2012年02月10日(金) 16時49分47秒

住宅借入金等特別控除について。

テーマ:お役立ち情報

今回はお役立ち情報。


オーナー様もこれからのお客様もかなりの皆様がこのブログを

ご覧頂いているので、このブログを利用してお役立ち情報。




確定申告の時期になりました。

昨年に住宅を建てられた方は、

住宅借入金特別控除


通称


『住宅ローン控除』



をうけるため、給与取得者は一度だけ

確定申告をしなければなりません。


これは、住宅を新築、増改築した方が

受けられる税金優遇のシステムで


昨年お建ていただいた皆様は10年間の所得税と、

かつ所得税で引ききれない場合は住民税からも

控除が受けられるというものです。



ちなみに我が家は、平成19年に新築しており、

この年は10年の所得税控除か15年の所得税控除のいづれかを

選べる年でした。


我が家は15年を選んでいます。

その当時は住民税の控除はなく、上記のような特例がありました。

今思えば平成19年と平成20年だけの制度、ラッキーでした!!







では、


まずご用意しないといけない書類が


平成23年の源泉徴収票の原本

 (連帯債務の場合はそれぞれ必要です。)

 原本が必要なので、保育園などへの提出が必要かと思うので、

 コピーを取っておくのがオススメです。


平成24年1月1日以降の住民票

 (連帯債務の場合はそれぞれ1通づつ必要です。)


登記事項証明書

 (住宅ローンの対象が土地と建物の場合はそれぞれ必要です。)

  ちなみにアサヒアレックスでご建築いただいた皆様は、


  権利証(登記識別情報通知)と一緒に入っている

  緑色のA4の紙がそれです。


  表題部とか権利部とか書いてあり、

  ご自身のお名前も記載されているその紙です。

  

  お手元に無い場合は、お手間ですが、

  法務局というところに取りにいかないといけませんが、

  なんだかよく分からないと思うので、


  営業担当にご連絡されることをオススメいたします。


銀行から封筒で送られてきているおおむねA4の紙『年末残高証明書』

 (夫婦連帯債務の場合はそれぞれ送られてきています。)


建物の契約書のコピー

 (住宅ローンの対象が土地と建物の場合はそれぞれ必要です。)


 ちなみに、アサヒアレックスでご建築いただいた皆様は、

 一般的に


   追加変更契約書



   地盤改良契約書があればそれも必要になります。



そして、

長期優良住宅のお客様は、


長期優良住宅認定通知書のコピー(A4の紙です)


  お手元にない場合は、建築会社にご確認を。


  アサヒアレックスの場合はオレンジの家歴書①の保証書類にはいっていると思います。

  もし無ければ、お持ちいたします。


権利証(登記識別情報通知)と一緒に入っている家屋証明書のコピー(A4の紙)


  これは見つけにくいかもしれません。


  ただ、家屋調査の際に提出をお願いされているケースも多いのでご存知の方も

  いらっしゃると思います。




長期優良住宅の方は以上2つが必要になります。





ちなみに長期優良住宅の場合のメリットは、

通常この住宅ローン控除の控除額は年末ローン残高の


1%が上限ですが、それを1.2%の枠に


広げることができます。


2000万円の残高なら、通常住宅で20万円

長期優良住宅で24万円。




ただし、

それ相応の所得税・住民税を納めていないとだめですが。。。






今年の4月以降は長期優良住宅と同じ税制優遇で


『認定省エネ住宅』


がドーンと登場すると思いますので

長期優良住宅の申請件数は減るかもしれませんね。








そして、上記書類をご用意したら、


各市町村の受付窓口に行く。

新潟市の場合、朱鷺メッセが窓口です。



ご自身でご記入して郵送する。

その場合、各市町村の役場や地区センターにおいてある

確定申告書類をもらってきて、記入する。



担当営業に教えてもらう。

実際には税理士さんのお仕事なので、

ちょろっとアドバイスする形になりますが。





書類はコレ。


photo:01


給与所得者の場合


確定申告書A


になります。(確認したところBでも大丈夫ですが。)





ちなみに、平成23年6月30日以降に契約をした方で、

補助金を受け取った方は、その申請もしないといけないようです。


エコポイントや太陽光補助金、

木の家補助金などがそれに該当します。






また、


贈与を受けた方も、住宅ローン控除と一緒に

確定申告をしておく必要があります。



ちなみに昨年は、住宅に利用した場合の贈与は

特例で1000万円まで無税。


そして、そこに


相続時精算課税の住宅特例の2500万円を合体させれば

3500万円まで無税となります。






そのお手続きもしておかないといけないので、思い当たる方は、ご担当者まで。







最後に、住宅ローン控除は


給与所得者の場合、一回だけやれば、

あとは毎年の年末調整の時期に会社に


■銀行から送られてくる残高証明書


■残り9年分の年末調整時に必要な、

  税務署から送られてくるペラペラの紙



上記2つを会社に提出するだけでOKです。







アサヒアレックスでご建築いただいていて、

ちょっと良くわかんないなーというオーナー様は、直接



石田




でもいいですし、各営業担当にお問い合わせください。






『住宅ローン控除について聞きたいんですがー。』でOKです。




以上、お役立ち情報でした。















AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

石田伸一さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。