32年間の消防現場で学んだ幸せに生きるコツ

32年間の火災・救急・災害に出動し、様々な現場を体験を通して学んだ幸せに生きるコツをお伝えします。


テーマ:
冷食でもいいじゃないか! お弁当の思い出


GWは、どこか出かけられましたか?

連休中は朝のテレビ番組を見ると、毎年のことですが、当然行楽ネタが多くて、そのたびに懐かしい子育て時代を思い出します。

今朝のテレビでも、小さいお子さんがいる家族のお出かけシーンが流れていました。

お昼に食べるお弁当の中身を見て、懐かしいなあ、と思わずかつての我が家を思い出していました。



運動会、親子遠足などで、我が家はいつも同じメニューの弁当でした。

共働きだったので、超シンプル弁当です。

玉子焼きに唐揚げにちくわにきゅうりが入れた奴、とか。

それに、冷凍食品が入ります。



以前、息子と二人で居酒屋で飲んでいた時、玉子焼きや唐揚げなどを注文していて食べていたら、

「おかんの作る弁当、ワンパターンだったよなあ」

と息子が言いました。

「そうそう、今思うと笑えるよなあ」

「うん、たまに一人で冷食をチンして食べることあるけど、ふいに思い出すことあるわ、おかんの作った弁当」

「保育士でいっつも忙しそうにしてたから、弁当作るのも大変だったんだろうな」

「うん、あれはあれで懐かしいわ」


ブログなどで見事なキャラ弁画像をみると、とても作れそうもありませんが、今思えば子どもたちの弁当も作ってやればよかったと後悔することがあります。

そんな話をすると、

「あの頃は、全然あれで嬉しかったで」

と息子。

忙しかったら冷食で、全然いいんだなあ、と思いました。

ちゃんと愛情が伝わっていれば、それもこれも思い出になります。


ちなみに、私が高校の頃、母が毎日作ってくれたんですが、当時はなんにも思わなかったですね。

学校の昼食の時間、友人の弁当のおかずを見て、「いいなあ」なんて言ってたら、仲のよかった友人が、

「石川のなんかええ方だで。俺の弁当を見ろ」

と、見せてくれた弁当には、白飯の中央に醤油で煮しめたちくわが一本横たわっているだけでした。

「見事だなあ」

「戦時中じゃないんだから」

「何を言ってるんだ。銀シャリの弁当なんて贅沢だぜ」

なんて会話をしたことを、今でも覚えています。



農作業で忙しい時期は、当時はそんなものでした。

何せ、電子レンジもそこまで普及してなくて、冷凍食品も今みたいに充実していない時代でしたから。

今は、5百円玉渡されてコンビニで買え、というパターンも多いと聞きます。

当時の私なら、そっちの方が大喜びだったと思います。

栄養価とか安全性とか、いろいろあると思いますが、親の愛情があれば、子どもはちくわ一本の弁当でも、冷食でも、コンビニ弁当でもいいんじゃないかと思います。

一生懸命仕事している親の大変さが、いずれわかってきて、胸にジンとくるような思い出になるんじゃないでしょうか。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
お正月、お盆、GW

日本の年中行事的なこれらの日って、なんかいいなあと思うようになったのは、子どもの存在のおかげです。



大型連休真っ最中の方も多いことと思います。

楽しんでおられますか、GW?

今日、月曜日はお仕事の方や、GWこそかき入れどきで休みなしという方もいらっしゃるかもしれませんね。

我が家は、次男が大阪から帰省し、土曜日は我が家の玄関前で友人家族たちとバーベキューでした。

ちょうどその時に限って仕事が入っていた私は、準備する彼らに手を振りながら会場に向かいました。





喉やら気管支の調子が悪くなって3週目に突入して、この日の講演までに治るだろうかとずっと心配していました。

鳥取県中部の谷口病院さんグループの職員さんで構成されている「清友会」のイベントにお招きいただいての講演でした。

アルコールありの食事がはじまってしばらく後の登場にもかかわらず、一時間、みなさん手を止めてじっくりと聞いていただきました。





終わった後、何人かの方と記念撮影などしつつ、談笑。

実は、この会に招かれたのは二度目。

14年前は一時間ライブをやりました。



咳き込むこともなく無事に終えて、帰宅すると、我が家の玄関前は次男の友人たちの奥さんチームも参加し、盛り上がっていました。

賑やかな声を聞きながら、とても幸せを感じました。

ラッシュの中、何時間もかけて帰ってくれたこと。

私たち夫婦を気づかってくれる言葉を聞いて、しみじみ嬉しくなりました。



私が10年前に作って歌っていたる「里帰り」という歌の歌詞とはだんだん変わってきましたが、賑やかな友人との談笑を聞きながら、

こんな時間が続けばいいね

と思う気持ちは同じです。

 ↓ こちらで講演での「里帰り」聞けます



ただし、合間の語りはどっぷり鳥取中部弁なので、難解かもしれません(笑)
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

体調がよくなくて、長らくブログを休んでしまいました。

「ブログを休もう」と決めても、習慣とは恐ろしいもので、毎日、やっぱり5時には起きてしまいます。

寝込むほどの病気ではなかったのですが、集中して何かをやるほど元気でもない、という感じでした。

いやいや、あえて「年だ」なんて書きませんよ(笑)



メンタルヘルスでストレスの話になると、余暇を取りなさい、ということがよく言われます。

十分休むことも必要だし、余暇の過ごし方もストレス解消効果に影響を与える、とも言われます。

自衛隊のメンタル教官の下園壮太さんの本では、その休み方について書かれたものが多くあります。





十分休んで体力を回復したし、さて現場に復帰するぞ!

ということで隊に戻った隊員がメンタルを壊していくことが多かったそうです。

自分で思っているより疲れていた、ということなんですね。



体力が十分回復していない状態で、また任務について心を壊してしまう。

体と心とは、別物ではないということですね。



余暇のストレス解消に有効だと言われるスポーツさえも、体力が消耗した状態では、その場ではスカッと爽快感があるんですが、翌日の疲労感は増大していることに。

この判断がまた難しいところですよね。


私も、現職消防官の頃は、風邪をひいたりして、非番日に家に閉じこもっていると、

こんなふうに運動もせずにじっとしていていいのか

なんて、なんとなく焦りが生じて、ランニングを再開したりして、本回復しない状態が長く続いたこともあります。



現役中は当番日も必ず走ってましたねえ


心身ともにゆったりと休まないと、と意識的に休息をとったほうがいいようです。

と言いながら、ブログを書いている私って・・・(^_^;)
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。