自分がとても楽に生きられます。そして、他人との距離がなくなり、『すべてはひとつにつながっている』という真実を、頭で理解するのではなく、そうであることを本当に心で感じられるようになってきます。 
『 しあわせは いつも じぶんのこころが きめる 』

私の大好きな“相田みつをさん”の言葉です。

昨年の暮れに、木梨憲武さん扮するドラマが放映されたのでご存知の方も多いと思いますが、戦中戦後の動乱期に青春時代を過ごした相田みつをさんは、誰のまねでもない“自分の言葉”を探し求めた書家です。

“いのち”の尊さを見つめながら、独自のスタイルで多くの作品を生み出した彼は、「私は書という形式を借りて、人間としての本来的なありよう、本当の生き方を語りかけているだけです」と言っています。自分の弱さや甘えを正直にさらけ出し、人間である自分をあるがままに表現した相田みつをさんの言葉は、時代を超えて、今を生きる私たちの心に、たくさんのことを語りかけてくるような気がします。

今、私たちが見ている世界は、自分自身の心の状態が投影されたものです。私たちの目に映る世界は、すべて自分の過去の投影です。私たちが持つ固定観念によって認識されています。一例を挙げると、『一面を雪に覆われた山々が、目の前に広がっている』ことは、客観的な事実ですが、それを見て『真っ白な雪に心が洗われるようで、とても清清しい』と感じるのは、その人独自の認識です。

『地球は、愛と光で満ち溢れた素晴らしい星だ。そんな世界で生きている人生は素晴らしい』と感じる人は、肯定的な心を持っているということです。
『地球上で、戦争があるなんて許せない。人生はどうして、思うようにいかないのだろう』と世界が否定的に見える人は、心の中に否定的な観念があるということです。否定的な固定観念は、否定的な感情をもたらし、不幸せを感じさせます。

もし、今幸せでないとしたら、それは幸せなことが訪れていないからではなく、幸せを選択していないからです。過去の否定的な出来事を投影し、否定的な出来事だという意味を与えるから、否定的な感情が涌いてくるのです。宇宙の基本法則は「与えるものが、受けとるもの」です。

愛のある世界にするためには、まず、自分が愛になること、そして、宇宙に蔓延する神の光と無条件の愛を、受け容れることが必要です。私たちが愛になれば、その愛が投影されて世界は愛に変わります。

私たちひとりひとりが愛になると、不安や恐れから解放され、本当に自分がやりたいこと、心からワクワクすることを選択できるようになります。そして、その愛の連鎖が徐々に広がっていくのです。最初は、たった一人の小さな変化にすぎませんが、その小さな変革が、やがては世界を変えていくことになるのです。