子育ては「聞く」が9割でうまくいく

3つの「聞く」技術があれば、子育てのムダ叱りも イライラも ストレスも 減ります!
小学校教員 9年間の経験を生かした、子育ても 生きるのも 楽になるヒント★


テーマ:
ゆるっと☆にこママコミュ代表 和久田ミカです。

$子育ては「聞く」が9割でうまくいく

私が さまざまなワークショップや講演会で講師を務めて思うのは、ママたちは みんな がんばっているんだということです。

同時に、私はがんばっていない、もっとがんばらなくちゃ、と思っている人が ほとんどだということも 感じます。

「がんばっている」の基準がそれぞれなんですね。

自分へのハードルがとても高いんです。

私は、がんばっていても がんばってなくても、ママはその存在自体が 100点だと思っています。

がんばっているかどうかは あまり 問題ではないのねん。

がんばらない自分は価値がない、というココロの癖がある場合、いつも自分にダメ出しをしている状態になります。


でね。

それは 子どもに対しても 同じことなんです。

人は自分に接するように 他人にも接するのねん。

自分が そのまんまで いい、と思えると、子どもに対しての欲求も 少なくなります。

子どもも そのまんまでいい、と思えるからです。

あれができなかったら 大変、こんなふうに 育ったらどうしよう…そんな不安も 少なくなります。

親の期待に応えないから ダメな子、というレッテルを貼ることも 減ります。

親になると やっぱり いろいろと欲も心配も出てくることは 否めないけど、それに 振り回されにくくなります。

(「そのまんまでいい」というのは「努力しなくてもいい」「何もしなくていい」というわけではないですよ。

それでは、子どもの可能性をつぶしてしまいますよね。)


じゃあ、自分を そのまんまでいい、と思うためには どうしたらいいの?って よく聞かれます。

私は、自分と対話することだと 思います。

自分の話を よく聞くこと。

自分が 自分の最大の 味方になること。

その間には 葛藤もあるし、やっぱりダメ出しをしちゃうときもあるし、がっかりしちゃうときもあるのねん。

それでも くじけずに、自分に寄り添っていくことで、いつの間にか 自分を受け入れることができる、と感じています。

自分がやってみて 得たことだから、自信を持って 講座やメールセミナーなどで お伝えしていますよん。

完璧を目指さずにね、少しずつ 少しずつ。ですドキドキ

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

「聞く子育て」で子どもの心を育てる・和久田ミカさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント