子育ては「聞く」が9割でうまくいく

3つの「聞く」技術があれば、子育てのムダ叱りも イライラも ストレスも 減ります!
小学校教員 9年間の経験を生かした、子育ても 生きるのも 楽になるヒント★


テーマ:
>>地震のことを話そう@お茶会は、満席になり 締め切りました。



先日セッションをしていて、考えさせられることがありました。

○ 丸 ● ぐるぐるなぜ 感情を感じる必要があるのか?

私は いつも ラクに生きたい、と思っているからこそ、感情を感じた方がよい、と 考えています。

でも、ちがう「ラク」の観点を持っている方もいるんだなあと 感じました。


私にとっては、感情を感じることは ココロの声を聞くことです。

ココロの声を聞くことが 大切~!とお話ししています。

私が いつも思うのは、ココロの声に 耳を澄ませていると、自分が本当にやりたいことが わかるなあということ。

たとえばね、私が コーチングに興味を持ったのは 10年くらい前です。

新聞に 子育てコーチングの記事が載っていて、とても興味を持ち 切り抜いて とっておきました。

そのあと、コーチングについて 調べてみたんだけど、とてもお金がかかることがわかり あきらめました。

しばらくして、教育雑誌で コーチングについての記事を 読みました。

すばらしい!!と 感銘を受けました。

で、再び コーチングについて 調べてみたんだけど、やっぱり高い…と あきらめました。

その後も 何度も 同じようなことを繰り返し、そのたび あきらめました。

私のような 一介の兼業主婦には、分不相応だなあと 思っていたんですね。


でも、大切なことは、形を変え 時期を変えて 私に 問いかけてきます。

そのあと、どうしてもコーチングを学びたい!!と思うようなできごとが 起きました。

長くなるので、次の記事へ☆
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

「聞く子育て」で子どもの心を育てる・和久田ミカさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります