子育ては「聞く」が9割でうまくいく

3つの「聞く」技術があれば、子育てのムダ叱りも イライラも ストレスも 減ります!
小学校教員 9年間の経験を生かした、子育ても 生きるのも 楽になるヒント★


テーマ:
ゆるっと☆にこママコミュ代表 和久田ミカです。

娘には、6歳になったときから おこずかいをあげています。

ふだんは かわいい雑貨を買ったり、家族やじいじ・ばあばの誕生日プレゼントに使ったりしています。

あげるにあたって、娘と2つ約束しました。

丸おこずかい帳をつけること

丸少ない額でいいので、募金をすること(←これは1年生になってから、はじめたこと)

ぶた貯金箱 - 写真素材
(c) jun.SU.ストックフォト PIXTA


おこずかい帳は、まだ計算ができないので 一緒につけています。

いくら使ったのか。何に使ったのか。これからのために、いくら残しておけばいいのか。

そういったことを 考える機会にしています。

おこずかい帳を 整理していないうちは、次のおこずかいをあげません。

募金は、月に50円ほどです。たまったら、一緒に寄付に行く予定です。

寄付は、「すでに 十分に 満ち足りた生活をしているのだ」ということを 教える意味もあります。

だから、他の人にも 少しでいいから 分けていくんだよ、と 話しています。

経済的なことは 上を見たらキリがありませんが、今のままでも 十分 幸せですよね。

まだ1年生なので、疑問も持たずに 50円を募金袋に入れています。

親切なんかも そうですね。

親切にしていただいたら、それを 他の人にも おすそわけしていくこと。

娘の心に、何か 残ったらいいなあと思っています。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

「聞く子育て」で子どもの心を育てる・和久田ミカさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります