夫の浮気で悩む妻のための、浮気解決カウンセリング。

夫の浮気・不倫で悩む妻のため、「浮気発覚後の対処法」「夫に浮気を止めてもらうための働きかけ方」を具体的かつ分かりやすくお伝えしていきます!


テーマ:

夫の浮気を解決に導くカウンセラー花田好久です。



お笑い芸人の狩野英孝氏。


昨年は六股疑惑で世間を騒がせていましたね。


今度は、新年早々、未成年との交際疑惑で謹慎することになりました。


会見でのレポーターとのやりとり(「鍵を開けて外出するのは不用心ですね?」「オートロックなんで」など)で笑った方も多いと思います。



彼は、仲間内やスタッフなどからは、礼儀正しくて良い奴だと評判のようです。


同性から愛される人に悪い人はいないと言いますが、彼もそうなのかも知れません。



浮気をする夫の中にも、周囲の人から愛される「憎めないキャラ」の人がいます。

 

人当たりが良くて、天真爛漫で、少年っぽい(子供っぽい)タイプの人ですね。


狩野氏同様、こういうタイプの夫は、多少の問題行動があっても、周囲の人から何となく大目に見てもらえるものです。


「あいつなら仕方ないな」みたいにですね。


憎めないキャラの特権とでも言いましょうか。




ただ、憎めないキャラであるのと、一人の女性と持続的に幸せな関係を築けるのとは、全く別の話なんですね。


狩野氏の件でそのことを改めて実感しました。



浮気をする夫の中には、結婚に伴う負担(家事、子育てなど)や自由の制約を受け入れきれず、勝手に不満を溜め込んでいる人がいます。


こういう夫は、妻に浮気を釈明する際も、子供じみた理屈を振りかざすことが多いです。


「結婚していても、好きな人ができたら付き合って良いじゃないか」と言わんばかりの夫の振る舞いを見ていると、「この人は大人になりきれていないなぁ(大人になりたくない?)」と感じてしまいます。



責任のある大人になりたくない、いつまでも自由な子供のままでいたいと願うのを、「ピーターパンシンドローム」と呼ぶことがあります。


地に足をつけて自分の役割(仕事、家事、子育てなど)を全うしている妻と比べると、ピーターパンシンドロームの夫はまるで子供なんですね。



もしかすると、狩野氏もピーターパンシンドロームなのかも知れません。


だとすると、現時点で、彼に大人としての振る舞いや、大人としての責任の取り方を期待するのは酷なのかも知れません。



ただ、子供(大人になりきれない夫)は成長する可能性を秘めています。


女性問題や浮気で痛い目を見ることで、大人としての自覚に目覚めてくれることを期待したいものですね。









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

夫の浮気を解決に導くカウンセラー花田好久さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります