32年間の救急現場で学んだ幸せに生きるコツ

32年間の火災・救急・災害に出動し、様々な現場を体験して知った本当の幸せ。幸せになるための心を元気をお贈りします。

NEW !
テーマ:

昨日は、嬉しいお知らせがありました。

先月、鳥取県は伯耆町で行った講演会を見に来られた方からの電話でした。

「呼ぶ会」という伯耆町の有志の方々が実行委員となって開催された講演会でした。



   ↑ 実行委員の皆さんと


その講演会は、実行委員の方々と楽しく話し合いながら準備をしました。

講演会終了後は、来場された方々とたくさん話しました。

その中の一人の方からのお電話でした。



うちの子は、今まさにその年頃なんです。

先生のお話を、すごいタイミングで聞けて良かったです。

仕事の関係でここ数年この会の講演会に来られなかったんですが、

今日はたまたま日程が空いたので来たら・・・、

これって引き寄せられた? と思ったくらいです」



そんな会話をしたので、その方のことはよく覚えていました。





「お話がすごく良かったので、たくさんの方に聞いてもらいたくて」


と、その方の仕事関係の団体の会長・副会長さんに講演会講師に推薦していただいたそうです。


理事会でも承認されて決定しました、ということでした。

が・・・、なんとその日程は・・・、北海道で講演をする翌日の午前中なので、間に合わない!

その旨を伝えました。

なんでも年間行事として総会で決定して会場も押さえてあって、今まで変更されたことがないとのこと。

「今年がダメなら、来年は絶対にやってもらいたいので、予約したい・・・、

でも、諦めきれない!

難しいかもしれまないけど、相談してみます」




その数時間後に、

「理事会で承認されないと決定できませんが、会長と副会長は日程を変更してもいいと承諾を得ました!」

というお電話をいただきました。



何より、そこまで思ってもらえることに大感謝です。


今年は、そんなふうに講演会実現に向けて、何人もの方が一生懸命動いてくださいました。

もっともっと楽しく

もっともっと心に届く話と歌を


と、あらためて思いました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「我々経営者はもともと元気ですから、メンタルヘルスの話より、なんかこうモチベーションがグーンと上がるようなお話をお願いできませんか」

と、以前講演を主催された方から言われたことがあります。




今まで、いろんな経済団体の集まりで講演をさせていただきました。

確かに、みなさんお元気でした。




ご高齢な方も、はつらつとされていました。

私も見習わなければ、と毎回思うくらいです。




リーダーシップについて学ばれ、ポジティブ思考の方ばかりです。



何かを成し遂げるには、ポジティブ思考が推進力になってくれることは間違いありません。

しかし一方、それは諸刃の剣でもあります。








かつて、私は多くの自損行為の現場に出動しました。

講演では具体的な方法については話しませんが、それはもう様々な方法がありました。

想像を絶する驚くような方法を選んで亡くなられていた場合もあります。

それを目にすると、そこまで苦しい思いをされていたのだ、とこちらも胸が苦しくなりました。





命をなくされた方の中には、経営者の方もいらっしゃいました。

亡くなられた方の心理は、本人にしかわからないものでしょう。

それでも、がんばり過ぎる方が、心の健康を壊しやすいというのは事実のようです。





自損行為現場で、すでに亡くなられて時間が経過している場合など、救急搬送しません。

警察刑事課の方が到着され、現場を引き継ぐまで、救急隊員はその場にとどまります。

悲嘆にくれる家族が、亡くなられた方の最近の状態を話されることもあります。





真面目でがんばり過ぎてしまう人

がんばるのが当たり前で、特に疲労が溜まっていると自覚していなかった人

そんな真面目でがんばり屋さんであることが多かったようです。





多くの経営者の方は、

かつて、困難を自らの力で乗り越えてきたという経験から、どんな難問が押し寄せてきてもひるまない。

有名カリスマ経営者たちのように、むしろその困難を成長の糧にするのだという前向きな強い意志を持っている


そんな方だと思います。





事業の成長拡大のために挑戦する勇気

自身の理念を全うするための使命感

すべてが成功のためには不可欠なものだろうと思います。




しかし、生命を絶ってしまうまで心が疲労してしまっては元も子もありません。

年齢や環境や行く手を遮る障害の条件で、心のストレス許容量は変化するのだということを、知っておくことも必要です。

どんなに元気いっぱいな経営者さんの集まりであろうと、あえて「心の元気」について話しています。





ずいぶん長らくブログを休憩しましたが、週2くらいのペースででも再開しようと思っています。

どうせだったら講演会でお話するときのように、もう少し赤裸々に書こうと思います。

そんな気持ちもあってこのブログのトップバナーの背景画像を入れ替えてみました。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


とても地味だけど、一番大切なもの

について話すことが多くなりました。

それは何かというと・・・

安全です!


なんだ、つまらない話だなあ

なんて、今思いませんでした?



そうなんですよね、産業現場では、「安全」「安全」と耳にタコができるくらい毎日聞かされています。

めったに事故なんて起こらないし、なんて感じですよね。



車の運転もそうですね。

交通安全を心がけているつもりでも、ごくたまに「ヒヤッ!!」とした経験は、おそらくどなたでもあるのではないでしょうか。

そんなときに、あらためて安全の大切さを痛感します。





最近は、鳥取県危険物保安協会連合会の安全大会、3社の建設会社さんの安全大会と、安全大会続きでした。

かつて救急隊として、また救助隊として労働災害事故や交通事故に数多く出動しました。





目の前の大惨事を見ていると、普段は地味で耳にタコができるほど聞かされて、あるいは言い続け、教え続けていた「安全」の大切さを思い知らされます。



愛も恋も

家庭も職場も

悩みや心配や焦りも

充足や解放や達成感も


すべてが「安全」の上でこそ成立するものだということが、揺るぎようのない現実として迫ってきます。


なんでもないこの日常の中にこそ幸せがあるように、とても地味な「安全」にすべてが守られているのだということを、あらためて思い起こすことはとても大切なことですね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。