子育ては「聞く」が9割でうまくいく

3つの「聞く」技術があれば、子育てのムダ叱りも イライラも ストレスも 減ります!
小学校教員 9年間の経験を生かした、子育ても 生きるのも 楽になるヒント★


テーマ:
今日は、娘の 初登校。

時間に間に合うように 支度ができたものの、落ち着きがありません。

「ママ、帽子につけるこのマーク、付け方がまちがってるよ!」突然、娘が 怒り出しました。

プリント見本には、なぜか 男の子の帽子の見本しかなく、うろおぼえで 帽章をつけたんですね。

私も 自信がないので、「これでいい」と断言できません。

娘は、泣きながら 「ちがうビックリマークちがう!!」と 怒っています。


一見、私を 責めているように聞こえますが、ちがうんですネ。

娘は、ものすごく 緊張しいなの。赤ちゃんのときから、場所見知りがひどい子でした。

だから、帽章の付け方がまちがっているかどうか、が この話の根っこでないのねん。

「この帽章の付け方は合っています」と言ったところで、またちがう心配の種を 持ち出してくるだけです。

娘の 話の根っこを聞いていて、不安なんだなあ、と感じました。

写真素材 PIXTA
(c) kaiyo56写真素材 PIXTA


そこで、

「みっちゃん、初めてのことばかりで 緊張してるんだね。これでいいのかな、って不安なんだね」

と 気持ちを 代弁しました。

すると、うわ~~~んあせると 泣き出しました。

よっぽど 緊張していたと見えます。

抱っこして、少し 泣かせました。

落ち着いたところで「帽章は、まちがっていたら、直せばいいんだよ。」と 話をしました(←これは、納得できなかったみたい汗

担任の先生が「泣き虫は大嫌いだから、泣かないでね」と 念を押していたこともあり、泣いてはいけない と思っていたのかもネ。

私は、子どもが泣くことは 大歓迎なのですが、先生によって 方針がちがうのは しょうがないですね。

そのぶん、家で たくさん泣かせてあげようと思います。

そのあと、時間になったので 通学班の集合場所に向かいました。

幼稚園のときみたいに、気が済むまで 泣かせてあげられないのは、せつないです。

がんばれ、娘~☆ 楽しいお顔で 家に戻ってくるといいなあ。
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

「聞く子育て」で子どもの心を育てる・和久田ミカさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります