子育ては「聞く」が9割でうまくいく

3つの「聞く」技術があれば、子育てのムダ叱りも イライラも ストレスも 減ります!
小学校教員 9年間の経験を生かした、子育ても 生きるのも 楽になるヒント★


テーマ:
ゆるっと☆にこママコミュ代表 和久田ミカです。

$子育ては「聞く」が9割でうまくいく

パーソナルコーチングや講座で よく 言う言葉があります。

「ゆっくりね」

何十年も生きてきたので、人間 すぐ変わろうと思っても ムリなんです。

たいてい、直したいと思うココロの癖は、自分が傷つかないように 守ってくれていたものが 多いです。

それを はがそうとするわけだから、痛いし、中は見たくないし、まあいいじゃん このままでも、ってなります。

だから、「ゆっくり 十年計画」ぐらいの 気の長さで 自分と付き合っていくことが おすすめなんですよん。

中の傷が癒えれば、自然に はがれます。


人って できるか・できないかに 注目しやすいです

どちらかというと「できない」ことに目がいくようにできてます。

講座を受講したのに できない。

パーソナルコーチングを受けてるのに、なんで 私は こうなのかしら…

もし、頭から、できるか・できないかの アンテナが 高く伸びていたら、少し 低くします。

「できる」「できない」という情報ばかりキャッチしてしまうので、疲れますもん。

アンテナが高く伸びている、っていうのは、そこに 意識が向きすぎている、こだわっている、という状態です。

自分で 調節する必要があるのねん。

他にもね、自分に どんな アンテナが立っているのかを 見て、高さを調節していきます。

どれを高くして、どれを低くすれば いいのかは、自分で 感じてみてねん。

(コーチングを受けると、こういった自分のアンテナを 客観的にチェックしてもらえますドキドキ


それからね。

私は 人間なので、日々 順風満帆、天国のような毎日とはいきません。

悩んでいてもいい。

苦しんでてもいい。

情けなくなるような出来事があってもいい。

それが 生きていくってことじゃないかな。

そんな中でも、豊かに生きていくこと、楽しく生きていくことって 私は可能だと思っています。

できたか・できないかに 目を向けすぎなければ、他のことが 見えてきます。

完璧でない自分を そのまんま受け入れたら、アンテナが少し 低くなりますよん。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

「聞く子育て」で子どもの心を育てる・和久田ミカさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります