Clip to Evernote


Tue, February 01, 2011

頭痛と酸素

テーマ:頭痛に勝つ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●頭痛と酸素

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。頭痛コンサルタントの山崎です。

最近、寝苦しい夜が続きますね。

皆さんいかがお過ごしでしょうか。


頭痛持ちにとっては、日頃の“体調管理”は人の何倍も気を遣いますよね。

あなたの苦労、私にはわかります。


私自信、寝るときの“エアコン”は体調を崩す原因になりますので、
どんなに熱帯夜でもクーラーは点けません。

自然との闘いです(笑)。

今までは、アイス○ン的な冷却マクラのみで反撃していましたが、
先日、冷却シートなるものを購入しました。

冷凍庫や冷蔵庫に入れて冷やしておくような物ではなく、
体の下に敷いて寝ると、気持~ちひんやりして心地良いという優れものです。

今年の夏は、この“ふたつの武器”で戦っていこうと思います。。。



これを読んでいる頭痛持ちのあなたは、
この夏、いったいどんな武器で戦うのでしょうか。

もし、「これは優れものよ!」というものがあれば、ぜひ教えて下さい。

このブログで皆さんに紹介して、みんなで共有出来たら素晴らしいなって
思います。

一緒にがんばっていきましょう。



・~・~・~・



さて、今回のテーマは「頭痛と酸素」です。

酸素の重要性は、もちろん、皆さんご存知だと思いますが、
ここで簡単に“酸素と頭痛の関係”についてお話しておきます。


体内への酸素摂取量が低下すると、より多くの酸素を巡らせようとするために
血管に「拡張しなさい」と命令がくだります。

「血管の拡張 = 片頭痛の痛みの原因」

ですから、片頭痛持ちの場合はこれが引き金になることがあります。

人ごみや空気が悪い場所で頭痛になる方は、まさにコレです。


また、酸素不足は血流が悪くなることに伴って、筋肉の緊張や肩コリの原因にも
なりますから、緊張型頭痛持ちには、これまた頭痛の引き金になることがあります。


いずれにせよ、
頭痛だけでなく、私たちが生きていく上で酸素は必要不可欠です。

どうせなら効率良く体内に取り入れましょう。

今回は、その方法をお話します。



その方法とは・・・



ズバリ“深呼吸”です。

「な~んだ」って思った方、深呼吸をバカにしてはいけません。

酸素がないと生きていけないんですよ、人間って(笑)。

せっかく“ただ”で、そこらじゅうにあるんですから、
お金を出して買わなくても、目の前にある酸素を効率良く吸いましょう。



・~・~・~・



1. まず、足を肩幅に開いて楽な姿勢で立ちます。

2. 普通の深呼吸を3回します。

   1回目と2回目は、鼻から吸って鼻から出します。

   3回目は鼻から吸って口から出します。

   この時、口は「フ~~~」です。

   全部出します。

   肺や胃にある空気を全部出して下さい。

   「もう出ない」ってところまで、全部出します。

   そして、「もう出ない」ってところから、
   さらに 100cc 出して下さい(笑)。

3. 全部出しきったところで、
   今度は“気持ち良く”鼻から一気に吸いこみましょう。

   この時、胸を開いて、軽く腕を広げ、斜め上を向いて、
   体の中にたくさん空気が入るようにして下さい。

4. このセットを3回します。



・~・~・~・



これを朝・昼・夜と、最低でも1日3回してみましょう。

時間にして、1回3セットするのに「1~2分」です。

どんなに忙しい人でも、それくらいの時間はあるでしょう。


この深呼吸は、頭痛予防だけでなく、いろいろなことに効果があります。

頭がスカッとしたり、体が動くようになったり、
ストレスを貯めずにすんだり、リフレッシュしたり。

仕事に行き詰った時なんかは効果絶大です。


次回は、空いた時間に簡単に出来る「頭痛に効くストレッチ」を紹介したいと
思いますので、今回の「深呼吸」と合わせて、ぜひ試してみて下さい。

無料レポート

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

何か具体的に聞きたい質問や不安、困っていること等がございましたら、
右サイドバーよりお気軽にメッセージをお送り下さい。

返信に時間がかかる場合もございますが、できる限り答えさせて頂きます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



AD

コメント

[コメントをする]

1 ■深呼吸

私は、常日頃から息苦しいので、深呼吸をよくしています。
しかし、主人から、ため息をついていると文句のようなものを言われるので、主人の前ではしないように気を付けています。
ただ最近は、深く息を吸うと、背中が凄く痛むので、主人がいないところでも、したくても出来ません

2 ■Re:深呼吸

みぃこ様
コメントありがとうございました。


> 私は、常日頃から息苦しいので
> 最近は、深く息を吸うと、背中が凄く痛むので

心中お察し致します。
お辛いでしょう。
すごく心配です。


私も一時期、同じような症状が出たことがあります。

私の父は若い頃、同じような症状で長年苦しんだと聞きました。

私の場合は、中学・高校とずっと野球をしておりまして、
高校3年で引退してから、急に運動をしなくなったせいだと
お医者さんで言われました。

今まで筋力で支えられていたところを、
筋力が衰えても同じように使った場合、
炎症をおこしたり、筋がつまったり、関節に負担がかかったりと。

そういったことが原因で、私の場合は、
肩や肘が痛くなったり、腰痛に悩まされたり、
息を深く吸っただけで、背中が痛くなったり、肺が痛いような気がしたり・・・

体重増加も原因のひとつだったんですけどね(笑)。


みぃこ様と私の症状が同じとも限りませんが、
いずれにしても、まずは、「深く息を吸えない」という悩みから
解消されてみてはいかがでしょうか。

ご自身の体の心配は、早いうちに解決するにこしたことはありません。

勇気を出して、一度お医者さんにご相談されてみて下さい。



> 主人から、ため息をついていると文句のようなものを言われるので

口から息を吐く時、「フ~~~」と吐きましょう。

「ハ~~~」と吐くと、ため息になってしまうので。。。


3 ■山崎さま

山崎さまの記事と出会って
頭痛と闘うぞ、という勇気がわきまして
いま、日頃からコーヒーを控えたり
甘いものを減らしたり
薬はあまり飲まないようにし、
飲むときは、痛みの傾向から
持っている薬の中で
どの薬が効きそうか考えたり・・

頭痛持ち
治るかも、いや治すのだ
という生活へ変わってきています。

ありがとうございます。

深呼吸ですかー
日頃から気楽に行えますね。
試してみます!



4 ■参考になります

いつもありがとうございます。

人前で長時間の講義をした後、よく頭痛がおきます。
きっと酸素が足りなくなるんですね。
深呼吸療法を実践してみます。

5 ■Re:コメントありがとうございます。

ゆう様
とってもうれしいお言葉、ありがとうございます。

しかし、その「頭痛と闘うぞ、という勇気」は、
決して私の力ではありません。

ゆう様ご自身の力です。

そうでなければ、
「頭痛持ち 治るかも、いや治すのだ」
なんて名言、出てきませんよ。。。

今回のゆう様のコメントが、
きっと皆さんの“勇気”につながります。

このブログを読んでいる頭痛持ちの方に、
きっと届きます。

貴重なご意見、ありがとうございました。

6 ■Re:コメントありがとうございます。

あむ様
コメントありがとうございます。

極度の緊張やプレッシャーなどを伴う
重要な仕事を終えた後に来る“開放感”によって、
頭痛を勃発するという例もあるそうです。

あむ様はきっと、
責任感の強い、仕事熱心な方なのでしょうね。

深呼吸、ぜひ取り入れてみて下さい。

出来れば講義の前にも。

リラックスしながらも良い緊張感を残して、
活き活きしながらお仕事が出来るよう
心より応援させて頂きます。

開放感よりも“達成感”の方が、
絶対的に良いですもんね。。。



7 ■無題

今このブログ発見して感動しました!!
私は中学生の時から片頭痛で、ここ2、3年やっと、起こる頻度が年に1、2回になったんですが、つい先週襲われました。最近は目がチカチカする症状が起きなくなり、頭痛くて目が覚めた時にはもぅアウトです。ゾーミック飲んでも全くだめで、ひたすら嘔吐と痛さに耐えるだけです。
目がチカチカするうちに飲めば効くだけに、前兆おきないのがつらいです。


片頭痛って言葉だとあの激痛が伝わらないせいでさぼりかよ~みたいな雰囲気がほんとに嫌です。
体調管理でどぅにかなるものなんですか?

8 ■Re:コメントありがとうございます。

ぷーちゃ様
コメントありがとうございます。

> 体調管理でどぅにかなるものなんですか?

まずはご自身の頭痛のタイプを知り、
激痛をおさえる術を知り、
頭痛を誘発する行動や状態を知り、
時には治療で改善させ、
生活習慣を見直したり、
体調管理に気を付けたり、
ということが必要かと思います。

原因は人によって様々です。

寝不足だったり、寝過ぎだったり、
目の疲れだったり、肩こりだったり、
ストレスだったり、疲労だったり、
緊張だったり、解放感だったり、
体の歪みであったり、噛み合わせだったり・・・

あげればきりがありません。

しかし、
ご自身の頭痛のタイプを知って、
頭痛を誘発する行動をはっきりさせたりすると、
頭痛の原因が見えてきたりする方も多くいらっしゃいます。

このブログの読者さんと一緒に頑張りましょう。


9 ■つらい頭痛…

今日も薬飲みました(>_<)
完全に依存してます!
体の歪みもありますよ。左肩が下がってて、後ろを歩く同僚に「あれっ?左肩が下がってるよ~」ていわれました。

10 ■こんにちは☆

はじめまして!
ずっと悩んでました。
毎日×⑦頭が痛くて…誰にも相談できなくて…このブログに会えてよかった(v^-゚)
私は…緊張型と片頭痛にあてはまりました。
毎日…毎日…薬を飲んで、痛くなくても予防で飲んでます。
最近は効かなくなってきてます。

深呼吸…してみます。
嫌な事全部忘れるぐらい吐き出しそうかな(≧∇≦)

11 ■コメントありがとうございます。

「毎日×⑦」は辛いですね。
心中お察し致します。

> 毎日…毎日…薬を飲んで

薬物乱用頭痛の可能性が考えられます。

薬物乱用頭痛とは、
薬の飲み過ぎによって頭痛を引き起こしてしまう、という症状ですが、
もし、あひる様がこの薬物乱用頭痛であるならば、
「毎日…毎日…薬を飲んで」は、あまり好ましくありません。

それでも、いきなり「薬を一切飲むな!」は、あまりにも酷ですよね。

もし、ご自身で予防薬が必要と思われるなら、
痛い時に飲む頓服薬ではなく、キチンとした予防薬を処方してもらったら
いかがでしょう。

もちろん“処方”ですからお医者さんに診察してもらう必要があります。

現在の症状を詳しく説明して、
「薬物乱用頭痛」や「混合型頭痛」の可能性があることもキチンと説明して、
その上で“予防薬”のことを相談してみて下さい。

これはお医者さんにもよりますが、
肩コリ等からくる頭痛を予防する場合は、筋肉をほぐす「弛緩薬」、
ストレスからくる頭痛を予防する場合は「抗うつ薬」や「抗不安薬」などを
処方される場合が多いです。

しかし、
もし、この「抗うつ薬」や「抗不安薬」を処方されても
勘違いはしないで下さい。

これは決して、“心の病”だから処方されるわけではございません。

頭痛対策をする上で、必要と判断された時に処方されるものですから。

それと。

お医者さんを選ぶ時は「頭痛専門医」がいるところへ行かれることを
強くお勧めします。

お医者さんにも専門分野があるので仕方がないことなのですが、
脳神経外科や神経内科の看板をかかげていても、
「薬物乱用頭痛」や「混合型頭痛」を知らない場合があるそうです。

お住まいの近くに「頭痛外来」があるのであれば良いのですが。

いずれにしても、
「薬は飲まないにこしたことはない」は事実ですし、
「納得のいかない薬は飲むべきではない」と私は考えます。

信頼出来るお医者さんに処方してもらってから
安心して、頭痛改善へ向けて頑張っていけるように
心がけてみて下さい。

12 ■こんばんは

>あひるさん

お邪魔します。 私も(娘二人も)頭痛もちです!
やっぱり薬に頼りすぎて、最近は効き目が薄れてきました。
お互いにつらい思いしますね。
近くに頭痛外来がないから、内科にしか行った事がないです。処方は三日分しかありませんでした。
市販の薬に頼ってます!
お互いに頑張りましょうね。お邪魔しました!

13 ■ありがとうございます。

>頭痛コンサルタントさん

本当に頭痛の事を相談出来る方がいて救われます。
うちの周りには頭痛専門の病院がなく…。

確かに…薬は飲み過ぎだと自分でも分かっているんです。
効かない時は一応6時間くらいおいてまた飲みます。
いつか体を悪くするんじゃいかと不安もあります。
子供にもあたってしまうことも多々あります。
きちんと診断してもらい処方してもらった方がいいんですよね。

14 ■こんばんは☆

>さえさん

いえいえ頭痛持ちの悩みは持っている人にしか解りませんよね。
お子様も頭痛持ちなんですね。
やっぱり、遺伝ってあるんでしょうか…
お互い頑張りましょうね。

15 ■初めまして

 いつも、読ませていただいています。
 私も、中学から、ずっと30年間頭痛生活でした 。
 ここ数年ヨガを初めてから調子いいです。
 ヨガのポーズも勿論いいですが、
 今日の記事の通り、呼吸がいいんですって。
 (今勉強中なんです)
 普段殆ど意識せずに呼吸していますが、
 意識して呼吸してみると何か変わると思います^^

 最近息子に片頭痛が頻繁に起こるようになって、
 ヨガをさせようとしてるんですが、なかなか、
 してくれません。痛くなってからではなく、普段か  ら、やっていると、起こり難くなるんですけどね。
 
 


  

16 ■Re:コメントありがとうございます。

リング様
コメントありがとうございます。

ヨガ、良いですね。

頭痛に効くオススメのポーズ等ありましたら、
ぜひ、皆さんにご教授お願い致します。

リング様のお力をお借りして、
皆さんが頭痛改善に向けて前向きに生活していけたら
とても素晴らしいことです。

宜しくお願い致します。

17 ■こんにちゎ

先日激痛にあったのですが、呼吸をするのが苦しい…と言うことが初めてありました。
苦しいからしばらく呼吸をしない…少し吸う…の繰り返しでした。
初めての経験だったので自分でもビックリしました。 こう言った事もあるのでしょか?

18 ■Re:こんにちゎ

なぉ様
コメントありがとうございます。

私は医師免許を持ったお医者さんではないので
無責任なことは言えませんが、
その激痛の時、何か頭痛薬は飲まれましたか?

薬の副作用や飲み合わせによっては、
そういう症状に悩まされることもございます。

薬との愛称もありますし。


その他の可能性としては、
激痛のあまり、自律神経の機能が一時的に阻害され、
疲れやストレス等と重なり、呼吸困難として現れたのかも知れません。


いずれにせよ、
また同じ症状で悩まされることが起きたり、
なぉ様ご自身が「不安で心配で・・・」というお気持ちの場合は、
相談するつもりでお医者さんに行かれてみてはいかがでしょう。

もし何か原因があるのであれば、早期発見にこしたことはないですし、
検査などをして「何でもなかった」ということがわかれば、
それはそれで前進です。

なぉ様にとっては、大事なご自身の体です。

勇気を持って、前向きな行動がとれるよう
心より応援させて頂きます。

19 ■無題

頭痛コンサルタントさん

ありがとうございました。
薬はいつもと同じものを服用しました。
あまりの痛さによるストレスからくるモノだったのかな?と思います。
また同じ事が在るようだったら、病院へ行こうとおもいます。
本当にありがとうございました。

20 ■呼吸

深呼吸とは・・・
この夏思いつめる事が多くて
凄い頻度でレルパックスを飲んでしまいました。
呼吸に気をつけてみます。

21 ■無題

深呼吸してみます!!

先日の新聞に片頭痛の原因遺伝子が判明したって書いてありました。これのせいで遺伝するらしいです。解明が待ち遠しいですね☆

22 ■Re:無題

ぷーちゃ様
コメントありがとうございます。

ぷーちゃ様のご覧になった新聞の記事と
同じものかどうかわかりませんが、
私も先日、片頭痛の遺伝に関するニュースを
発見しましたので、その記事に関する
私の見解を記させて頂きます。


ある腎臓病の原因と医学的にわかっている
「NBCe1」と呼ばれる遺伝子は、
「神経細胞の興奮を抑える働きがある」と
されている遺伝子で、
遺伝性の片頭痛を持っている可能性のある方は、
この「NBCe1」と呼ばれる遺伝子が変異して、
まったく働いてない場合があるそうです。

結果、「NBCe1」という遺伝子が働かないのですから
脳内神経の興奮を抑えることが困難になり、
片頭痛の原因となる“脳血管の拡張”へと
繋がるのではないかと思われます。


ニュースで紹介されている研究グループは
「結論づけた」と言っているようですが、
上記は、それをふまえた私の推測に
過ぎません。

もちろん、絶対ではないので予めご了承下さい。


23 ■はじめまして、ベタありがとう、頭痛は

血行ですよね、私は生理の前後などが頭痛と眼精疲労、目の奥が痛い感じ
かえって軽い運動や特に肩や首筋のツボ押しや、リンパの流れを促すマッサージが効果的デス
足の冷えも重なると頭痛につながるようです。冷え性改善には、食べ物も、生姜なと良いです。

コメント投稿

[PR]気になるキーワード