テーマ:

 

仕事中、機械音とともに、スマートフォンの画面に、
悲しいお知らせが届きました。
 

今日は、日本中、どれだけの、

今、生きている人が、

生と死について、命について、考え、心にとめたでしょうか。

 

ご冥福お祈りいたします。

 

 

 

以前もブログに書いたことがありますが、

私は、自分の手術創の存在を、

生きている証だと思っています。

今日は、心静かに、服の上から胸の創をなでました。

 

ところで話は変わりまずが、

先日、仕事関係の飲み会に参加しました。

顔見知りでしたが初めてお話する、48歳の男性の方に、突然、


「自分の使命は、今の仕事で◯◯するコトだと思っているんだけれど、

konpekiさんの使命は何?

使命って、“命を使う”って書くものだけれど、konpekiさんは何に命を使っている?」


と、聞かれました。


使命?

 

使命って、何?

 

本当だ、使命って、命を使うって書くんだ?!

 

これまで人に聞かれたコトもなかったし、

結構適当に生きていますので、お恥ずかしながら、

これが使命であると思ったコトがない。。。

う〜ん。頭がフリーズ。

思い浮かんでも言葉にするのが難しく。

また、私は病気を経験したコトをきっかけで、

生き方、仕事との向き合い方が変わり。

(以前は、仕事で○○するのが使命と、言えたかもしれない)

かつ正直、私にとって、“命”という言葉は、存在が大きく。

"命を使う”というコトは、想像が簡単ではなく。

敏感に考え過ぎてしまいます。

 

頭グルグル....

 

つい発したのが...

 

「今の自分にとって、これが使命と言葉にするのは、、、

誰かの為に何かができるなんて思うのも、

自分にとっても、自信なく、おこがましくて、何も言えません。

けれど、使命が命を使うコトならば、

私は仕事には、全ての命を使うコトはできません。

あっ、でも、魂を込めて、仕事していますけれど...!

でも...でも、一つハッキリ言えるコトは、

私が命を使えるのは、命をかけられるのは、大切な家族にだけです」

 

帰宅してから、使命の意味を、

ネット検索をして、改めて確認し、

また問うた方に対しての返事として、

的外れな答えだった(汗)

 

今、生きている、ひとりひとりの人間に、与えられている使命。

 

与えられた、命の使い方。


何だろう?


 

 

 



 

 

その夜、おふとんに入り、

真っ暗闇の中で、思いました。

 

もしかして、私の使命は、

このブログをずっと書き続けるコトかも知れないな、と。

人の命をつなぐコトは、出来ないけれど、

人のために何かできていないかもしれないけれど、

ちょっぴりでも、人に何かを伝えたり、

何かを思ってもらうコトは、できているかもしれない。


そうなのかも、しれない。




AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

konpekiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「ハートの日常」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。