子育ては「聞く」が9割でうまくいく

3つの「聞く」技術があれば、子育てのムダ叱りも イライラも ストレスも 減ります!
小学校教員 9年間の経験を生かした、子育ても 生きるのも 楽になるヒント★


テーマ:
娘は、昨日 ピアノのレッスン日でした。

弾き方を教わっているときに、娘が 一言。

「この音、色が薄い」

手に余計な力が入ってしまって、音にエネルギーが なかったんですね。

この表現の仕方、さすが 視覚系の娘だわ~と 感心してしまいました。

今度は、力を込めて 鍵盤をたたきました。

「今度の音は、色が濃い」

音まで 色がついているのねん。おもしろい。


視覚系に関する話を、もう少し。

娘が 今 凝っているのが、国旗と地図。

しまじろうの付録なんだけど、お風呂に貼れるシートを 入浴時に 熱心に見ています。

どこと どこの国旗は 似ている、とか、この国旗の色が好き!とか。

○○県は どこにある?とか、○○という国は ここ!とか。

視覚系は、とにかく カラフルなものや いろんな形が 大好き。

お風呂は しばらく 国旗と地図で 楽しめそうです。


最後に、もうひとつ 算数について。

算数をするときは、視覚を使います。

娘の場合も そう。頭の中に 10個のブロックや 時計があります。

一けたの足し算、引き算は 特に教えていなくても、頭の中のブロックで 暗算ができます。

「15分後は何分?」といった計算も、概算ですが 頭の中の時計で できるようです。


視覚が強いタイプのお子さんは、同じような 傾向があると思います。

観察してみるのも楽しいですドキドキ
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

「聞く子育て」で子どもの心を育てる・和久田ミカさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります