アクセス頂き、ありがとうございますラブラブ

日生学園第一高等学校附属中学校へ転校してから、まる3年が過ぎました桜

長かったような。。。

短かったような。。。

色んな事が起こったよなぁ。。。アセアセ

本当に色々な事がありましたアセアセ

今は平和なのかと言うと、そうでもないようです爆笑

帰校時に娘が必ず言う言葉があります。

「なんかあったら、帰ってくるけん!!

私の返事は「うん、わかった。」です。

先日、娘がふとこんな事を言っていました。

「なんで私、中1の時、あんな事で悩んだんだろうか!?

今ならフンって鼻で笑ってやり過ごせるのにね。

こっちの方が、よっぽと地獄やし!!

娘の成長と、過酷な状況で頑張っている事が伺える一言でした。

でも、自分で選んだ事だから、頑張るんだそうです。

そして、こんな事も言っていました。

「自分に余裕がある時は、何かが起こっても対処はできるようにはなってきたんよ。

でも、心身ともに余裕のない時は、受け止められん事もある。

そんな時は、家に帰るから!!

いつでも帰る事の出来る家がある!!

それが娘の『あの場所に留まる勇気』に繋がっているようです。

3年経った今でも、そこは安住の地ではないようです。

色々な事があるようですが、もちろん、楽しい事もあるようです。

それら全てを冷静に受け入れられる自分や乗り越えられる自分になって、自分の心に折り合いつけながら、自分の足で踏ん張って踏み留まらなくてはいけないんだねぇ。。。

それがわかっていてでも、やはり受け入れられない事、乗り越えられない事だってあるよね!

そんな時は、いつでも『ここ』に帰ってくればいいよラブラブ

『ここ』は、あなたが帰ってくるべき場所なのだからラブラブ

自分で心身を調整し、整えながら歩んでいっている娘。

強くなったね!!

でも、やっぱり頑張り屋さんで、ストイックな性分は変わらない。

だから、無理し過ぎないようにして欲しいと、母はいつも祈っていますラブラブ

もう間もなく、帰省だねえ。

「何が食べたい?」って聞く母に、「美味しいもの!!」って答える貴女爆笑

少し長いGW休暇。

父も帰国するから、美味しいものを沢山食べようねグラサン

AD