ビジネスと意識

テーマ:
   最近の私事・・
   ある方の紹介でその人の知り合いから買い物をしようとしていたのですが

   いざ私がその販売員の方に会ってみたら、途轍もなく苛々してしまうのです。客への接客・説明やアフターフォローが全くなってません。久々に激しい苛々という感情が湧いてきました。それを思えば、私はここしばらく苛々することもなく、安定して穏やかな気分で生活してたんだなぁ〜と改めて日頃の自分を思った訳ですが・・

   川上光正先生のご指導を受けてるせいか私も少し人の意識に敏感になっているようで・・
  その販売員の方、お腹の中にいっぱい動物性意識がわんさかしてて、欲が過ぎていて人のためでなく金のためでしか働いてない人だと感じました。それとこの販売員の方、前世でたくさん人を騙してる因果があるようです。

   結局、この販売員の方からは買い物したくなくなって、別のルートから買い物することにしました。

    川上先生から「私がヒーリングしてる社長達はどんどん売り上げが伸びて結果が出てるよ」という話を伺っています。

   濁った意識を抱えていると、周りの人にも何かしら伝わるものです。そうした因果を癒すことで魂が輝きはじめ、周りの人も寄ってくるようです。
   
   商売人の方は、自身の濁った意識を癒すと、それが売り上げの伸びに繁栄されていくようです。

{E5E99070-859F-415B-80F5-FB3FD4D03FEA}





禅と瞑想は違う

テーマ:
{6BA46ECA-F88C-4324-8552-99FCFD41C6A4}

   昨日、仏教では魂は癒されない、と先祖の意識が飛来して訴えてきたと話しました。

   川上光正先生の著書『瞑想修法学論』には、ヨガと仏教の違いが詳細に記してあります本
   さすがヨガサムラット!!

   そもそもヨガの瞑想と仏教の禅・・見た目は同じに見えるかもしれませんが、これは全く別物であること。目指してる目的も違います。

   仏教は、ヨガでいうブラフマン(世界創造主や世界最高の神)を認めないので、それを念ずることもない。ただ無念無想となって、邪念を取り除くことを目的としています。

   これに対してヨガはブラフマンを念じ、人間完成を目指し自らを身体的・精神的に鍛錬するもので梵我一如を目的とするものです。

   先生の著書にある内容について、更にいつか別の機会に川上先生に質問して、私なりにまとめてみたいとも思いますが

    川上先生が記されている中で面白いと思ったのが、仏教の禅において座禅中に両肩を警策棒で叩くという行為に触れてある部分です。
瞑想中にこんなことされたら、誰も深い瞑想に入れそうにもありませんし、たまったもんではありませんよね!

   川上先生はいろんな瞑想がある中で綜成瞑想を勧められています。
   「綜成瞑想によって全ての因果を解明し、その因果を記憶し輪転再生してきた魂(アートマン)を癒すことで、前世からの因果を根絶しなくては心の浄化はできない。」
  「 綜成瞑想法は、意識の存在記憶を顕現するだけの威力があり、他の対象瞑想と比較にならない意識の進化と純化に導いてくれるのである。」

   と同書の中で著されています。
    興味ある方は是非ご一読ください音譜


引用参照:『瞑想修法学論』p27-44  著者 川上光正
   



{5F0E02EE-013E-4D8E-8649-C2186254A60B}

   今日は年度のはじめの日🌸
   私なりにこれからの目標を掲げ気持ち新たに今日過ごしましたチューリップピンク

   ところで、もう先月になりますが川上光正先生に御同行頂き、日頃あまり癒していない先祖の墓をヒーリングして頂きました。

   先祖の墓は、檀家でお寺の境内にあり先祖は代々熱心な仏教徒です。私が知る限りでも、祖父母も伯父伯母達もお寺の行事には毎月欠かさず参加していました。家の仏壇の世話やお供えも手抜きなく、仏壇前では頻繁にお経を唱えてるようです。

   しかし先日、私が自分のヒーリングを受けている最中に、救いを求めて飛来して来た先祖の意識を私が自分で自動書記していました。
  「墓に来てほしい!仏教では全く魂は救われない!どうしていいか分かりません!川上先生に救ってほしい!」
いろいろ書いたと思うのですが、大半忘れてしまいました(^_^;)
まぁ、しかし要約すると↑な感じです。

   なんだかお墓参りにしばらく行ってないから気になっていたのですが、まさか自分のヒーリングで途中その墓の先祖の意識を自動書記するとは予想だにしていませんでした。
  (そっか・・それでお墓参り行ってないな〜と気になったのかな?)と自分なりに納得もしました。

   そして早速その翌週、川上先生に御足労頂きお墓をヒーリングしていただきました。ひとまず先祖達の魂も癒されて安心したようです。

   確かに仏教では、お経を唱えても何を言ってるのか意味がわからなかったり・・そもそもお釈迦様は葬式・供養はしないでいいと言ってたとも先日読んだ『仏教とは何か』(山折哲雄 著)に書いてありました。だとすればお経を読んだからといって魂が癒されるというのは現実問題として難しいとも推測できます。
    お釈迦様もヨガを学んでいて、お釈迦様の教えはそもそもそれ以前からあるヨガやジャイナ教などの教えを説いたものだ、とも耳にしたことがあります。
   私が以前記事にしたように現在の仏教は、お釈迦様の死後に多くの仏教徒が長い年月をかけて勝手に肉付けされたり変形をしながらだいぶん違ったものに変わってるのが現実です。

   う〜む、やはりそれを考えると、実際に亡くなった私の先祖達も(仏教では救われない!)と訴えていたし、私としては仏教よりも自己の実践をもとにしての瞑想ヨガ、そして瞑想ヨガに基づくヨガ哲学が魂の役に立つと確信してますニコニコ

   そしてその瞑想ヨガを極めた川上先生が、超自然的能力によるヒーリングで、救いを求めていた多くの先祖の魂を癒し救っていらっしゃる、という現実があることも、しっかり認識されるべきことなのかもしれませんねキラキラ