子育ては「聞く」が9割でうまくいく

3つの「聞く」技術があれば、子育てのムダ叱りも イライラも ストレスも 減ります!
小学校教員 9年間の経験を生かした、子育ても 生きるのも 楽になるヒント★


テーマ:
昨日の鹿島のワークショップのテーマは、「叱る」でした。

叱られて良かった体験を 話し合っていただいて わかったことが2つあります。

ひとつは、意外と 叱られて良かったという体験は 少ないこと。

あっという間に 話し合いが終わってしまったグループもありました。

育ってくる間に すっごくたくさん叱られ、怒られてきたはずなのに、「よかった!」と思うことは 本当に 少ないんですね。

つまり、叱り方には コツや技術が あるということです。

昨日は、ちょこっとだけ 伝授してきましたですよ~。

もうひとつは、種まきの作業だということ。

叱られて良かったという体験で一番多かったのは、マナーやルールについてです。

大人になって そのありがたみがわかった、という意見が多く出ました。

ということは、子どもが泣こうが 暴れようが ぐずろうが、伝えなくちゃいけないことがあるんですね。

種まきの作業です。

芽を出すのは 大人になってからかもしれないけど、毅然とした態度で 親として 教えておかなければいけないことがあります。

ひとそれぞれ ちょっとずつ 違うと思うけど。

昨日のワークショップでは、子どもをよく観察してくださいねドキドキと 何度も 申し上げました。

子育てには、正解がありません。

そのかわり、たくさんの選択肢があります。

親としての思いに加えて、子どもに合った対応が 大事でございますですよ~。

受講者の皆様に 何が伝わったかな。

ご依頼いただいたワークショップや講演は、アンケートの結果がわからないので ちょっと気になります。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

「聞く子育て」で子どもの心を育てる・和久田ミカさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります