火災保険の勉強会

夕方、FPを対象にした火災保険研究会 に参加してきました。


テーマは「住まいをとりまくリスクとリスクマネジメント手法について」。


教えてくださったのは、


セゾン自動車火災保険 のマーケティング企画部長の中島さん。


その隣にいるのは、研究会の主催者であるSTコンサルティングの


吹田朝子 さんです。


お金と仕事の相談室 ハートマネー日記

現在、多くの人が火災保険として加入している保険のうち、


建物の火災補償としての保険料は3割程度に過ぎません。


残りの7割は地震や風水害、家財への補償、個人賠償責任など


に充てられているそうです。


火災保険といっているけれども、住まい全般に対する保険と


考えた方がよさそうですね。



火災保険は、家を買う時に一括して払うのが一般的です。


十分な説明もないままに何となく契約して数十万円を払込み、


あとは保障内容を確認することもないまま年月がすぎている


というのが多くの方の現状ではないでしょうか。



自分の家の立地や、住まいのタイプに応じて火災保険を選べば、


家計改善の余地は十分にありそうですよ。




AD