子育ては「聞く」が9割でうまくいく

3つの「聞く」技術があれば、子育てのムダ叱りも イライラも ストレスも 減ります!
小学校教員 9年間の経験を生かした、子育ても 生きるのも 楽になるヒント★


テーマ:
ゆるっと☆にこママコミュ代表・和久田ミカです。

今日も上京してお仕事です☆ 「居場所づくり@池袋」!楽しみだなあ。

$子育ては「聞く」が9割でうまくいく

私は、講座などで 感情へのアプローチと 思考へのアプローチについて お話しています。

ふたつは 似ているけど、ちがうのねん。

感情は 味わうことで 消えていきます。

だから、まず 味わうことが 大前提。味わう=感じる、ね。


思考は、味わうというよりは、深める。(そして、不要な思考は「流す」)

たとえば、「あの人がキライ。」という 思い。

これを 感じないようにしていると、

・そんなことを 思ってはいけない。キライな人がいてはいけない。(自分を責める)

・あの人のせいで、私が 不快になる(相手のせいにする)


といったことが 出てきます。


「あの人が キライ」という思いと対話していくと、いろんなことが するするっと出てきます。

・あの人と 一緒にいると どんな気持ちになるの?

「あの人といると、イライラする。同じ空気を吸いたくない。悲しい気持ちになるときもある。」

・あの人の 何がイヤなの?

「なんで ○○するの!?おかしいでしょ!!、って思う」

・でも、あの人のことを 好きな人もいるよね。何が違うんだろう。

「う~ん。あの人たちは 似たような価値観を持ってるからじゃない?」

・その価値観って何?

「○○」

などなど。


キライな人って、たいてい 自分が 自分に禁止していることを 堂々としている人です。

いつもご機嫌でいなくてはいけない、と 思っている人は、不機嫌な人が 苦手です。

「ご機嫌でいるべき」という マイルールが破られるから、悲しくなります。

「もっと目立ちたい」という無意識の思いがある人は、目立つ人が ねたましくなります。

自分の中の「目立ちたい」という思いが 反応しているのですねん。


きらいな人・苦手な人は いろんなことを 気づかせてくれます。

その思いと対話することで、自分のココロや考え方の癖、奥底に かくしておいた気持ちが出てきます。

だから、ネガティブなことは 隠さなくていいんです。

よーく 見ましょう。近くで見るのがつらいときは、ちょっと離れて眺めてみましょう。

そこに、自分が もっとラクに生きるための ヒントが たくさん詰まっていますヨ。



まる子育ての魔法~自分育てのステップ@フェイスブック

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

「聞く子育て」で子どもの心を育てる・和久田ミカさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント