2017年04月11日

アレルギー性皮膚炎が良くなりつつあります。

テーマ:お客様の声

フレンチブルドッグ ミモザちゃん

 

 

ミモザは、生後半年で誤飲のために開腹手術をし、

免疫力が低下したのか、アトピー性皮膚炎を発症しました。

それから、ステロイドとの付き合いが始まりました。

 

 

いろんな病院に行き、血液検査やアレルギー検査、薬浴、食事療法をし

毎日肌に良いTシャツを着替えさせていました

ミモザの身体への負担が増えるだけでした。

 

 

その後ネットで色々調べて、アマナグレイスさんとのお付き合いが始まりました。
昨年9月に、お電話でご相談し、ステロイド断ちしてから、半年以上経ちました。

ステロイドに代わる新薬アポキルの服用は続いていますが、量を調整したり、

検査をしたりしながら、月に1度は、動物病院に通っています。

 

 

   背中がブツブツし、脱毛し色素沈着しているように見えます。

 


先日の血液検査の結果で、

ようやくステロイドによる副作用から回復したので、ご報告します。
肝臓の数値が正常に近くなり、ホッとしています。

 

 

ミモザのアレルギー性皮膚炎は一生続くそうで、そう簡単には良くならず、

今も一進一退ですが、それでもプロバイオを飲ませ続けて

腸内環境を良くしてあげたおかげだと思います。

 

 

   体毛も生え揃ってきており、ずいぶんと良くなってきています。

 

 

 

思えば、昨年9月頃に急に肌の具合が悪くなり、

ブツブツだらけの体に、ステロイドを飲ませ続け、全く良くならず、

食欲旺盛だったミモザが、ごはんを食べなくなり、

本当に危ない状態の一歩手前だったと思うと、ゾッとします。

 

 

 

 

減薬しないで、いきなり薬断ちをしたので、とても心配な日々でしたが、

先生と菅原さんとプロバイオを信じて良かったです。ありがとうございました。

これ以上は、悪くならないように、痒みで眠れないことのないように、祈るばかりです。

 

 

 

       



 ※個人の感想です。

 



愛犬のアトピー性皮膚炎にプロバイオCaプラス

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

犬の病気・健康をプロバイオティクスで守る菅原奈美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿