【潜在意識から読み解く】魂のパートナーシップ・メソッド

自分の本質・悩みの本質を知り最善を見つけるオリジナルメソッド


テーマ:

旅の間に強く強く感じたのは、家族への感謝。

これは語りつくせないものがある。

本当はあともう一人の家族も一緒なら最高だけど、

上の娘は自立していったし、何より大の海嫌いなので仕方ない。

 

 

家族とたくさん遊んでたくさんの会話をして、同じものを見て触れて感じる。

簡単なことのようだけど、案外できてなかったり、用事や仕事にかまけて、つい後回しにしがちだった。

それを当たり前のことのように、この島の人たちはそうやって暮らしている。

大人も子供も一緒になって大笑いしながら海で遊ぶローカル(平日ですw)

 

 

 

子供も混じって、タヒチアンソングと踊りを練習するローカル(これも平日です)

ダンスショーで有名なタヒチアンダンス&ソングとは一味違う。

マルケサス諸島*の要素とタヒチの要素がまじりあったような感じ。

 

*マルケサス諸島:フレンチポリネシア(タヒチ)の地域の一部。

ゴーギャンの最期の地でも有名。

 

 

魚を素潜りで捕っている人も。

しかも結構大漁だ。

 

 

 

こちら↓は、漁ではなく(笑)

ホテルのビーチ



 

 

このホテルでは、3つのお部屋を体験しました。

 

濃い蒼の海に近い水上コテージ

 

ビーチバンガロー

 

一番端っこの水上コテージ

ここを定宿にしている二つの理由のうち一つ目は、この景色。

もう少し近寄ってみます。

まだわかりづらいですあせる

 

 

この海のグラデーション。

刻々と雰囲気が変わるのをずーっと見て飽きない。

この海のグラデーションと、神の山オテマヌが両方見られるからです。

 

このホテルが好きな二つ目の理由は、ローカルの生活の場に近いこと。

地元の人が通うレストランや雑貨屋もあり、現地の生活を垣間見れます。

現地の人とも話せるし、挨拶も知り合いのようにかわす。

このひとときがたまらなく好きです。

 

~*~*~*~*~*~

朝は瞑想。

昼間は海に入ったり、この景色を眺めたり

夜は降るような星空を見て、テラスで風に吹かれながら家族で会話。

 

 

長期滞在でしたので、天候が良くない日もありました。

「嵐ですかっ?((((;゚Д゚)))) 」という日もあり。

絶望的な雲だというのに、この海の色。笑えます。

 

そういう時は、水上バンガローの中で読書したり

 

 

タロット・パスワークしていました。

これを選ぶのは、太陽を望んでいる欲望の表れか。

一回目のパスワーク

太陽の精霊から厳しい~一言が。
「天気が良いとか悪いとかに振り回されず、今この時にこの地にいる幸せを感じ切りましょう」

 

はい。。。その日の朝に 同じことを夫に言われたばかりでした。あせる

 

 

二回目のパスワーク

人を否定したり、批判したくなった時

それはあなたの心の何と呼応していますか?
あなたの心の傷が反応しているのかもしれません。

遠ざけることは簡単ですし、自由です。

ただ、自分の心を見つめる機会がきていることも忘れないで。

 

3回目のパスワーク
孤独を受け入れると、静かな心で物事が見えるようになる。

最初、へ?という感じでした。うーん、難解です。

孤独。一人でいること。

これまでどこか見捨てられ不安があったせいか、

孤独という言葉に対してなかなか心静かではいられませんでした。

 

 

たくさんタロットと対話しました。

痛いトコ突かれる回もあり、

優しい言葉の時もあり、

タロットの精霊からの言葉はたぶん自分の潜在意識からの言葉なのですね。

自分が普段どれほど顕在意識であーだこーだ考えていたかを思い知ります。

 

 

~*~*~*~*~*~

美しい自然に抱かれていると、

意識せずとも、テレビやスマホから遠ざかります。

特に、スマホを殆ど触らなかったせいか、驚くほど心が自由で軽やかでした。

 

スマホを見ない習慣が帰国後もなかなか治らず、ちょっと大変です。

 

 

こちらでは地元の人は携帯やスマホを触っていません。

天気予報ですら、勘と経験です。大抵当たるそうです。

 

~*~*~*~*~*~

こちらの人たちとは、感覚が圧倒的に違います。

スコールが降ってきたなぁと思ったら・・・

*゚Д゚)*゚д゚)*゚Д゚)エエェェ

目の部分、しっかり開けてあるしー!!

 

特に、おおらかに生きることに関して圧倒的にかなわないなと感じた瞬間でした。

~*~*~*~*~*~

 

地球には美しい場所、絶景の場所が数えきれないほど存在しています。

それらの美しい場所を美しいままで後世に伝えていくのが、私たちの役目の一つでもあると感じます。

これほど美しいタヒチにも光と影があり、

そのどちらの面もタヒチなのだということ。

 

これは何もタヒチに限ったことではなく、どんなことにも光と影がある。

良いとこ取りなんてないんだなぁ。

(観光旅行はある意味良いとこ取りではあるけれど)

 

 

~*~*~*~*~*~

 

時差ボケも大いにあるのでしょうけれど、日本に帰ってからこちらのスピードについていけませんでした。

不思議と焦ることもなく、ゆらゆらと日々を過ごしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>