子育ては「聞く」が9割でうまくいく

3つの「聞く」技術があれば、子育てのムダ叱りも イライラも ストレスも 減ります!
小学校教員 9年間の経験を生かした、子育ても 生きるのも 楽になるヒント★


テーマ:
昨日のワークショップでは、あちこちで「子どもが宿題をやらない」ということが 怒りの現場としてあがっていました。

そうですね~、宿題ってイライラポイント満載ですよね☆

でね。

よくあるのが、保護者は「先生がちゃんとしてくれないから、子どもが宿題をやらない」

教師は「宿題忘れは、保護者も一緒に 取り組んでほしい」

お互いに 責任のなすりあいをしているときが あります。

宿題って、人間関係にまで 影響を及ぼすんですね~。こわいわ~。

宿題は あくまでも 子ども問題です。

でも、支援は 教師も保護者も どちらもしないとね(と、私は思いますですよ)。

宿題をしてこない子は、家庭で勉強する習慣が ついていないことが ほとんどです。

家に帰ったら 遊んでご飯食べて寝る、…で、宿題は?という感じ。

習慣は、早いうちに 家でつけてあげた方が 子どももラクなのでは、と 私は思います。

習慣=当たり前にすること、ですから、苦でなくなります。

はみがきをすることと 同じレベルになったら、親も子もラクです。


教師の指導力が…と言いたいお気持ちも わかりますよん。

ただ、教師が 学校でうんぬん お話をしたって、子どもは 今を 生きてますからねん。

家に帰ったら、悲しいかな 忘れてしまうのです。

学校でも サポート。家でも 目配り、声かけ、習慣づけ。

それが 一番 効率のいい形じゃないかな~と、元教師の私は 思いますですよん。


誰の責任か、何が正しいか、を持ち出して 誰かをジャッジし始めると、何も いいことはないのねん。

宿題は 子どもが 家庭で勉強をする習慣をつけることが 目的。

そしたら、そこへ向かっていけばいいのだと思いますです。

誰のせいで 宿題をやらないか、という犯人探しは 二の次でいいのねん。

話は変わりますが、kyokoさんが、アメリカの小学校のことを レポートされています

アメリカは 日本とは比べ物にならないくらい、親が関わるようですね。

拝見して いや~、教師はラクだわ、そりゃ、残業しなくてもいいよね、って思いました。

ただ現場で 勉強を 教えるだけでいいんだもん。

(よいか悪いかは別として、日本のように きめ細かく生活指導をする国は めずらしいんじゃないかな。)

お国が変われば、当たり前も変わるんですね~。

共通するのは、学校を連携するとき、「自分の中の正しさ」を持ち出すと、キリがないということ。

子どもが よくなっていくためには どうしたらいいか、そこが ぶれないことが 大事なんだな~と思います。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

「聞く子育て」で子どもの心を育てる・和久田ミカさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります