子育ては「聞く」が9割でうまくいく

3つの「聞く」技術があれば、子育てのムダ叱りも イライラも ストレスも 減ります!
小学校教員 9年間の経験を生かした、子育ても 生きるのも 楽になるヒント★


テーマ:
ゆるっと☆にこママコミュ代表・和久田ミカです。

$子育ては「聞く」が9割でうまくいく

だいぶ前の話になりますが、妹に 「みっちゃんって、たまに ひどい口をきくよねむかっ」と言われました。

娘は 身内には はっきりと物をいう方なので、イヤなことは「イヤっ!」「やめてっ!」と言います。

それが わがままだと感じたようです。

便乗して 父が「そうだ、そうだ。しつけがなってない」と 言い出しました。


たぶん、心理学を学んでなかったら 落ち込むか、怒りがわくか していたと思います。

今回は、「あ、そうなのね」と 思っただけでした。

実家は とても厳しいしつけをしていたので、それを 基準にして 言ったのでしょう。

親に 口ごたえなんかしたら、ぶっ飛ばされましたからね(笑)

妹は 子どもがいないので、余計に びっくりしちゃったのかな。

人の基準って 人それぞれ。

どれが正しくて まちがっている、というわけではありません。

そういう風に思う人もいるのね、と 思って、ココロの中の「そういう考え方もある」という引き出しに 大事に 入れました。


でね。

こういうとき、他人に振り回されないために 私は 娘自身を見ます。

娘は 確かに はっきりものを言うときがあるし、どちらかというと神経質で、育てにくいと感じるタイプの子。

でも、何か問題を 起こしているわけではありません。

私は 特に 問題はないな~、順調に育ってるな~と 思います。

(妹にそう言ったら「ばか親の典型だ」と言われましたが… 汗

ただ、口調が強くなるときが あることは 確かなので、その辺は 娘の課題ですね。

娘には、

「強く言われたので、おばさんがイヤな気持ちになったみたいだよ。どんなふうに 言ったら いいかな?」

とだけ 投げかけておきました。

(娘は、私の顔をじーっと見て何も答えませんでしたが、それでもOK)


私のココロを感じてみると、少しだけ、悲しい気持ちあったので それは 味わいました。

娘を認めてもらえなくて 悲しい。うんうん。そうだよね。こんなにかわいい娘なのに~!がんばって、子育てしてるのになあ。

味わったら、軽くなりましたドキドキ

他人に振り回されないためには、人と自分の間に 境界線をしっかり引くこと、大事ですね

こういう記事を書くとね、「私はできません」とか「すごいですね」とかコメントをいただきます。

いえいえ、たぶんそれはね、自分と向き合う方法を 知らないだけなのねん。

学校では教えてくれなかったものね。

私は 心理学を学んで とても子育てが楽になりましたよ。

さらにたくさんの人に伝えていきたいな。それが今年の目標の一つです。

いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)

「聞く子育て」で子どもの心を育てる・和久田ミカさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります