ガテン系猛禽類の咆哮

元商社マン、その後ガテン業界に身体ひとつで飛び込み自らの腕だけを頼りに現場を渡り歩いたあげく満身創痍で転身したホワイトカラー復帰。そこで巻き起こる人間模様七転八倒を余すことなく綴るスペクタクル巨編とは言い難い日々の戯れ言。


テーマ:
今回は予定を変更して、ちょっとシリアスな記事を書きます。



昨晩、テレビでも放映されていましたが、派遣業界最大手のグッドウィルグループの総帥・折口会長が今回の系列傘下の「コムスン」事業譲渡を同一組織で画策したとされる“脱法行為”および昨年末発覚した、介護報酬の不正請求についての弁明・謝罪をしていました。



介護保険法の詳しい規定については、門外漢のおろちには預かり知らぬ分野ですが、明らかに言えることは法の未整備の間隙を縫っての業績アップを狙ったであろう、と言うことです。



そもそも介護の「コムスン」に資本参入・子会社化した段階でも問題点が取り沙汰されていました。



広告に尋常でない宣伝費を投じる一方で、然るべき資格を所持していないスタッフを大量採用。



周知の通り、折口会長はバブル期に都内の一等地にあるディスコ(今風に言うとクラブか)の経営を軌道に乗せ、社会現象になるまでのステータスを獲得したわけです。



その後、来るべき「老人大国」を見据えて、莫大な資本金を元手に介護業界に狙いを定めたのはある種、経営者としては慧眼の持ち主だと言えるでしょう。



グッドウィルグループはゴールデンタイムのCMにも積極的に打って出ました。



プロ野球の西武ライオンズの本拠地球場のネーミングライツ権を買いとり「グッドウィルドーム」と改名したり、二軍の組織まで自社の社名を名乗らせる熱の入れようでした。



勿論、グッドウィルとて一介の民間企業なわけですから、利益追求といった資本主義社会の基本理念を遵守したまでで、それ自体は責められる問題ではありません。



しかし、お客さまは社会をとうにリタイアしたお年寄りばかりです。



黙ってても増殖する→金は持っている→騙しやすい→ボロ儲け…と考えたのでしょう。



業績の上がらない地域の責任者を、会議で叱責していたという逸話は、やはり「介護」の性質上、おかしいと言わざるを得ません。



車やマンションを売りつけるのとはワケが違います。



同じく、身体の弱ったお年寄りを多数預かる病院にしたって、院長が職員に向かって「おい!今月は入院患者が少ないぞ! 手術なんて全然やってないじゃないか! ノルマ達成のためだ、なんでもいいから患者を入院させろ、ただの風邪でもつき指でもいいから!」とは言わないわけで…。



まあ、医療法人がそんなだったら恐いですが。



翻って私が日頃、足を踏み入れてる建築現場。



現場に携わる者にはつい最近まで、ブルーカラー系派遣に関しては共通認識がありました。



「1にグッドウィル、2にフルキャスト」というものです。



フルキャストも首都圏を中心に活発に展開し、グッドウィルに先んじて楽天イーグルスの宮城スタジアムの命名権を得ました。



最もこれは、両社のトップが仲良くヒルズ族だったので、その縁かもしれませんが。



しかしここ数年でグッドウィル、フルキャスト共に建築業界から撤退しました。



これには理由があります。



実は、建築現場には「人材派遣業種」は認められていないのです。



これにはいろいろ理由があるのですが、一言で言うと労働基準監督署からの通達があるのです。



それでも私達は日々、現場に入ることが可能です(現時点では)。



子ども騙しみたいな解釈ですが、うちの会社は「業務請負業」として入っています。



そして前述のグッドウィルグループは、一旦撤退してから自分達で「グッドウィル建設」という新たな業務請負業者として参入してきています。



派遣業界も再編の嵐が吹いてきています。
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

おろちさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「ブログ」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。