夫の浮気で悩む妻のための、浮気解決カウンセリング。

夫の浮気・不倫で悩む妻のため、「浮気発覚後の対処法」「夫に浮気を止めてもらうための働きかけ方」を具体的かつ分かりやすくお伝えしていきます!


テーマ:

 

夫の浮気を解決に導くカウンセラー花田好久です。



夫の浮気が発覚する前は、夫のことを「いるのが当然」だと思っていた。


だから、夫がいてくれることに特別感謝もしなかったし、むしろ軽く扱っていたかも知れない。


でも、浮気が発覚して、「夫が目の前からいなくなったらどうしよう?」と思ったとき、とても怖ろしくなった。


夫は私と子供にとって、「いなくてはならない人」だと気づいた・・



このように、「夫が浮気をすることで、夫の存在価値に改めて気づいた」という方もおられるでしょう。


浮気がきっかけとはいえ、「夫の存在価値に気づく」ということは、決して悪いことではないと思います。


ただ、妻が夫の存在価値に気づいていなかったとしても、夫が浮気をして良い理由にはなりません。


「あなたへの感謝を忘れていた私が悪いの」と、夫の浮気を許してしまうと、夫はかえって調子に乗ってしまいます。


夫の浮気は全て夫に責任があります。


しかし、夫を調子に乗せてしまうのは、妻にも責任があると言わざるを得ません。



また、夫の浮気発覚後間もないときには、「夫の浮気を妻が自分のせいにする」ということが起こりがちです。


これには、前述の「夫がいなくなったらどうしよう」という恐怖感が大きく影響しています。


夫に浮気の責任を追及すると、夫が逆ギレしたり、ますます浮気相手に気持ちが傾くかも知れない。


そうなるよりは、夫の浮気を自分のせいにして、浮気問題を終わらせてしまいたい。


そして、一刻も早く安心したい。


・・と、無意識にこのような心理が働くのです。



夫がいなくなってしまうと、これまでの生活や人間関係を失うことにもなりかねない・・。


その圧倒的な恐怖感の前では、夫の浮気で本来感じるであろう怒りや悲しみさえ、感じられなくなることもあります。


ですから、夫の浮気発覚後間もないときは、「夫のことを悪く思えない(憎めない、怒りを感じない)」こともあります。


「悪いのは、夫への感謝を忘れていた自分だ」と、浮気を自分のせいにしてしまうのは、決して珍しいことではありません。



ただ、浮気発覚から時間が経つにつれ、最初に感じていた恐怖感は徐々にやわらいでいきます。


夫が浮気をしたからといって、即離婚になることはない。


夫に「浮気をされて辛い、浮気を止めてほしい」と伝えたからといって、夫の気持ちが浮気相手に傾くとは限らない。


恐怖感がやわらいでくると、こうした客観的な事実を認識できるようになります。



そして、「私の感謝も足りなかったかも知れないけど、それはお互い様の部分もあるよね」


「感謝するしないと、浮気とは全く別の問題のはず」と、極端に自分を責めていたときの思考も修正されていきます。



「夫がいなくなったらどうしよう」という恐怖感をどの程度感じるかは、妻の性格・タイプ、自分への自信、置かれている立場や環境、経済力、夫との関係性などによって大きく変わってきます。


よって、恐怖感がやわらぎ、落ち着きを取り戻すまでの期間も個人差があります。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

夫の浮気を解決に導くカウンセラー花田好久です。


俳優の田中哲司氏の浮気問題が報道されていますね。


田中氏の奥様は、女優の仲間由紀恵さんです。


仲間さんといえば、みなさんご存じのとおりの美人女優さんです。


「どれだけ美貌の妻がいても、浮気をする夫は浮気をする」の実例がまた一つ加わってしまいました。



報道によると、田中・仲間ご夫妻は、いわゆる「妊活」に取り組んでおられたとのこと。


その真っただ中での浮気発覚ですから、仲間さんの心中を察するといたたまれない気持ちになります。



田中氏は、報道各社に送ったファックスで次のように述べていたそうです。


「家族には大変つらい思いをさせてしまい、今後このような思いをさせないと心から謝罪いたしました」



妻への謝罪は当然ですが、謝罪をしても妻の心の傷がすぐに癒えるわけではありません。


一度失われた信頼を取り戻すのも、どれだけ時間がかかることか・・。


この先授かるであろうお子さんに対しても合わせる顔が無いでしょう。



妊活は妻はもちろんのこと、夫にもかなりの負担とストレスがかかると聞きます。


もしかすると、妊活のストレスが浮気の一因だったのかも知れません。



しかし、仮にそうだとしても、浮気を正当化する理由にはなりません。


妊活で思うような結果が出ないとき、辛い思いをするのは妻も同じです。


夫である田中氏が浮気に逃げ道を求めてしまったのであれば、最悪の選択だと言わざるを得ません。



田中氏は50歳を過ぎた立派な大人ですし、テレビで見ない日はないほど売れっ子の俳優でもあります。


にもかかわらず、よりによって妊活中に浮気をしてしまいました。


やはり、浮気をする夫に共通する「心の弱さ」を抱えているということでしょう。



田中氏はこうも述べています。


「皆さまの信頼を回復するべく芝居に精進して参ります」


芸能人の方はみなこういうことを言いますが、浮気で失われた信頼は果たして仕事(芸や芝居)で回復できるものなのか、いつも疑問に感じています。


少なくとも、妻の信頼を回復するには、仕事に打ち込むだけではダメです。


反省の気持ちを忘れず、妻の辛い気持ちに寄り添っていくことが必要です。


※その他、妻とやり直すために必要なことはこちらのサイトを参考にしてください。


仕事を口実に、傷ついた妻と向き合うことから逃げるようでは、全くお話になりません。


これは、どのような職業に就いていても同じことです。










いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:


夫の浮気を解決に導くカウンセラー花田好久です。



・妻は子供の世話にかかりきりで、オレのことはちっともかまってくれない


→だから、かまってくれる相手と浮気をした



・妻はオレの仕事の辛さをわかってくれない


→だから、辛さをわかってくれる相手と浮気をした



こうした「妻への不満」を浮気の理由に挙げる夫は少なくありません。


そう言われてみれば、子供が最優先で、夫のことはほったらかしにすることもあったな・・


夫の仕事のことはよくわからないから、辛さを十分わかってあげられなかったかも・・



このように、夫からの不満に対して心あたりがある、という方もおられるでしょう。


妻は、夫のことだけを24時間かまっているわけにはいきません。


また、同じ仕事をしている者同士でしからわからない辛さもあるでしょう。



ですから、上記のような不満に対しては、誰しも多少の心あたりはあるものです。


妻の中には、そのことで心を痛め、「夫の浮気は自分にも原因があった」と、自分を責めてしまう方もおられます。


夫の浮気で傷ついたうえに、自分で自分を責めてしまうのは大変辛いものです。



浮気をする夫が、浮気を妻のせいにして自己防衛をするのはよくあることです。


自己防衛のために、重箱の隅をつつくようにして、妻への不満をあれこれ挙げてくるんですね。


そういう夫に限って、浮気の本当の理由は「女性からの誘惑に負けた」「何となくムシャクシャしてたから」といった、バカバカしいほど単純なものだったりします。



不満を感じやすいタイプの夫だと、ささいなことで妻への不満をつのらせていることもあります。


不満を口にしてくれれば対応のしようもあるのですが、黙っていられると妻としても対応しようがありません。



百歩譲って、夫の言う妻への不満に一理あるとしても、決して浮気をして良い理由にはなりません。


浮気は妻をひどく傷つけ、夫婦の信頼関係を壊す行為です。


妻への多少の不満くらいで、許されるような行為ではありません。


浮気をする方も悪いが、不満を抱かせる方も悪いなどと、同列で語ることの方がおかしいのです。


両者は事の重大性が全く異なりますからね。



そもそも、妻に不満があるのなら、妻ときちんと向き合い、気持ちを伝え、改善を求めていくべきなのです。


夫は、その努力を怠り、安易に浮気という逃げ道を選んでしまいました。


反省すべきは浮気をした夫であり、妻が自分を責める必要など全くありません。



もちろん、夫婦間において、相手の不満や要望に耳をかたむけることは、とても大切なことだと思います。


夫の不満にも一理ある、ということでしたら、できる範囲で夫への接し方を改めるのも良いでしょう。


ただ、そのことと、夫の浮気の原因・責任は分けて考えていく必要があるということです。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
夫の浮気を解決に導くカウンセラー花田好久です。


私のホームページに下記の記事を追加しました。


亡くなった夫の長年の不倫が発覚した


よろしければご覧になってください。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

夫の浮気を解決に導くカウンセラー花田好久です。


夫に「浮気をやめてほしい」と伝えても、夫からは何の反応もない・・


ひたすら押し黙るだけで、聞いているか聞いていないかもわからない・・


手紙を書いて渡したけど、返事もなければ、読んだか読んでないかもわからない。



このように、勇気を出して気持ちを伝えても、夫が全くの無反応だとガッカリしますし、傷つきますよね。


「夫は私の気持ちなどどうでも良いと思っている」


「こんな夫に何を言ってもムダだ」などと、怒りを感じたり、あきらめの心境になることもあるでしょう。



気持ちを伝えても、夫から何の反応も返ってこないとき、妻はこう解釈しがちです。


「夫の反応がない=夫は何も感じていない」


私の気持ちを知って、夫が何かを感じたのなら、そのことについて何らかの反応があるはずだ。


何の反応も示さなかったということは、夫は何も感じていなかったのだ・・というわけです。



確かに、夫は何も感じなかったので反応がなかった、という解釈も成り立ちます。


しかし、この解釈が全て当てはまるわけではありません。


むしろ、下記のような解釈が当てはまるケースの方が多いと思われます。


すなわち、「夫の反応がない=夫は何かを感じてはいる。が、表現はしていない」というものです。



夫は妻の気持ちを知ることで、何かしら感じることはあります。


それは、罪悪感、このままではヤバいという危機感、妻は自分のことをこう
思っていたのかという気づきなど、いろいろです。


ただ、感じたことをその場ですぐには表現していない(できない、あえてしない)というだけです。


夫は外見的には「無反応」でも、内心では何かしら感じているのです。



ですから、夫の反応がとぼしくても、あきらめる必要はありません。


夫の態度・言動に目に見える変化がなくても、何かしら感じてくれただけで良いのです。


夫の内心に小さな変化を起こすことができれば、それだけで十分な成果だと思ってください。


その繰り返しが夫の気持ちを動かし、浮気をやめてもらうことにつながるのです。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

夫の浮気を解決に導くカウンセラー花田好久です。


無料メルマガ「不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ」にて、明日4日(木)20時に下記のテーマの記事を配信します。


良い妻になる努力をしても夫が不倫をやめないワケ



良い妻になる努力をしても夫が不倫をやめないのは、夫が調子づいたり、反発したりするからです。


夫が調子づいたり、反発したりするのは、夫が妻の●●を察していないからとも言えます。


ご興味のある方はぜひご覧になってください!








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

夫の浮気を解決に導くカウンセラー花田好久です。


「浮気は許せない。浮気は止めてほしい」と、毅然とした態度で夫に立ち向かう。


これには、それなりの勇気と覚悟が必要になります。


夫との間で上下関係ができあがっているケースではなおさらです。


日頃夫に意見をすることも難しいのに、「浮気は許せない」と伝えるのは大変ハードルの高いことだと思います。



浮気した夫に立ち向かう覚悟を持てないとき、妻はどうしても「何もできない自分」を情けなく思ってしまうものです。


「自分は弱い」「自分はダメだ」と思っていると、気分はどんどん落ち込んでいきます。


ただでさえ、夫の浮気で自信を失っているところ、自分で自分を責めることで、ますます自信が失われていきます。


これでは、浮気した夫に立ち向かう覚悟など持てるはずがありません。


まさに悪循環ですよね。




この悪循環を断ち切るには、「何もできない自分」という自己評価を疑ってみることです。


本当に自分は何もできていないのか?


それは自分で決めつけているだけではないか?という疑問を持つことです。



例えば、夫に面と向かって「浮気は許せない。止めてほしい」と言うことができていないとします。


この場合、「夫に面と向かって言えない」ことは事実でしょう。


しかし、夫に言えなくても、ブログを読んで浮気の対処法を学んだり、人に悩みを相談したりしていることもまた事実です。


「この先、自分は夫とどうしていきたいのか」を考えることも、夫の浮気に対処するために必要なことです。


一つ一つは小さなことでも、夫の浮気を解決するために「何かをしている」ことは事実なのです。



夫の浮気への対処は、それぞれの状況や環境、立場によって、「できること」「できないこと」があると思います。


例えば、経済力があって、明日離婚をしても生活には困らない人と、そうでない人では、できることの範囲も変わってきます。


現段階で、自分のできる範囲のことを少しでもできているのなら、決して「何もできない自分」ではありません。


夫に立ち向かえるようになるため、アルバイトを始めるなどして、自分の世界を広げることも対処法の一つです。


「夫の浮気を何とか解決したい」という気持ちを持ち続けることだって立派な対処のうちです。


今まさに、あなたがこのブログを読んでいることだってそうです。



夫の浮気を解決するために「できることはしている自分」を、ぜひ認めてあげて、評価してあげてください。


そうすれば、少しずつ自分に自信を持てるようになっていきます。


いずれ、浮気した夫に毅然とした態度で立ち向かうこともできるようになるでしょう。









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)

テーマ:

夫の浮気を解決に導くカウンセラー花田好久です。

私の運営する「不倫を反省して妻とやり直したい夫のためのサイト」に、下記記事をUPしました(夫向けの記事になります)



「不倫相手のことは本気じゃなかった」と何度でも説明しよう



夫の不倫が遊びだったのか、それとも本気だったのかは、妻にとって非常に気になる点だと思います。


不倫が本気ではなかったのなら、何度でも妻に説明をし、安心させてあげてほしい。


それが不倫をした夫の役割である、ということを伝えたくて書いた記事です。



よろしければご覧になってください!








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

夫の浮気を解決に導くカウンセラー花田好久です。


浮気をしている夫が高収入で、妻が専業主婦というケースがあります。


このケースでは、妻が「夫のおかげで良い暮らしができている」ことを負い目に感じて、夫の浮気を黙認してしまうことがあります。


または、夫から「裕福な暮らしをさせているのに、これ以上何が不満なのか!?」と逆ギレされて、何も言えなくなってしまうこともあります。



そういう夫の心の中には、「オレの頑張りで裕福な暮らしができているのだから、その代わり浮気ぐらいは目をつぶってほしい」という思いがあります。


確かに、夫の高収入のおかげで、家族が裕福に暮らせているのは事実でしょう。


妻もそのことは常日頃から感謝しているはずです。


しかし、「裕福な暮らしをさせているから浮気を認めろ」などというのは、とんでもない暴論です。


どれだけ裕福な暮らしができていようが、愛する夫に浮気をされてしまっては、幸せなど感じられるはずがありません。



夫は、「裕福な暮らしをさせてあげることが妻への愛情の示し方」と思っているのかも知れません。


そして、それさえ出来ていれば、あとは自分の自由にして構わないはずだ・・そう思っているのかも知れません。


しかし、妻は、裕福な暮らしをさせてもらっても、夫に浮気をされたのでは、決して心が満たされることはありません。


私たちの心の中にある「愛情タンク」は、お金やモノで不足分を満たすことはできないのです。



「妻には裕福な暮らしをさせている」ことを浮気の言い訳にしている夫には、「妻が本当に求めているものは何なのか?」を改めて考えて頂きたいと思います。


そして、自分が妻に与えているものだけではなく、妻から与えてもらったり、してもらっていること(愛情、子供、家事、身の回りの世話など)にも目を向けてほしいと思います。



専業主婦の妻は、夫との経済力の差で卑屈になる必要はありません。


「裕福な暮らしをさせてもらっているから」と、浮気を黙認する必要もありません。


夫婦にはそれぞれ役割分担があります。


妻は、専業主婦として、母親としての役割を立派に果たしています。


夫にも様々なものを与えることができています。


ですから、イヤなものはイヤと言って良いのです。


「浮気はやめてほしい」と、夫に堂々と求めて良いのです。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

夫の浮気を解決に導くカウンセラー花田好久です。



夫の不倫で妻が怒りを感じるのは当然のことです。


怒りの気持ちを夫に伝えるのに遠慮はいりません。


怒りはどんどん吐き出した方が心の回復もすすみます。



ただ、怒りが制御不能なほどに激しく、「このままでは夫に何をしてしまうか分からない・・」と心配するほどであれば、対策を考えることも必要です。


私のホームページで、怒りが制御不能なほど激しいときの対策について書いています。


よろしければご覧になってください。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)