ガテン系猛禽類の咆哮

元商社マン、その後ガテン業界に身体ひとつで飛び込み自らの腕だけを頼りに現場を渡り歩いたあげく満身創痍で転身したホワイトカラー復帰。そこで巻き起こる人間模様七転八倒を余すことなく綴るスペクタクル巨編とは言い難い日々の戯れ言。


テーマ:
幕が開き、5人の若い男女が静寂のもとに佇んでいた。


センターに構える儚げな女の子と目が合った。


その瞬間、私は間抜けにもジョッキをぐいぐい傾けていてなんとも気まずい空気を感じたものの、金縛りに遭ったかのように微動だにせず。


彼女は静かに目を瞑り、己の心情を吐露するような台詞から演奏は始まる。


彼女の名は「曜(ひかる)」。


薄地のワンピースに裸足というスタイルが視界に入った。


私はライヴ終了後にメンバー各人とお話させていただいたのだが、彼女に訊いてみたいことがあった(順番的には最後のメンバーだったが)。


それは「好きなアーティストは誰か?」ということ。


真っ先に口をついて出た名前はYUKI。


ひかる嬢の歌声を聴くと明らかに元JUDY AND MARYのヴォーカリストの影響を受けているのがわかった。


野暮な質問だったが、私はつい確信を深めたくなったのだ。


ジュディマリは、あんまり日本人アーティストには興味がなかった私が、和製ロックの凄さを認識させてくれた数少ないバンドである。


それまでは明るいポップなイメージしかなかったのだが、たまたま地上波で観たライヴで私はいっぺんに引き込まれた。


ジュディマリの本質はハードロック・バンドであり、紛うことなきライブバンドだったのだ。


こんなカッコいいバンドが日本にいるなんて。


目からウロコどころか鼻から脳ミソが出てきた。


そんなアーティストを彷彿させる雰囲気が、私を軽く興奮状態に誘ったのか。


左端に陣取り、キーボードを担当するは「保具」くん(やっさん)。


野武士のような精悍な表情を湛える彼は、その面持ちとは裏腹に極めて繊細なタッチで鍵盤を操る。


いや、操るというのは適宣な言葉ではないかも知れない。


彼から放たれる指弾は曲に息吹きを与える役割を果たすのだ。


聞けば3歳からピアノをやっていたとか。


その隣、やや後方に佇ずみ可憐な少女のようなオーラを纏い、アップライトベースを担当するのは「絵未」嬢。


メンバー中、もっともファッショナブルで独特のアイデンティティーを確立させてる印象。


今回のライヴで、私は初めて生のアップライト・ベース演奏を観た。


ずっと前にSTINGが、ダイアナ元妃の追悼コンサートかなんかで(ちょっと定かでない)使っているのを見かけた記憶があるだけだった。


心地よく響く低音を弾き出す彼女の愛器、お値段を聞いてビックリ。


いや、正確には私の勉強不足ゆえ。


ちゃんと保険かけといた方がよろしい。


最後方に陣取り、リズムの要を司る偉丈夫の「ユウキ」くんはドラムス。


強弱のアクセントが絶妙で、ベースとのコンビネーションもかなり練られているような印象、独特のグルーヴを醸し出していた。


バンドの中ではもっとも新参メンバーとのことだが、私からは一番ライヴハウスに慣れているように見えたのだが。


ステージ右端に構える痩身のギタリスト「手繋(テツ)」くん。


ヴィンテージ物のFender coronado �を携え、縦横無尽にプレイする姿はミュージシャン然としており、バンドの曲のメロディーメーカー、ソングライティングを一手に担う。


関西出身ばかりのメンバーの中で唯一の関東人ということだが(実は私と同じ地元だった)、彼の紡ぎ出すメロディーがバンド全体のパワーを増大させる生命線であることに異論はないだろう。


ひかる嬢との対話に戻ると、彼女の世界観が垣間見えることが分かる。


彼女は自らをおとぎ話のヒロインに同化させることで楽曲にドラマ性を持たせ、内省的ともいえる詩の内容を観客に向かって「放熱」を試みているのだ。


見方によってはミュージカルのようにも見えるステージング。


私はさらに、彼らのライヴ自体が一冊の絵本にすら感じられる。


彼らの意図として、選曲をストーリー性を鑑みているかどうかは解らないが、ひとつひとつの曲が私には物語の1章と捉えられる。


ひとつの曲が絵本の1ページのような。


立体パノラマ式の絵本の1ページのような。


だから、私の脳裏に浮かんだのは「不思議の国のアリス」。


そしてメンバー達は、アリスの物語を彩る存在の登場人物に他ならない。


楽器という強烈なキャラクターを携えた。


登場人物や物語が「不思議」なのではない。


あくまで、自分の内省世界に迷い込んだアリスの心の葛藤が「不思議」の世界なのだ。


そして、彼らが創出しているこの独特なる世界観こそがS氏が言うところの「ヘンテコ」の正体ではないかと邪推する次第である。


「GIZMO」か。


CD買って聴いちゃった。


んなはははは( ̄▽ ̄)♪



AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

おろちさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「ブログ」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。