子育ては「聞く」が9割でうまくいく

3つの「聞く」技術があれば、子育てのムダ叱りも イライラも ストレスも 減ります!
小学校教員 9年間の経験を生かした、子育ても 生きるのも 楽になるヒント★


テーマ:
つづきです。

私が、「高いからムリ」とあきらめていたコーチングを 学ぼうと思ったのは、保護者とのトラブルから。

自分のコミュニケーション能力のなさに 気づいたのねん。

あのとき どんなふうに対応したらよかったんだろう…、退職後も ずっと 悩んでいました。

実は 迷っている間、ちがうコミュニケーションスキルも 学んでみたんだけど、しっくりこなかったのねん。

ココロが ワクワクしないのダウン

やっぱりコーチングが学びたい!!どーしても コーチング!わくわくする~ドキドキ

清水の舞台から 飛び降りるような気持ちで 夫に相談し、学び、今に至ります

3年前の出来事です。


これが、「感情」「ココロの声」です。

思考が入ってくると、ややこしくなります。

「そんなお金はどこにある」「学んだところで、本当に仕事になるの?」「もっと安い○○を学んで、がまんしなさい」


私ね、今までの人生 たいてい ココロの声にしたがって 動いているときは、うまくいってます。

直観って 意外と 当たるのねん。

人付き合いも 仕事も 子育ても。

ネガティブな感情のときも そう。

ココロの声を無視して 思考に頼ると、状況を 自分で むずかしくすることがあります。

思考って、「~するべき」「~せねば」が 無意識に入ってくるので、ややこしくなることが あるのねん。


今ね、こういった話についても 詳しく書いている メールセミナーを作っています。

下書きを モニターの方に ご覧にいただいている段階なんだけど。

ほんとは 4月に募集を始めたかったんだけど、少し伸びそう。

震災のダメージが大きく、まだフル稼働とはいかないため、6月に募集する予定です。

自分の可能性を開く、自分軸をしっかり作るための メールセミナーです。

メールコーチングを付けるか 付けないか。

アウトプットするための場所は 必要か、不必要か。

いろいろと 考えていますよん。

まずは、育児の合間を縫って 今目の前にある お仕事を がんばっていこうと思います。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

「聞く子育て」で子どもの心を育てる・和久田ミカさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント