子育ては「聞く」が9割でうまくいく

3つの「聞く」技術があれば、子育てのムダ叱りも イライラも ストレスも 減ります!
小学校教員 9年間の経験を生かした、子育ても 生きるのも 楽になるヒント★


テーマ:
「あの人のしつけはまちがっている」

と思いだすと、もやもやしてしまう というお話を、たまに お聞きします。

そうですね~、たしかに 自分との違いを感じることがありますね。

「でも、それを 相手に伝えてよいものかどうか 迷う」というお話も お聞きします。


ここで ひとつ考えてみたいのは、「アドバイスは誰のためにしたいのか?」ということです。

一見 相手のためのように見えても、実は 自分の自己満足のためということが 多いように思いますヨドキドキ

なぜなら、相手の人は アドバイスしてほしいと 思ってないからデス。

アドバイスしてほしいと 思っている人には してあげた方がいいけど、そうでなければ 余計なおせっかいに なってしまいます。


特に、子どもにイライラをぶつけているママに アドバイスをすることは あまり よい結果をもたらさないように感じます。

イライラをぶつけて それでいい、と 思っているママは 少ないからネ。

罪悪感を感じながら 子どもに接していることが 多いです。

そこで 「子どもとは こんな風に接した方がいいよ」と 言われても、言葉がココロに入ってきません。

罪悪感と反応して、

「やっぱり私はダメな母親」
「なんでそんなことを言われなきゃいけないのよ」

と 感じることが 多いように思います。


私だったら どうするかな~と考えてみました。

「大変だよね~」って 話を聞くかな。「そうだよね~」って共感しながら。

まずは、ココロがパンパンなのを 少し ガス抜きしてあげないとね。

私が 子育ての仕事をしているのを ご存じで アドバイスをお願いされたら、ちょこっとだけ 話すかもしれないけど…。

基本的には 話を聞くだけでも よさそうです。


それにね、子育てに よいも悪いも、正解も まちがってるも ないから。

そういう スキルの視点ではなく、ママ自身に 視点を向けていくと、今 必要なものが 見えてくるような気がします。

ココロが いっぱいっぱいのママに 必要なものは きっと アドバイスでは ないよねドキドキ

特に 問題解決思考の強い パパたちに、このことを 伝えたいわ~。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

「聞く子育て」で子どもの心を育てる・和久田ミカさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります