子育ては「聞く」が9割でうまくいく

3つの「聞く」技術があれば、子育てのムダ叱りも イライラも ストレスも 減ります!
小学校教員 9年間の経験を生かした、子育ても 生きるのも 楽になるヒント★


テーマ:
ゆるっと☆にこママコミュ代表 和久田ミカです。
$子育ては「聞く」が9割でうまくいく

私が 信頼している方のお一人に、娘のピアノの先生がいらっしゃいます。

きっかけは、コーチングの講座で出会ったこと。

遠方の講座であったにもかかわらず、隣町にお住まいだったことや そのお人柄にひかれ、ピアノのレッスンをお願いしました。

娘は 頑張りすぎるところが あるのですが、先生の前では うれしいときはうれしい顔をし、疲れているときは ぐだぐだしています。

そのまんまの娘でいられることが、うれしいなあ~と思っています。

そのことをメールにて お話したところ、ブログに 書いてくださいました。

「ある生徒のお母さんから、うれしい言葉をいただきました。

先生の前での娘は、普段のままの娘なので 安心してレッスンに伺えます。という内容。

ここには2つのうれしい点があるのです。

まず、その子が、普段のままで、緊張しないで レッスンを受けられていること。

信頼されていると感じます。

もうひとつは、お母さんが、その子が普段のままであることを うれしく思っていること。

この2つ目は、奥が深いなあって思います。

だってね、親って、ついつい子供に「きちんとしている」状態を求めてしまいません?

もしかして、私だけ?

(でも最近ではそういうこともあまりありません・・この話はいつかまた♪)

そんな無言のプレッシャーを感じながら レッスンを受けていたとしたら・・どうでしょう。

感性の扉が開かないような気がします。

私のレッスンでは、生徒さんとたくさんのやりとりをします。

イメージについて話したり、目標について話したり、今出した音色がどうだったか話し合ったり・・本当にたくさん。

きちんとしなくちゃ
イイコトいわなくちゃ

って思ってたら、出てくる言葉も出てこないし、感じられるものも感じられないですものね。

(あ、普段のままでいるってことは、別に「態度悪い」ってことではありません。)

お母さんの受け止め方が素敵だな~ありがたいな~って思いました。」


ひろこ先生のブログはこちらです。

拝見して 目からうろこでした。

そっか~、私は娘に対して「きちんとしている」は求めていないんだな~と。

どちらかというと「がんばりすぎて、ムリしてないか」に 目が行きます。

(それが、よいとか悪いとかいう 話ではないですよ)

で、やっぱり そう思えるのは、先生のおかげかな~と。

ひろこ先生は ピアノの先生ですが、娘のスキル以前に 娘自身を見ているんですね。

「うまい」「下手」「できる」「できない」というところに フォーカスしていません。

娘が どんなふうに 演奏したいと思っているのか。

どんな目標に向かって 練習し、そのためには 何を していきたいと思っているのか


幼稚園生のときも、娘の可能性を 信じ、問いかけてくださいました。

評価を与えるのではなく、娘の中から 引きだしてくださるので、娘がムリをしないで のびのびしています。


こんなピアノの先生が どんどん 増えるといいな~と思います。

先生しだいで、子どもの伸びは ちがってきますからねん。

すばらしい出会いにドキドキ感謝です
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

「聞く子育て」で子どもの心を育てる・和久田ミカさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります