テーマ:
 
 
今年から「スイッチOTC薬」という
薬の購入額が世帯で、年間12,000円(税込)を超えると、
税負担が軽減される、新しい医療費控除の制度がスタートしたそうですね。
 
「セルフメディケーション税制」といい、
申告時に、購入した際の領収証・レシートや
健康診断の結果通知証などの提出が必要とのコトです。
 
「スイッチOTC薬」とは、
OTC(オー・ティー・シー)=
「Over the Counter(オーバー・ザ・カウンター)」の頭文字で、
薬局・ドラッグストアなどでカウンター越しに薬を買う方法。
以前は医師の処方が必要だったけれども、
安全性が確認され薬局などで購入できるようになった医薬品のコト。
風邪薬や胃腸薬・目薬・肩こりの貼付薬など1,500種類以上が対象。
対象品はレシートに文字や記号が印刷される他、
パッケージにもマーク表示があるものもあり。

マークが無くても対象となっている商品もあるそうです。

 

「セルフメディケーション」とは、
セルフ=「自分」、メディケーション=「治すこと」の意味。
軽い病気は病院に行かずに自分で薬を飲んで治すコト、
健康管理を実施するコト。
 

この控除を受けるには、

単にスイッチOTC薬を購入しただけでは適用にはなりません。

会社の定期健康診断や市区町村のがん検診・メタボ検診の通知証他、
インフルエンザ予防接種(任意で受ける全額自己負担の健康診断は不可)など
自ら健康管理に取組んでいるコトが必要な条件です。
 
平成29年1月以降に購入した医薬品など
1年間のレシートを保管しておき、
確定申告の場合、平成30年2月15日からの申告になります。
 
この控除制度の狙いは、
世の中、医療費がどんどん膨らんでいるのが問題になっている為、
税金面から節税バックアップを。
病院に行く代わりに、少しでも自分で薬を購入し治した方が、
税金を安くしますよ、医療費節約になりますよと、というコトだそうです。
 

これまでも医療費控除(10万円を超える額対象)がありましたが、

スイッチOTC薬控除の方は、下限が低く使いやすい控除です。
​​​​​​
ただし、新しい控除と通常の医療費控除は併用できない為、
自分にとってどちらが減税メリットが大きいか計算する必要があります。
還付額が多い方を選んで申告をして下さいね。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、名前、長くて覚えにくい感じが...(汗)
 
 
明日から2月、如月スタートですね!
 
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

konpekiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。