自由時間 面白く、愉快なシニアライフ  Jiro@energyのブログ

60歳定年後の生き方の愉しみ
サラリーマン生活を卒業して自由な時間が得られた。
夢は、今まで無理してきた身体を癒し、
他の人も整体やエネルギー療法で健康になってもらうこと。
稼ぐ力もあらゆる面から追求し、貧乏旅行で自然や歴史、人との触れあいを愉しみたい。


テーマ:

   書名  そして偽装経済の崩壊が仕組まれる
     必ずやって来る 
     第二のリーマン・ショックに備えよ

 著者  塚澤健二

 発行  ビジネス社 
     2015年12月1日 第1刷発行

  船井グループのメルマガで紹介していたので
  手に取りました。
  アナリストとしての経験をもとに、
  独自の指標をもとに経済動向を分析しています。
  一般的な分析手法でないので、
  今後の予想があたるかの楽しみがあります。
  サイクル理論も今までのベースを継承しながら
  独自の分析になっています。
  十干十二支の伝統的な手法でも予想しています。
  今までの経済予想で物足りない人にお勧めの本です。


  著者紹介 巻末より
  1960年生まれ。
  理系出身経済アナリスト。
  (社)日本証券アナリスト協会検定会員。
  北海道大学工学部卒業後、
  理系出身アナリスト第1号として、
  日興リサーチセンター、ジャーデンフレミング証券、
  JPモルガン証券で
23年間にわたりトップクラスの
  アナリストとして活躍、2007年10月に独立。
  世の中にない独自の予測モデル[T2]による的確な予測を
  提供して人気を集めている。
  2000年からの専門店・ITバブルの崩壊、
  01年からの金の暴騰、
  08年のリーマンショックは07年2月に予告した他、
  12年11月からのアベノミクス上昇相場と
  13年5月に起きた「世紀の大暴落」、
  さらに今回の原油大暴落も14年10月の
  セミナーで予告した。
  現在、真実を伝える経済・投資をテーマにした
  公式ホームページ塩澤.comを主宰。
  また個人会員向けに情報提供する他、
  故船井幸雄氏のグループ会社で
  インターネットラーニング「生活防衛教室」を丸4年、
  200回のロングセラー番組を毎週続ける。
  著書は、
そして大恐慌が仕組まれる/ビジネス社
¥1,728
Amazon.co.jp
  など。



   目次
  
  序章 本物の危機がやって来る前に

    8月の世界同時株安は
       第二のリーマンショックの呼び水となるのか
    FRBの利下げと同時に行われる黒田バズーカ3
    目玉となるゆうちょ銀行を使った国内株の買い上げ
    米国のためのマネーを回している政府・日銀
    本物の危機かそうでないかを見分ける方法がある

  第1章 政府が仕掛けた上げ相場

    選挙目当ての株式誘導を繰り返してきた政府・日銀
    日本株を爆買いしたGPIF
    黒田ハロウイン追加緩和の実相
    目的が叶った時点で株価浮揚政策を終える現政権
    実際の日銀の自己資本比率は1%割れ
    バブル期を超えた東証一部の時価総額
    日経平均とNYダウの違い
    「日経平均」という指数による洗脳
    安倍相場と小泉相場の共通項
    バフェット指数が教える日本の株バブル状況
    株式市場全体の実態を表していない日経平均株価
    金融緩和イコール物価上昇と信じている市場の愚かさ
    大台越えの法則と時間切れ
    信じるべきはY-Model

  第2章 指数の真実を読み解く

    過去最低となった日本の報道自由度ランキング
    政府の株価操作を糊塗した外国人の先物「爆買い」報道
    「国の借金過去最悪」に隠されている真実
    国全体のバランスシートと
         政府部門のバランスシートは違う
    割り算の中に真実がある(指数のワナ』
    銅価格は経済予測の達人
    トヨタ自動車とユニクロの株価の意味合い
    ナスダックと日経平均の不思議な関係
    黒田日銀の追加緩和は実施しても無駄になるだけ
    上海株バブル崩壊を予告していたドクター・カッパー
    原油価格はゴールドマン・サックスに聞け
    ゴールドマンの予測どおりに推移する
               1ドル140円への道
    金相場1000ドル割れはいつ来るのか?
    ID(important date)の重要性
    ボストン・レッドソックス成功の二つの指標

  第3章 サイクルがすえてを決める

    規則的に循環する経済現象
    これから40年はドル高円安時代が続く
    15年サイクルと連動する電気株サイクル
    商品から株へのグレート・ローテーション
    ドル・インデックス・サイクルが予告するもの
    五輪開催国を待ち受ける10年後の危機
    第2のリーマン・ショック再来の
         シグナルとなる”恐怖”の三点セット
    トリプル・デイトとミニトリプル・デイト

  第4章 勝つのは「値上げ力」のある企業

    政府統計のなかでもっとも頼れる景気指数
    シニアが牽引する日本の消費
    窮地に立たされているデフレの勝ち組
    「値上げ力」を持つ企業と持たない企業の差が
              浮き彫りになる脱デフレ時代
    客離れの「マクドナルド」と
           行列ができる「シェイク・シャック」
    大塚家具のお家騒動は
       コーポレートガバナンスのあり方を巡る争い
    大塚久美子社長勝利を陰で
        ニヤリと微笑んでいる者がいる
    ユニクロと良品計画の現状
    マーケットシェアの時代から
            カスタマーシェアの時代へ
    これだけ違う「20世紀」と「21世紀」の価値観
    2020年から始まる世帯数減の危機

  第5章 日本劣化の正体

    サラリーマン比率の高まり過ぎが日本を駄目にした
    ギリシャのことを笑えない日本人
    営業利益でドイツ勢に大きく差を
          つけられている日本の自動車メーカー
    アベノミクスに警鐘を鳴らしたジム・ロジャーズ氏
    マイナス続きの実質賃金
    日本人の賃金はそもそも低いのか?
    NHKの「預金封鎖」報道の怪
    いつかは必ず終了する金融緩和に備えよ
    現代社会に増えすぎている
          「恥ずべきことを恥じず」の日本人

  第6章 必ずやって来る第二のリーマン・ショック

    いきなり中銀ショックに襲われた2015年
    ボラティリティの震源地と
           なり始めている各国中央銀行
    上海株暴落は何の前触れなのか?
    米国中央銀行でありながら民間銀行FRBの不思議
    ビットコインに理解を示したバーナキン前FRB議長
    七京円に膨張した世界のディバリティブ残高
    不吉さを孕む2017年は要警戒
    2017年は静かに防空壕に入ろう
    

  終章 T2モデルによる市場・株価・商品分析

    日経平均
    円ドル 
    ユーロドル
    ユーロ円
    NYダウ
    NY金
    CRB指数
    WTI
    長期債利回り
    ファーストリテイリング
    トヨタ
    日本電産
    良品計画
    ツルハ
    コマツ
    ソフトバンク
    ドンキホーテ
    ポーラ・オルビス
    日立
    東芝
    三菱UFJFG
    三井住友
    みずほHD
    T&D
    パナソニック
    米アップル


   おわりに

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Jiro@energyさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります