TAW☆ism ~タウ☆イズム~

夢を叶える、タウのある生活



テーマ:

立春も過ぎると、
なんとなくの気配が感じられるようになります。

季節の節目は、立春を起点に数えられます。

これから緩む季節。
心と身体のデトックスには最適です。



ということで、いろいろな方からリクエストを受け、
美容・健康コースを開催します!

このコースは、美や健康をつくりだすことに特化した1日のプログラム。





心が見えないあなただとしたら、

身体は直接五感で見えるあなた。


「外見より中身よね」というのも、
「中身より外見よね」というのも、
不毛な議論。


心と身体が一致しているとき、
(細胞が一方向へ向かっているとき)

最高に輝けるんです。


一致させること。
これ、日常で意識しませんか?


そして、もう一つ、
近ごろわかったマル秘ルールをお教えします!



鏡の法則と言われますが、
最も身近な鏡である、自分の身体をケアしましょう!


いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

相談した女性は、ゴクリとつばを飲み込み、
フラクタル心理カウンセラーの次の言葉を待ちました。


カウンセラーは微笑ながら、静かに語り始めました。



「水辺の妖怪の正体は…、


あなたの繰り返された思考です!


「は?

私、妖怪に取りつかれていると言われたんですよ」


「安心してくださいね。

外側にあなたを邪魔するものはありません。
すべては、内側にあるんです。

それを霊能者は気づかずに妖怪や、
悪い波動を受けたと表現しているのです。


どんな思考も最初は悪いものではありません。

ただ、繰り返されるうちに自分を制限しはじめるんです。


例えば、自分は内気な性格だと思っているとしましょう。
すると、何があっても内気というメガネで見ます。

それがいい制限ならば、そのままでいいのですが、
本来のあなたは、どちらでもないんです。

自由に選択できるのに、内気だから消極的になる。
これが制限です。



特に、大きな問題もなく、穏やかに暮らしている人は要注意です。

それは、変化が怖いので、
欲望を殺して生きているかもしれないからです。


変化はリスクです。

ですが、生命とは、成長(=変化)を指向するので、
それを止めようとする思考は、
妖怪となりあなたの人生をよどませるのです」



その女性は聞きながら、大きく頷きました。

彼女は一度目の離婚に傷つき、
チャレンジする意欲がなくなっていたのです。

穏やかに生きることが第一になり、
安心できる今の生活を壊してまで、
新しい恋、新しい生活、新しい仕事に
チャレンジする勇気がなかったことに気づきました。


「恐れないでください。

あなたの深いところにいる未来の自分が、
成長(=変化)を望んでいるので、
今回、恐怖を使って動こうとしたのですよ」


「ありがとうございます。

動きたいけど動けない、だから恐怖をつくりだしたのですね。

自分の本心にようやく触れることができました。

真剣に動き出します!」



さて、
あなたにとっての妖怪は何でしょうか?

あの人がいなくては生きていけない、
これがないなら自分は価値がない、
失敗は許せない、

あなたも妖怪と暮らしているかもしれませんよ。




フラクタル心理カウンセリングが、
あなたの人生を前に押してくれます。

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


(写真はイメージです)


ある女性が離婚したあと、
東京郊外の閑静な住宅地に住み始めました。

彼女の家の裏手は、東京と思えないほど豊かな緑と、
大きな池がある公園で、静かで落ちく場所でした。

彼女はその場所がとても気に入りました。

自宅でできる仕事を持っていたので、
住む場所は彼女にとって重要だったのです。


住めば住むほどその場所にほれ込んでいきました。

家から池を眺めては、おだやかな生活を楽しみます。

鳥のさえずり、四季の移ろい。

目に見えない存在に抱かれているようなやすらぎ。



意識しないと、1週間、2週間他人と会わなくても平気でした。

全然、寂しくないのです。

その場所で、
一人で丁寧に食事をつくり、一人で散歩して、
一人で仕事をしていました。


住み始めて5年目になると、

「そろそろ再婚したら?」
周囲ではそんな声も聞こえはじめました。


「そうね、、、」とは言ったものの、

この快適な生活を本気で手放す気になれませんでした。


もちろん、それではまずいと思って、
何人かとおつきあいもしました。


でも、どういうわけか最後はうまくいかないのです。


別れる度に、池のほとりで、ほっとしている彼女がいました。
(ダメだったんだから引っ越さなくてもいいよね)


いつしか、賃貸の更新通知すら届かなくなりました。
そこにいるのは当然と言われているようで嬉しい気持ちでした。



そして、、、


あっという間に12年の月日がたちました。



さすがの彼女も、
ある男性とお付き合いをはじめました。


久々に心のときめきを感じます。


でも、どうも話がすすみません。
またトラブルの影がちらほらします。
恋の仕方をすっかり忘れてしまったようです。


同じ頃、霊視できるという人と出会い、
見てもらうことにしました。


すると、
「あなたは一人暮らしではありませんね。
水辺の妖怪があなたとずっと一緒ですよ。」
と言われてしまったのです。


彼女はゾッとしました!
全然寂しさを感じなかったのはそのせい!?


確かに、その家にいると大きな存在に守られているような気分でした。

それにしても、妖怪なんて!

このままでは一生ここに住むことになりそう。
引っ越そうかとも思いましたが、
タイミングが違うような気がして実現しませんでした。

さすがの彼女も、友人に相談したのです。


その友人が、あるカウンセラーを紹介してくれました。

フラクタル心理学という聞きなれない心理学を勉強したということでした。


喫茶店で会ってお話をすると、

そのカウンセラーは、笑い始めました。

そして、言うのです。


「大丈夫。安心してください。

水辺の妖怪の正体をお教えしますよ」



皆さん、水辺の妖怪の正体、
お分かりになりますか?

(続く)


いいね!した人  |  コメント(0)