子育ては「聞く」が9割でうまくいく

3つの「聞く」技術があれば、子育てのムダ叱りも イライラも ストレスも 減ります!
小学校教員 9年間の経験を生かした、子育ても 生きるのも 楽になるヒント★


テーマ:
ゆるっと☆にこママコミュ代表 和久田ミカです。

昨日のお祭りで ボディペイントをしてもらった娘。

100円でやってもらえました。かわいいでしょう?

$子育ては「聞く」が9割でうまくいく
さてさて。

茨城では「お手伝い帳」というおせっかいな宿題があります。

お手伝いを自分で決めて、できたらチェックする、というノートです。

夏休み明けに、先生に提出します。

娘は、最初「玄関掃除とりんごの皮むき」と書いていました。

でも、玄関掃除を ほとんどやらず、皮むきばかり。

「決めたことはやろうね」と言ったところ、む~悩とした顔。

こんなときは お手伝いを通して 何を学ばせたいかを考えます。

約束を守らせること?

それとも、継続してお手伝いができること?

放っておいて、お手伝いは 子どもの責任だと わからせること?

何が 大事かな~?

ちょっと考えて、私の場合は 継続させて、がんばった経験を積ませたいなあと感じました。

約束したんだから やりなさいっ!と 毎日バトルするところに、エネルギーを使いたくないなあ、と。

ムリなくできる お手伝いを 考え直してもらいました。

今回 娘は「新聞を取りに行くのならできると思う」とのこと。

いまのところ、毎日 さいそくされなくても、お手伝いを続けています。

パパが、自分のために新聞を取ってきてくれるのだと勘違いして やたらと喜ぶのも やる気につながっているようです。

子どもが 失敗をしたときは、「何を学ばせたいか」の道しるべを持っておくと、選択肢が増えますネ☆
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

「聞く子育て」で子どもの心を育てる・和久田ミカさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント