子育ては「聞く」が9割でうまくいく

3つの「聞く」技術があれば、子育てのムダ叱りも イライラも ストレスも 減ります!
小学校教員 9年間の経験を生かした、子育ても 生きるのも 楽になるヒント★


テーマ:
ゆるっと☆にこママコミュ代表 和久田ミカです。

昨日の記事を ご紹介いただきました。

華子師匠のセミナーでご一緒したメンバーの力を最大限活かす!リーダシップ術★苅谷浩司さんです。

リーダーシップについて 書かれています。ぜひ ブログをご覧になってねん。

$子育ては「聞く」が9割でうまくいく

さてさて、昨日 尾木ママがテレビに出ていたのを、娘と一緒に見ました。

叱り方が テーマ。

そういえば、先日 つくば市の幼稚園から ご依頼いただいた講演のテーマが、感情のコントロールでした。

リンクしている部分もあるので、さっそく チェック、チェック。

尾木ママが ママたちの子どもへの対応に対して、○×を 付けてました。

見ながら、娘に 聞いてみました。

「ママに叱られて、いやだな~と思ったことは何?」

「薬をつけるから 早くしなさい!!って 言われること。もっとやさしく言ってほしいよ」

よっぽど いやだったのね、即答でした。

娘は アトピーなので 入浴後 肌が渇かないうちに、手作り軟膏か ワセリンを塗ります。

お風呂から出ても、裸んぼで フラフラと 遊ぼうとする娘に、毎日「早く!!」と せかしてました。

だって、早めに塗った方がいい、ってお医者様も言ってたから、焦ってたのよ~。


「どんなふうに 言ったらいいの?」と聞いたら「お薬塗りますよ~って言ってね」とのこと。

さっそく、入浴後に ためしてみました。

「みっちゃん、お薬塗りますよドキドキ

「は~い」返事はしたものの、絵を描いてます。

「みっちゃん、お薬塗るよ」「は~い」

「みっちゃん、お薬塗るんだけど…」「は~い」

みっちゃん・・・むかっむかっむかっ

何かを察した娘が、あわてて ごろんと寝ころびました。

娘の場合は、他の方法の方が 合ってるみたいですね…。やさしく言っても聞いてないし

・事前に、「お風呂を出たら、すぐに”ごろん”してね」と 約束しておく

・興味を引くテレビを付けるなどして、気を引いておく

この辺の対応の方が 娘には 合っていそうです。

言葉で言っても、夢中になってると 子どもには聞こえないもんね。

写真素材 PIXTA
(c) MakiEni写真素材 PIXTA


余談ですが、番組で3・4年生の子どもたちに「親の叱り方で納得できないところ」のアンケートをしていました。

結果は 次の通りです。

1位 わかっていることを注意する
2位 何度も同じことを言う
3位 理由も聞かずに怒る

う~ん、確かに 子どもの頃に 同じことを思っていましたね~。

子どもの気持ちも わかる~~~!

でも、親になってみると、ついつい やっちゃいますね~、この3つは。

ココロに留めておこうと 思いますです☆
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

「聞く子育て」で子どもの心を育てる・和久田ミカさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります