はあとふるはんど こりをほぐす職人なっちゃんの徒然日記    ~once in a blue moon~

こりをじんわりほぐして体のリズムを取り戻す、こりをほぐす職人なっちゃんの日々のできごと(^^)



テーマ:

『すべての疲労は脳が原因』の著者 東京疲労・睡眠クリニック の梶本修身医師曰く、
寝ても寝ても疲れがとれない一番大きな原因の一つがイビキ。イビキをかいてる方は悪化すると睡眠時無呼吸や死亡に至ることもあるのでそうした方はクリニックで検査を受けることをすすめている。(3千円で受けられる。)
イビキが軽い方は、タオルをぎっしり入れたシュックを背負って寝ていただくことで仰向きで眠れないなくなり、横向きで寝ることでイビキが減り、イビキが減ると睡眠の質が上がる。
もし肩が気になる方は、ウエストポーチにテニスボールをぎっしり入れて腰に巻いて寝る。
仰向けに寝たら厳しい感じを作ると自然と横向きになる。とにかくイビキをかかないことが大切。
イビキは、気道が狭くなって肺にものすごく負担をかけている→6時間寝ていたら、細いストローで4000回以上肺を大きくしたり小さくしたり風船を膨らませているのと同じこと。それは体にとってものすごい負担。→疲れが全然取れない

寝汗をかかない→寝汗をかくということは、それだけ脳が一生懸命命令して汗をかこうとしている。脳が休んでない証拠。→夏バテの原因になってしまう。対策として、エアコンを25~26度のちょっと涼しめ位で朝までつけっぱなしにして、少し窓を開ける→そうすると外から自然のそよ風が入ってくる→温度や湿度が多少ゆらぐ→このゆらぎが睡眠の質を上げる。

夏バテの原因の一つ『紫外線』→紫外線が目に入ると体中で活性酸素が発生して体が戦闘態勢みたいな態勢をとる→結果的に疲れる。
紫外線対策にUVカットのサングラスをかけることで夏バテ防止にも効果的。
夏バテ対策の食べ物、飲みもの→
疲労回復に効果的な成分としてイミダペプチド(鶏の胸肉、マグロ、カツオに含まれる)をしっかり摂る。
飲み物は甘酒(米糀から作る)
俳句でいうと夏の季語で、昔から夏バテ予防として江戸時代から飲まれていた。甘酒には人の体の中では作れないアミノ酸が非常に上手く含まれていて、飲むことで夏バテ防止になる。


















AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
「アロマで予防!認知症」著者 認知症専門医浦上克哉医師曰く、
昼にローズマリーカンファーの香り、夜に真正ラベンダーの香りを嗅ぐことで認知症予防。
ティシュや脱脂綿に数滴垂らしたり、ディフーザーを使って香りを嗅ぐ。(持病のある人や薬を服用している人は医師に相談の上行なう)
 
認知症というのは、脳の神経細胞に障害が起きて記憶を司る海馬という部分が障害されて起きる→海馬は、においを感知する神経と密接に連携していて、嗅覚を刺激することで海馬も活性化→認知症予防につながる。
いろいろ調べて効果があったのが、ローズマリーの香りで、ローズマリーのいろいろある種類の中でもローズマリーカンファーが認知症予防・改善つながる→さらに昼と夜で別の香りを嗅ぐとより効果が高まる→昼はローズマリーカンファー夜はラベンダー(ラベンダーの種類の中でも真正ラベンダーの香り)
 
家にいるときは、ディフューザー(アロマの香りを部屋に拡散してくれる)、外にいることが多い人はアロマペンダント(ペンダントにアロマオイルを入れ外出先でも香りを嗅ぐことができる)がオススメ
 
認知症の記憶障害で一番最初にわかりにくくなるのは「臭い(におい)」がわからなくなること→ 一番めに臭いがわからなくなるのは、「クサい嫌な臭い」
初期の認知症の人がわからなくなる臭い例→台所で料理していて焦げくさい臭いがしてるのに気づかない、冷蔵庫に腐ったものを平気で置いていてスゴい臭いがしてるのに気づかないなど。→その段階であっても、アロマ療法でかなり改善がみられることもある。
 















AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
<腸活のススメ>
総合診療医 瓜田純久医師いわく、

食前のビール(350mlを1缶~2缶)は便秘にいい→胃酸の分泌を促して、ガストリンというホルモンの分泌を促す→胃腸の動きもよくなり消化がよくなる。
便秘にハチミツ牛乳→乳糖・オリゴ糖は消化に時間がかかるので腸に濃いものが届き薄めようとたくさん水分を出しそれで便が柔らかくなり出やすくなる。
ゴロゴロ体操→手を伸ばしてうつ伏せで、右へ左へごろごろすると腸に溜まったガスが動き、便秘にいい。

冷やした炭水化物→レジスタントスターチ
→ご飯や麺類等の炭水化物に含まれるでんぷんの一種
暖かい炭水化物にはでんぷんが多いが、冷やすことででんぷんがレジスタントスターチに変化
通常でんぷんは糖がたくさん結合した形で腸から吸収しやすい結合の形だが、冷えると結合の様式が変わり消化されにくい、切断されにくい形に変わる。
そのため、冷やすことで増えたレジスタントスターチは食物繊維と同じように小腸で分解されず大腸まで届く→便の量を増やし排出しやすくする→健康的に痩せることにつながる。











AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。