総務省は20日、2010年の政党交付金(約319億円)の第1回分として、79億8500万円を8党に支給した。各党への配分は1月1日を基準に算定され、年4回(4月、7月、10月、12月)に分けて支給。今月結成された新党「たちあがれ日本」は含まれていない。配分は、夏の参院選結果を踏まえて改めて算定される。第1回の支給額は次の通り(100万円未満は切り捨て)。
 民主43億2400万円▽自民25億9300万円▽公明5億9700万円▽社民2億1600万円▽国民新9900万円▽みんなの党9000万円▽新党日本3300万円▽改革クラブ3000万円。 

【関連ニュース】
HPで参院選候補公募=たちあがれ
鳩山政権打倒を確認=麻生、平沼氏ら
与野党、「首長新党」の動向注視=民主内からは秋波も
外国人参政権「日本滅ぼす」=都内で反対集会
反民主で新党連帯を=略称「日本」使用では反論

「メディカル・ハイネット」に破産手続き開始決定(医療介護CBニュース)
改正道交法 70歳以上の死亡事故割合、10年で倍増(毎日新聞)
【from Editor】「フラ」のもう一つの顔(産経新聞)
首相動静(4月18日)(時事通信)
<神埼市長選>松本氏が再選 佐賀(毎日新聞)
AD