夫の浮気で悩む妻のための、浮気解決カウンセリング。

夫の浮気・不倫で悩む妻のため、「浮気発覚後の対処法」「夫に浮気を止めてもらうための働きかけ方」を具体的かつ分かりやすくお伝えしていきます!


テーマ:

 

夫の浮気を解決に導くカウンセラー花田好久です。



夫の浮気が発覚する前は、夫のことを「いるのが当然」だと思っていた。


だから、夫がいてくれることに特別感謝もしなかったし、むしろ軽く扱っていたかも知れない。


でも、浮気が発覚して、「夫が目の前からいなくなったらどうしよう?」と思ったとき、とても怖ろしくなった。


夫は私と子供にとって、「いなくてはならない人」だと気づいた・・



このように、「夫が浮気をすることで、夫の存在価値に改めて気づいた」という方もおられるでしょう。


浮気がきっかけとはいえ、「夫の存在価値に気づく」ということは、決して悪いことではないと思います。


ただ、妻が夫の存在価値に気づいていなかったとしても、夫が浮気をして良い理由にはなりません。


「あなたへの感謝を忘れていた私が悪いの」と、夫の浮気を許してしまうと、夫はかえって調子に乗ってしまいます。


夫の浮気は全て夫に責任があります。


しかし、夫を調子に乗せてしまうのは、妻にも責任があると言わざるを得ません。



また、夫の浮気発覚後間もないときには、「夫の浮気を妻が自分のせいにする」ということが起こりがちです。


これには、前述の「夫がいなくなったらどうしよう」という恐怖感が大きく影響しています。


夫に浮気の責任を追及すると、夫が逆ギレしたり、ますます浮気相手に気持ちが傾くかも知れない。


そうなるよりは、夫の浮気を自分のせいにして、浮気問題を終わらせてしまいたい。


そして、一刻も早く安心したい。


・・と、無意識にこのような心理が働くのです。



夫がいなくなってしまうと、これまでの生活や人間関係を失うことにもなりかねない・・。


その圧倒的な恐怖感の前では、夫の浮気で本来感じるであろう怒りや悲しみさえ、感じられなくなることもあります。


ですから、夫の浮気発覚後間もないときは、「夫のことを悪く思えない(憎めない、怒りを感じない)」こともあります。


「悪いのは、夫への感謝を忘れていた自分だ」と、浮気を自分のせいにしてしまうのは、決して珍しいことではありません。



ただ、浮気発覚から時間が経つにつれ、最初に感じていた恐怖感は徐々にやわらいでいきます。


夫が浮気をしたからといって、即離婚になることはない。


夫に「浮気をされて辛い、浮気を止めてほしい」と伝えたからといって、夫の気持ちが浮気相手に傾くとは限らない。


恐怖感がやわらいでくると、こうした客観的な事実を認識できるようになります。



そして、「私の感謝も足りなかったかも知れないけど、それはお互い様の部分もあるよね」


「感謝するしないと、浮気とは全く別の問題のはず」と、極端に自分を責めていたときの思考も修正されていきます。



「夫がいなくなったらどうしよう」という恐怖感をどの程度感じるかは、妻の性格・タイプ、自分への自信、置かれている立場や環境、経済力、夫との関係性などによって大きく変わってきます。


よって、恐怖感がやわらぎ、落ち着きを取り戻すまでの期間も個人差があります。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

夫の浮気を解決に導くカウンセラー花田好久さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります