お減気で。

 

 

過日、「ハートノコト+」のホームページ

ドメイン更新の案内メールが届きました。

 

1年更新で、期限12月末まで。

あれ?もう契約して1年経ったの?早い!(驚)

昨年末ギリギリに開設後、

色々触ろうと思いつつ、そのままに...。

私って...です( ゚∀゚; )(汗)

気ままに続けていきます(´ε`;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お元気ですか?

 

私は、元気です。

 

 

 

今日、年賀状を書いていまして。

久しく会っていない友人・知人に

ありきたりなこの言葉から始める。

 

お手紙や人と会った時。

今まで、何度この言葉を使ってきたでしょう。

 

ふと思い付き「元気」の語源をネットで検索してみました。

調べてみると面白いものです。

(ついでに「病気」や「病は気から」などの言葉も調べてみました)

 

 

「元気」って、言葉。

 

もともと「病気」と対になって使われている言葉で。

平安時代「減気」と書かれていたそうです。

 

「病む気が減る」という意味。

 

(病む「気」、悪い気=「病気」)

 

つまり、

 

「病気の勢いが衰え、快方に向かう」

 

「病気が治り、健康に向かう」

 

ということ。

 

現代に近づくにつれ、元気の意味や使い方が

変わっていったそうです。

(今は身体の調子が良い、活力が盛んなどの意味)

 

 

 

このブログの場では、こちらにて。

 

みなさまへ。

 

今日も、明日も。

 

一日も早く。

 

カラダもココロも。

 

 

 

新しい年、

 

お減気で、ありますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

コメント(2)