こんにちは。松下です。

 

先日はアジサイが咲き誇り満開の時期となった大平山と晃石山へ。

 

大平山は栃木県にある標高341mの山ですが、とても歴史のある山です。

 

この時期の大平神社は2500株の紫陽花が鑑賞できるベストシーズンです。

 

 

 

場所は少し遠いですが、アジサイと低山縦走の良い練習になる山です。

 

私はとても好きな山なので、来年度も企画予定です。

 

また、この大平神社には名物が3つあります。

 

この名物をお客様と少しづつシェアして頂きました。

 

 

焼き鳥。

 

 

お団子。

 

 

卵焼き。

 

この3つが名物として有名です。

 

「鶏鳴(けいめい)」の言葉に明け方の意味があるように、鶏は暁を告げて鳴くと云われますが、朝と夜を間違えて夜鳴きする鶏は、「火事や災難など不吉な知らせを招く」と忌み嫌われました。

 

そして、これら夜鳴きする鶏は太平山神社に奉納され、神社にお供えされた御洗米「おさご」を食べて繁殖、その鶏を用いて参拝客をもてなした料理が玉子焼きと焼き鳥なのだそうです。

 

また、だんごは奉納米の一部を使い、同じく参拝客に振舞われたとされ、後に『太平だんご』となりました。

 

美味しいものを食べて、稜線上を歩きます。

途中でヨガのストレッチを行い下山しました。

 

ヨガ登山にご参加いただいて、誠に有難うございました。