子育ては「聞く」が9割でうまくいく

3つの「聞く」技術があれば、子育てのムダ叱りも イライラも ストレスも 減ります!
小学校教員 9年間の経験を生かした、子育ても 生きるのも 楽になるヒント★


テーマ:
ゆるっと☆にこママコミュ代表・和久田ミカです。

ふと思い出しちゃいました。

大学生の頃、私「今日はうつっぽい」って よく言ってる時期がありました。

わけもなくふさぎ込んでみたりして、かなりのフシギちゃんだったと 反省…あせる

彼氏なんかは、振り回されたことでしょう汗

あの頃のことを 振り返って思うのは、その根っこは 見て見て光線ビームだと いうこと。

心配させて、人の気を引きたかったのねん。若気の至り~。イタイ人だった…バッテン

写真素材 PIXTA
(c) yanmo写真素材 PIXTA


子どもでも 同じようなことが あるかもしれません。

お腹がイタイと言ったら 心配してくれた、という体験から やたらとお腹が痛くなったり。

幼稚園に行きたくない、つまんない、と言ったら、ママが 根掘り葉掘り 話を聞いてくれたり。

うれしい気持ちがあると、行動がパターン化します。


行動の根っこにあるのは「ママ 僕のこと もっと見て見て!!」という無意識の気持ちです。

そんなときは、いくつか 対処法がありますね。

○ 丸 ● ぐるぐるよくないパターンのときは さらっと 流し、他の場面で 子どもの心を十分満たしてあげること

○ 丸 ● ぐるぐるパターンが出る時間が 決まっているなら、その前に 十分 甘えさせて予防すること。

○ 丸 ● ぐるぐる思い切って時間を取り、満たしてほしいという気持ちを受け止め、お腹をなでるなどして 安心させてあげること。

他にもあるかもね。選択肢はたくさんあった方がベター。

子どもを よ~く観察し、いろいろと試す中で、子どもに合った方法が 見えてくると思います。


子どもの「見て見て光線ビーム」は 満たされなかったとき、大人になるまで 未消化で くすぶることがあります。

それが 共依存や自己肯定感の喪失につながったりすることも。

セッションしているとよくわかりますが、子育てをしていくと 子どもの頃の感情のふたが開くんです。

今感じている怒りが、実は 子どもの頃 両親に向けられていた 過去の怒りだったりね。

この話は、書き始めると長くなるので 今日は割愛します。のちほど機会がありますときに☆

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

「聞く子育て」で子どもの心を育てる・和久田ミカさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント