大阪府立高校教頭の大麻所持事件で、奈良県警生駒署などは7日、府立福井高校の元教頭、小島靖司被告(49)=大麻取締法違反(所持)罪で起訴、懲戒免職=に大麻を渡したとして、同法違反(譲り渡し)の疑いで、大阪市阿倍野区阪南町の無職、藤兼由可子容疑者(45)を逮捕した。

 逮捕容疑は平成20年10月ごろ、大阪市内で、小島被告に乾燥大麻約1グラムを3万円で譲り渡したとしている。

 県警によると、小島被告が「風俗を利用したときに藤兼容疑者から譲り受けた」と供述し、藤兼容疑者が浮上したという。藤兼容疑者は「譲り渡したが、量や金額は思いだせない」と供述しているという。

【関連記事】
46歳で昇進…エリート教頭まで大麻汚染 上昇志向、几帳面さも
大麻所持容疑の大阪府立高校教頭「仕事のストレスもあった」
大麻容疑で逮捕の教頭を懲戒免職 大阪府教委
大麻所持で教頭逮捕 大阪府教育長「教員も指導必要」
橋下知事「申し訳ない」 府立高教頭の大麻所持

途上国支援大会 タイで死亡の村本さんの同僚も参加(毎日新聞)
「首相の無知のツケ」=自民・石破氏(時事通信)
介護保険 ドラマで解説 豊島区がDVDを制作(産経新聞)
走行音装置付けたEV体験=視覚障害者「車いるの分かった」-国交省(時事通信)
家賃減免詐欺で組長逮捕=市営住宅で虚偽申請-兵庫県警(時事通信)
AD