子育ては「聞く」が9割でうまくいく

3つの「聞く」技術があれば、子育てのムダ叱りも イライラも ストレスも 減ります!
小学校教員 9年間の経験を生かした、子育ても 生きるのも 楽になるヒント★


テーマ:
パーソナルコーチングでは、よく 沈黙が訪れます。

たいていは、クライアントさんが 考えている時間なので ゆっくり待ちます。

私のクライアントさんの多くは、電話やスカイプで セッションしているので、顔が見えない分、沈黙を待つことがとても大事。

クライアントさんから 沈黙について 話が出たので、「待っていたんですよ」とお話ししたところ、

「ミカさんが、何か言ってくれないかな?と思って 困っていました」と 言われたことが 何度かあります。

それなら、そのまんま 言ってくださればいいのに~と思います。

「今、頭が真っ白で 何も浮かびません」と 正直にお話しくださればいいんですね。

それが、コミュニケーションです。

コーチが なんとか してくれるだろう、と思って待っていても、伝わりませんデス☆

超能力者じゃないですからねん。

コーチングって 対話です。ふつーに 思ったことを そのまま話せばいいんですドキドキ

確かにね、「困ってるのかな?」って感じるときが ないわけではないです。

でも、私が 先回りして 問題を解決してあげようとは 思いません。

沈黙は、ある程度の時間 待つことにしています。

写真素材 PIXTA
(c) higashizawa写真素材 PIXTA


もしかしたら、コミュニケーションが苦手…と思っている人は、同じような傾向があるかも。

・私が思っていることを 察してくれないかな

・相手の喜ぶことを 言わなくては

・何か すばらしいことを 言わなくちゃ

・相手が気分を害したらどうしよう

・つまらない人だと 思われたらいやだな

・沈黙がこわい…

ふつーに話せばいいのに、何かに とらわれている状態です。

コミュニケーションが 苦手というよりは、何か ストッパーがかかっている感じですね。

本当は とってもおしゃべりなのに、本来の自分が 出てこない感じ。


私はね~。ずっと 相手の喜ぶことを言わなくちゃ、っていうのが 大きなストッパーでした。

頭の中で 相手が喜びそうな言葉を探しちゃう 癖があったのねん。

でも、よく考えてみると 相手がどう思っているかなんて、本当のところ わからないじゃーん。

そこまでして 好かれる必要は ないじゃーん。

たぶん、いい人だと思われたかったんだな~。それが「気づかいのある人」だと思い込んでたんだな~。


そこに エネルギーを使うのをやめたら、ずいぶん ラクになりました。

自分のコミュニケーションの癖を知っていると、その癖を 外すことも できますよん。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

「聞く子育て」で子どもの心を育てる・和久田ミカさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります