こんにちは晴れ

 

松本市は朝の気温がマイナスになり、霜や雪の朝が続いています雪

 

 

{EAEFC1C5-564A-4A04-9AF4-D43447720C12}

 

 

 

 

 

 

 

若い女性でダイエットを頑張っている方からご相談をいただくことがあります。

 

カロリー制限だけでなく驚くほど栄養価の低い食べ物しか食べていないので、将来不妊になってしまうのではないかと懸念してしまいます・・・。

 

 

なぜなら、栄養は妊娠できる体作りになくてはならないからです。

 

 

 

栄養不足の体は子どもを産み育てるための体力がないため、体自身が妊娠を避ける傾向にあります

 

 

栄養不足が進行すると生理が止まるのはそのためです。

 

 

 

赤ちゃんの成長には骨格の原料となる鉄が大量に必要なため、妊娠前にしっかり鉄がないと妊娠が成立しないのです。

 

 

体内の鉄がどれだけあるかを判断するのに有効な指標であるフェリチン(貯蔵鉄)は20を切ると妊娠しなかったり、流産しやすくなります。

 

アメリカではフェリチン(貯蔵鉄)が30台だと医師から妊娠を推奨されないそうです。

 

 

 

 

 

 

また、脳神経の発達、細胞分裂の促進、骨格形成などなど、赤ちゃんが大きくなるためにはタンパク質、ビタミン、ミネラルなど様々な必須栄養素が十分に用意されている必要があります。

 

 

なかなか妊娠できないと悩んでいるなら、まずは栄養を見直すべき

 

 

 

 

ただ、妊娠したい!と思ってから栄養を改善しても、かなり時間がかかる場合もあります。

 

できれば「いつか子どもが欲しい」と思っている段階から栄養改善に着手して欲しいと思います。

 

 

とはいえ、妊娠前の女性はダイエットに勤しんでいるので、なかなか「食べて栄養をとる」ことに抵抗がありますよね。

 

本当は、栄養が満たされていないと綺麗に痩せないのですが、「食べなければ痩せる」というイメージや情報、固定観念が根強いために、なかなか栄養で痩せようなんて人はいないのでしょうねショボーン

 

 

 

 

私自身、20代前半の頃にダイエットをしていて、栄養不足で不眠やストレス、ニキビ、などなど不調のオンパレードになった経験があります。

 

それでも、なんとか子どもを産めたのは、もともと大の焼肉好き、レバ刺し好き(この頃はレバ刺しは禁止されていませんでした)だったからだと思います。

 

 

 

 

お肉には妊娠しやすい体質になるために必要な鉄、タンパク、ビタミンB群、亜鉛が豊富です。

 

 

これらの栄養素をきちんと摂っていないと、たとえ妊娠できても将来子どもに様々な体のトラブルが起きる場合もあります。

 

 

 

また、マクロビをしている女性が妊娠すると亜鉛が不足しているため、赤ちゃんが重症のアトピーになる場合が確認されています。

 

 

 

こちらの本では、マクロビを強化した結果、赤ちゃんが重症アトピーと栄養失調で飢餓になり点滴治療を受けた事例が紹介されています。

 

 

玄米はミネラルの吸収を阻害するフィチン酸が多いため、母体が亜鉛不足になることが原因です。

 

 

妊活=マクロビ、みたいな情報もあるようです。

腸内環境改善には効果的なマクロビですが、やりすぎると今度は栄養不足で赤ちゃんを危険にさらすことにもなってしまうので十分に気をつけてくださいね。

 

 

 

未来の子ども達の健やかな成長・発達のためにも、今妊活中の方はしっかり栄養を摂ってくださいね!

 

HPで妊活・ベビ待ち期の栄養情報を公開しています。

Felice〜妊活・ベビ待ち期

 

 

来年は妊活栄養セミナーもやっていきたいと思います音譜

 

 

 

 

 

 

寒くなってきたので、しっかり体を温めて免疫力を活性化していきましょうね〜y’s

 

 

 

ダイエット・栄養・子育てに関する相談、お問い合わせはこちらからサゲサゲ↓

子育て・栄養相談

 

 

AD