子育ては「聞く」が9割でうまくいく

3つの「聞く」技術があれば、子育てのムダ叱りも イライラも ストレスも 減ります!
小学校教員 9年間の経験を生かした、子育ても 生きるのも 楽になるヒント★

ゆるっと☆にこママコミュ代表 和久田ミカです。

makiさんが 子育ては自分育て☆メールセミナーの感想を書いてくださいました。

メールセミナーには、個別相談が ついていますが、夫婦の考え方の違いについて ご質問いただいた件です。

$子育ては「聞く」が9割でうまくいく

「主人と子育ての方法が異なることがよくあります。

それってどうなの?と物申したくなったり、我慢したりしていました。

心のどっかで、主人は長男のことが嫌いだから、そんな嫌味な言い方してるんじゃないか。。

って思ったり。。

そんな色眼鏡をかけていたから、『そんな言い方されたらひねくれちゃうよ!』

って思ったりして、いいように見えなかったんです。

先日終了した和久田ミカさん のメールセミナーで、そこの所を質問させていただいたところ、

二人とも「子どもをよくしたい」というゴールは 同じ

という新しい視点をいただき、ハッとしました。

そういう風に考えれば、不思議なもので、え~っって思ってた主人の言葉がけも、愛あるものに感じられてきます。」


ありがとうございます。 makiさんの記事はこちらです。

夫婦で 子育ての方法が ちがう場合、よくありますよね。

うちも 夫と私の娘への接し方には、ちがいがあります。

でも、夫の方針に口を出したことは ほとんど ありません。たま~に腹立つけど…

どっちがよくて どっちが悪い、というわけでは ないのですよね。


どちらも「子どもをよくしていきたい」という思いは 一緒です。

お互い すり合わせてもよし。ちがっていても よし。

子どもは ママのものさしと パパのものさしの どちらも 学びながら成長することと思います。


で、もしも どうしても 自分と同じコミュニケーション方法を 子どもにも実践してほしいなら、まず 夫に やってみることです。

夫が そのコミュニケーションを心地よく感じたとき、自然と 真似し始めるかもしれません。

正しさを押し付けるよりも、効果的だと思いますです。

正しさは、人の耳を 閉店ガラガラシャッター シャッター シャッター状態(←聞く耳を持たない状態)に しますから☆


メールセミナー第7期のお申し込みは、1月5日からです。

今回は、メールコーチング以外に パーソナルコーチングのコースも設けようかな、とも考えています(まだ、わかりませんが)

よろしかったら、ぜひ コーチングを受けてみてねん。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

「聞く子育て」で子どもの心を育てる・和久田ミカさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント